メインメニューを開く
Paris Indeperndants.jpg

アンデパンダン展(アンデパンダンてん、仏:salon des artistes indépendants)は、1884年フランスパリで初めて開催され、その後、世界中に広がった無鑑査・無褒賞・自由出品をメインテーマに掲げた美術展の名称。サロン・デ・ザルティスト・ザンデパンダンやサロン・デ・ザンデパンダンとも呼ばれている。各国にも影響を与えており、パリの同展の形態を理想とした、別組織による同じアンデパンダンの名を冠した独自の展覧会が日本など世界各国で開催されるようになった。現在は、それら他国の展覧会と区別するため、パリのアンデパンダン展についてはパリ・アンデパンダン展と表記されている。パリ・アンデパンダン展は、現在世界中で開催されている諸派の垣根を越えたアーティスト達によって行われる無審査大型展としては最も早く誕生した歴史的な美術展覧会。

目次

パリ・アンデパンダン展の歩み編集

1884年ジョルジュ・スーラポール・シニャックらによってパリにパリ・アンデパンダン美術協会(独立芸術家協会、sociétés des artistes indépendants)が設立され、同年、保守的な審査のサロンに対抗して、審査を介さず誰でも無審査で出品し、作品評価を来場者に直接問うことが出来る展覧会(アンデパンダン展)を行った。 パリ・アンデパンダン展で作品を発表した歴代のアーティスト達は現代の美術界にも大きな影響を与えた人物が多く、その一例として、アンリ・ルソーロートレックマティスゴーギャンセザンヌゴッホシニャックピサロルドンマルケマンガンカモワンデュフィフリエスムンクヴァン・ドンゲンドランヴラマンクなどが知られている。 日本人では、藤田嗣治小柳正板東敏雄田中保岡鹿之助高野三三男長谷川潔長谷川路可などが出品している。

各国への波及編集

パリ・アンデパンダン美術協会の活動は各国に大きな影響を及ぼし、各国でパリ・アンデパンダン美術協会を意識した別団体が結成された。例えば、ベルギーではベルギー・アンデパンダン美術協会(1886年)、ドイツ圏のミュンヘンウィーンなどでは分離派が結成された。 日本でもパリのアンデパンダン展から着想を得て、戦後に日本アンデパンダン展(1947年- )、読売アンデパンダン展(1949-1963年)が開催され(いずれも無審査の展覧会)、日本アンデパンダン展は現在も日本美術会の主催で毎年3月前後に東京で開催されている。

現在のパリ・アンデパンダン展編集

2006年以降、パリグラン・パレ内のLe nefホールに於いて、アンデパンダン展、コンパレゾン展、ル・サロン展などの合同サロン展Art en capitalが開催されている。 ※パリグラン・パレ改修工事中など、例外的にパリ市内の他大型会場にて開催の場合あり。

公式サイト編集

参考文献編集

  • La Gazette des Arts Numero Special Salon des Artistes Independants Paris, La Gazette des Arts Paris
  • Catalogue du Salon des Independants 2014, Societe des Artistes Independants creee en 1884 Paris
  • Catalogue du Salon des Independants 2015, Societe des Artistes Independants creee en 1884 Paris
  • Catalogue du Salon des Independants 2016, Societe des Artistes Independants creee en 1884 Paris
  • Catalogue du Salon des Independants 2017, Societe des Artistes Independants creee en 1884 Paris
  • Catalogue du Salon des Independants 2018, Societe des Artistes Independants creee en 1884 Paris
  • Catalogue du Salon des Independants 2019, Societe des Artistes Independants creee en 1884 Paris

関連項目編集