メインメニューを開く

アンチ巨人

アンチ巨人(アンチきょじん)、アンチ巨人ファン(アンチきょじんファン)とは、日本のプロ野球球団・読売ジャイアンツを嫌う人たちの総称である。

目次

概要編集

1960年代から2000年代編集

「アンチ巨人」という表現は、既に1960年代中頃には新聞や雑誌で使われていた。例えば大洋ファンだった評論家の山田宗睦は、1964年の朝日新聞のコラムで、反権威・反権力を自負する者の多い知識人層にはアンチ巨人が多いが、中にはもう一ひねりして「アンチ・アンチ巨人」になる者も出てきたようだと述べている[1]。また作家の北杜夫は、1965年の週刊読売の野球観戦記の中で、自身が阪神ファンであり、かつアンチ巨人でもあることを表明している[2]戦前からの巨人ファンだった文芸評論家の巌谷大四は、1965年の中央公論に掲載されたエッセイで、「巨人、大鵬、卵焼」という言葉には巨人ファンを幼稚だと侮蔑する含みが感じられると不快感を示し、アンチ巨人の大部分はごく最近プロ野球を見るようになった層であろうとの私見を述べている[3]

江川事件(空白の一日)など選手の入団に関するトラブルが度々発生したことも、アンチ巨人を増加させる要因となった。渡邉恒雄オーナー(当時)が球団経営に関わるようになった1990年代以降、希望入団枠制度フリーエージェント制度が導入され、以前よりも希望球団入りが容易になった。これらの制度を活用し、巨人以外にドラフト指名された選手が「巨人以外は拒否」という姿勢を取ったり、フリーエージェントで巨人への移籍を希望する選手が増えた。このためアンチ巨人の間では、この制度改革は経済力や人気を利用した巨人のためのものであると批判されている。これについては「移籍した選手自身や交渉に失敗した元所属の球団に怒りをぶつけるべきところを巨人に責任転嫁している」という意見もある。また、他のプロスポーツでは見られる、サラリーキャップ制や収益の分配など、戦力の均衡化を目的とした制度を十分に整備しないままに、他チームの4番打者やエースクラスの投手を獲得し、他球団の戦力と注目度を大きく損ねていることなどへの批判もある。

2000年代以降編集

2000年からサッカー人気に代表されるスポーツ嗜好の多様化、国内選手のメジャーリーグ行きなどがあり、プロ野球の人気も次第に低下して行く。2004年に起きた球界再編問題では渡邊オーナーが「無礼なこと言うな。分をわきまえなきゃいかんよ。たかが選手が。」と暴言を吐いたことや一場事件等の不祥事もあり、批判の対象は巨人のみならず、プロ野球(特にセ・リーグ)に対する運営方針の不明瞭さへと変わり、野球人気の低下に拍車をかけることとなった。この騒動以降、巨人戦の中継は視聴率が低下。地上波での中継は大幅に削減されるようになった[4]。また巨人自体も先述した補強をしても成績が伸び悩んだことや、パ・リーグの人気上昇やドラフト会議における逆指名制の廃止、アマチュア選手側の意識の変化等もあり、有力選手が巨人入りしなくなっていった。

週刊ベースボール(2015年12月28日号)で掲載されたコラムでは『アンチ巨人絶滅論』について触れており、「アンチ巨人は巨人は嫌いだといいながら巨人のことに詳しかった。好き”の反対は“嫌い”ではなく“無関心”だという言葉に説得力を持たせてくれたのが、アンチ巨人という存在だった。今、そういう人は激減している。同時に野球に対して、そして巨人に対して無関心な人が増えてしまった。」と評している[5]

アンチ巨人に関する調査研究編集

NHK放送世論調査所(後にNHK放送文化研究所と合併)が1979年に行った調査によれば、巨人以外の球団のファンのうち、アンチ巨人の割合が高いのは男性の13-49歳の年齢層である[6]。また高学歴になるほどアンチ巨人の割合が増える傾向にある[6]

関西国際大学の広沢俊宗らが2004年に行った調査によると、巨人を除く11球団のファンの半分以上が巨人を嫌う傾向がある[7]。この傾向はパ・リーグ6球団のファンよりもセ・リーグ5球団のファンに強く見られ、中でも阪神ファンの約8割は巨人が嫌いだと回答した[7]

アンチ巨人による都市伝説編集

アンチ巨人によってつくられたとされる都市伝説として「ドームラン」・「ジャンパイア」などがある。「ドームラン」とは東京ドームの空調を意図的に操作し、それによって巨人攻撃時に生まれるホームランのこと。あるいは、左中間・右中間が12球団の本拠地の中で最も狭く、外野フライかと思われる打球がスタンドギリギリで入ってしまうホームランのこと。巨人OBの桑田真澄阿部慎之助のホームランを「ドームラン」と評したこともある[8]。「ジャンパイア」とは巨人に有利な判定をする審判のこと。

アンチ巨人・元アンチ巨人の有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山田宗睦、「巨人びいきと知識人 一つのAA(アンチ・アンチ)風潮」、朝日新聞、1964年9月27日(日)、朝刊11面。
  2. ^ a b 北杜夫、「後楽園第一戦 どくとる・まんぼう『観戦記』――アンチ巨人作家の"ブラリ敵情視察"」、『週刊読売』第24巻第19号、1965年4月、12-17ページ。
  3. ^ 巌谷大四、「巨人、大鵬、卵焼」、『中央公論』第80巻12号、1965年12月、371-372ページ。
  4. ^ かつて多かった「アンチ巨人」 減少してしまった数々の理由 NEWSポストセブン 2016年2月5日
  5. ^ 「アンチ巨人」は死語? 「くたばれ讀賣」禁止運動も NEWSポストセブン 2016年2月5日
  6. ^ a b 「プロ野球への熱狂」『NHK世論調査資料集 : 資料と分析 第3集(昭和54年4月-昭和57年3月)』 NHK放送世論調査所(編)、NHKサービスセンター、1983年3月、354-357頁。
  7. ^ a b 広沢俊宗、小城英子「プロ野球ファンに関する研究 (I) : 阪神ファンと巨人ファンの比較」、『関西国際大学地域研究所叢書』2号、関西国際大学2005年3月、 3-18頁、2018年9月2日閲覧。
  8. ^ “当たり損ねフライがなぜかホームラン 巨人元エース桑田が「ドームラン」認めた?”. J-CASTニュース. (2013年3月13日19時44分). http://www.j-cast.com/2013/03/13169502.html 2016年1月19日閲覧。 
  9. ^ 土肥実 「野球と先生と私」『河上丈太郎:十字架委員長の人と生涯』 河上前委員長記念出版委員会(編)、日本社会党機関紙局、1966年、258-259頁。
  10. ^ 桑田佳祐 『素敵な夢を叶えましょう』 1999年、角川書店、P156
  11. ^ 桑田佳祐「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」(1984年、新潮社、p215)
  12. ^ 安倍首相 長嶋氏を前に「アンチ巨人」発言2013年5月5日 東スポWEB
  13. ^ 参議院予算委員会議事録:2015(平成27)年4月8日、国会会議録検索システム、2017年11月18日閲覧。
  14. ^ “「憎たらしくもすごい投手」 アンチ巨人の首相が“初登板”の堀内氏に答弁”. 産経ニュース. (2015年4月8日14時39分). http://www.sankei.com/politics/news/150408/plt1504080018-n1.html 2016年1月19日閲覧。 
  15. ^ 虎党の柏・工藤、阪神とのW優勝誓った - デイリースポーツ 2012年1月31日)
  16. ^ 柏・工藤「アンチ巨人なので楽天に勝ってほしい」/ナビスコ杯 - サンケイスポーツ 2013年11月2日

関連書籍編集

  • 『アンチ巨人読本』(畑田国男と嫌巨会、1982年、大陸書房。のち角川文庫に収録)
  • 『アンチ巨人狂本』(畑田国男と嫌巨会、1983年、角川文庫)
  • 『巨人軍非栄光の歴史』(石川隆太郎、1996年、新評論)スタルヒン入団、別所引抜き、江川問題など、巨人軍がプロ野球の歴史の中に記した負の部分を検証する。