アントイネッテ・アマーリエ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル

アントイネッテ・アマーリエ・フォン・ブランシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルAntoinette Amalie von Braunschweig-Wolfenbüttel, 1696年4月22日 - 1762年3月6日)は、ドイツのブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公フェルディナント・アルブレヒト2世の妻。

アントイネッテ・アマーリエ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
Antoinette Amalie von Braunschweig-Wolfenbüttel
Antoinette Amalie of Brunswick-Lüneburg, duchess of Brunswick-Wolfenbüttel.jpg

称号 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公爵夫人
出生 (1696-04-22) 1696年4月22日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ヴォルフェンビュッテル
死去 (1762-03-06) 1762年3月6日(65歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ブラウンシュヴァイク
配偶者 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公フェルディナント・アルブレヒト2世
子女 一覧参照
父親 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公ルートヴィヒ・ルドルフ
母親 クリスティーネ・ルイーゼ・フォン・エッティンゲン=エッティンゲン
テンプレートを表示

生涯編集

ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公ルートヴィヒ・ルドルフとその妻のエッティンゲン=エッティンゲン侯女クリスティーネ・ルイーゼの間の末娘として生まれた。

2人の姉、エリーザベト・クリスティーネシャルロッテ・クリスティーネは、祖父アントン・ウルリヒの采配で、それぞれ神聖ローマ皇帝カール6世モスクワ・ロシアの世継ぎ王子アレクセイ・ペトロヴィチに嫁いだ。末娘のアントイネッテ・アマーリエは、祖父の甥で、ヴォルフェンビュッテル侯領を相続する予定の人物に嫁ぐことが定められていた。

1712年10月15日、アントイネッテ・アマーリエはブラウンシュヴァイクにおいて、分家筋で父の従弟にあたるブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン公フェルディナント・アルブレヒト2世と結婚した。公爵夫妻の夫婦仲は非常に良く、アントイネッテ・アマーリエは8男7女の15人の子供の母親になった。子沢山ということもあり、アントイネッテとその家族は父ルートヴィヒ・ルドルフの宮殿で比較的つましい生活を送ることを余儀なくされた。1735年に父ルートヴィヒ・ルドルフが死ぬと、夫のフェルディナント・アルブレヒト2世が義父の領地を継承した。しかしその年のうちには亡くなり、アントイネッテは残りの27年間の余生を未亡人として過ごした。

子女編集

参考文献編集

  • F. Spehr (1877), "Ferdinand Albrecht II.", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (ドイツ語), 6, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 681–682 (dort erwähnt)
  • Friedrich Wilhelm M. von Hahnke: Elisabeth Christine, Königin von Preußen, Gemahlin Friedrichs dem Großen. Eine Biographie. Reimer, Berlin 1848