アントニオ・ジョアン・デ・オルレアンス・イ・ブラガンサ

アントニオ・ジョアン・デ・ブラガンサ・イ・オルレアンス・イ・ヴィッテルスバシュAntônio João de Orléans e Bragança e Wittelsbach, 1950年6月24日 - )は、ブラジルの旧皇帝家ブラガンサ家の子孫の1人で、ヴァソウラス系オルレアンス=ブラガンサ家の一員。全名はアントニオ・ジョアン・マリア・ジョゼ・ミゲル・ハファエル・ガブリエル・ゴンザーガ(Antônio João Maria José Jorge Miguel Gabriel Rafael Gonzaga)。一般には「ドン・アントニオDom Antônio)」と呼ばれる。

アントニオ・ジョアン・デ・オルレアンス・イ・ブラガンサ
Antônio João de Orléans e Bragança
Dom Antonio de Orleans e Bragança, Príncipe do Brasil e de Orleans e Bragança.jpg

出生 (1950-06-24) 1950年6月24日(71歳)
ブラジルの旗 ブラジルリオ・デ・ジャネイロ
配偶者 クリスティーヌ・ド・リーニュ
子女 一覧参照
家名 オルレアンス=ブラガンサ家
父親 ペドロ・エンリケ・デ・オルレアンス・イ・ブラガンサ
母親 マリア・エリーザベト・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

経歴編集

ヴァソウラス系ブラジル皇帝家家長ペドロ・エンリケと、その妻でバイエルン王子フランツの娘であるマリア・エリーザベトの間の第7子、六男として生まれた[1]。1976年、リオ・デ・ジャネイロ州バラ・ド・ピライの大学で工学の学位を取得している[2]

1981年9月25日(民事婚)および26日(宗教婚)、ブロイユベルギーエノー州)において、リーニュ公アントワーヌの娘クリスティーヌ(1955年 - )と結婚した。その半年前の同年3月に、アントニオの妹エレオノーラと、クリスティーヌの兄ミシェル公世子が結婚しており、この結婚は二重の縁組だった。夫妻は間に2男2女の4人の子女をもうけた。

ヴァソウラス系ブラジル皇帝家では、ペドロ・エンリケの8人の息子たちのうち、5人が家内法に抵触する貴賤結婚により家督相続権(帝位継承権)を放棄している。長男で現当主のルイス・ガスタンと三男のベルトランドは生涯独身で嫡出子が無く、ヴァソウラス系の皇統はアントニオ・ジョアンの子孫に受け継がれる予定である。2009年、アントニオの長男でヴァソウラス系の次世代の後継者として君主制支持者の期待を一身に集めていたペドロ・ルイスエールフランス447便墜落事故で早世したことは、ヴァソウラス系にとって大きな痛手となった。

アントニオは風景画家であり、ポルトのイパネマ公園[3]クリチバジョインヴィレなどの諸都市で個展を開催している[4]。現在は家族と一緒にペトロポリスに住んでいる。

子女編集

脚注編集

  1. ^ Genealogisches Handbuch des Adels, Fürstliche Häuser (Limburg an der Lahn: C.A. Starke, 1991): Band XIV, 32.
  2. ^ "D. Antonio de Orleans e Bragança", Casa Imperial do Brasil.
  3. ^ "Príncipe brasileiro expõe aguarelas no Ipanema", Jornal de Notícias (May 4, 1999).
  4. ^ "Arte real", Anexo (30 maio, 2001).
上位:
ベルトランド
ブラジル皇子
〈名目上〉ブラジル帝位(ヴァソウラス系)継承権者
継承順位第 2
下位:
ハファエル
ブラジル皇子