アンティオキア地震 (115年)

115年にアンティオキア付近で発生した大地震

座標: 北緯36度06分 東経36度06分 / 北緯36.1度 東経36.1度 / 36.1; 36.1

115年アンティオキア地震(115 Antioch earthquake)は、ローマ帝国時代の西暦115年12月13日の早朝に、アンティオキア付近で発生したマグニチュード(M)7.5の大地震[1][2]

アンティオキア地震 (115年)の位置(シリア内)
アンティオキア地震 (115年)
アンティオキア地震の震源地

被害編集

この地震による被害は極めて壊滅的であり、死者数は260,000人に達し、世界でも史上稀に見る深刻な地震災害となった。揺れは数日間、昼夜を問わず断続的に続き、建物は次々に倒壊した。地震後に発生した津波の影響でも被害が顕著になった[3]。当時の皇帝であったトラヤヌスも 、地震で負傷。余震が続く中、円形闘技場に留まったという。

アンティオキアは西暦526年にも大地震に襲われて甚大な被害を受けており、古代のうちに、世界的にも稀に見るような大震災に、本地震を含めて2回襲われている。

出典編集

  1. ^ PDF資料 (1)
  2. ^ パリスの審判のモザイク”. 2020年11月19日閲覧。
  3. ^ PDF資料 (2)