アントニオ・ジョヴィナッツィ

アントニオ・マリア・ジョヴィナッツィAntonio Maria Giovinazzi, 1993年12月14日 - )は、イタリア出身のレーシングドライバー

アントニオ・ジョヴィナッツィ
Antonio Giovinazzi
2019 Formula One tests Barcelona, Giovinazzi (47200025952).jpg
アントニオ・ジョヴィナッツィ (2019年)
基本情報
フルネーム アントニオ・マリア・ジョヴィナッツィ
Antonio Maria Giovinazzi
略称表記 GIO
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・プッリャ州マルティーナ・フランカ
生年月日 (1993-12-14) 1993年12月14日(27歳)
F1での経歴
活動時期 2017,2019-
過去の所属チーム '17 ザウバー
所属チーム アルファロメオ '19-
車番 99
出走回数 50
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 19
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2017年オーストラリアGP
2020年順位 17位 (4ポイント)
(記録は2021年第10戦イギリスGP終了時)
テンプレートを表示

2017年に「ザウバー」から代走でF1デビュー。2019年から同チーム母体の「アルファロメオ・レーシング」でフルタイム参戦を果たした。

(※マスメディアによっては「アントニオ・ジョビナッツィ」と表記される場合もある)

経歴編集

カート編集

2006年から2012年の間にカートレースで腕を磨いた。2006年は「36° トロフェオ・インダストリー - ミニカート」「ユーロ・トロフィー・バイ・60・ミニ」「イタリアン・ナショナル・トロフィー60cc」の各選手権でタイトルを獲得する。

フォーミュラ・ピロータ チャイナ編集

ジョヴィナッツィは、2012年から「フォーミュラ・ピロータ チャイナ」(Formula Masters China)へ参戦が決まりシングルシーターとしてのキャリアをスタートさせる。全18戦の内、6回の優勝を決め参戦初年度で初タイトルを獲得した。同年は、BVM・チームTarget Racing)から「フォーミュラ・アバルト英語版」の最終戦にゲストドライバーとして参戦した。

FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権編集

2013年より、ダブル・R・レーシング英語版から「FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」へ参戦する。第4戦(ブランズ・ハッチ)レース1で初入賞し、シーズンを通じて31ポイントを獲得。総合17位でシーズンを終える。翌年は、カーリンCarlin)へ移籍して2年目のシーズンに挑む。

イギリス・フォーミュラ3選手権編集

 
F3時代(2014年)

2013年は、ショーン・ゲラエルと共にダブル・R・レーシングから「ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」に続き「イギリス・フォーミュラ3選手権」にも参戦した。開幕戦(シルバーストン・サーキット)レース2にて、F3カテゴリーでの初優勝を果たした。シーズンを通じ、総合順位も2位に入り躍進した[1]

マスターズ・オブ・フォーミュラ3編集

2013年7月7日に、「マスターズ・オブ・フォーミュラ3」への出走を果たした。結果は、10位でチェッカーを受ける。

GP2シリーズ編集

2016年からは、プレマ・パワーチームから「GP2シリーズ」へステップアップする。

開幕戦・第2戦と入賞圏外やリタイヤで大きく出遅れたものの、第3戦(バクー市街地コース)のレース1、2で連勝を飾るとその後はコンスタントにポイントを重ね、最終戦まで選手権首位をキープしていたが、ピエール・ガスリーに逆転され、2位でシーズンを終える。

F1編集

2016年9月、2016年のGP2の成績が評価され、スクーデリア・フェラーリから、同チームの本部・マラネロでのF1シミュレーター作業の機会を提供された[2]。同年12月19日、フェラーリのサードドライバーに就任することが発表された[3]。ちなみに、この就任に合わせてフェラーリの育成プログラムFDA所属となったと紹介する媒体もあるが、あくまでフェラーリが彼とサードドライバーの契約を締結しただけである[4]

テストドライバー時代編集

2017年

2017年2月2日、マラネロでフェラーリの2015年版マシンSF15-Tをテストした[5]

ザウバーパスカル・ウェーレインレース・オブ・チャンピオンズでのクラッシュで背中を負傷したため、プレシーズンテストの前半(いわゆるテスト1)の4日間はウェーレインの代走を務めた[6]。ウェーレインの体調回復の遅れから開幕2戦も代走を務めた[7][8]2011年ヤルノ・トゥルーリヴィタントニオ・リウッツィ以来、6年ぶりにイタリア人のF1ドライバーが出走することとなった。デビュー戦となったオーストラリアGPでは、リタイアが相次ぐサバイバルレースをかいくぐり、ポイント獲得はならなかったが12位完走を果たした。

同年6月にフェラーリのパワーユニットを使用しているハースF1チームから計7回のフリー走行1回目(FP1)を担当することを発表[9]。7月のイギリスGP初め、予定通り計7回のFP1の出走を行った[10]

2018年

2018年は前年と違いザウバーのリザーブドライバーのみの登録となり、同年ドイツGPでは金曜午前のFP1に参加。そして、同年ロシアGP前にザウバーが2019年のドライバーとして彼を起用することを発表し、2019年からフル参戦を果たす予定である[11]

アルファロメオ時代編集

2019年編集

2007年ワールドチャンピオンのキミ・ライコネンのチームメイトとしての2019年からのフル参戦が決定[11]。また、イタリア人のF1ドライバーがフル参戦を果たすのは2011年以来となる。カーナンバーは「99」を選択した。また、記録上はアルファロメオからの参戦となるが、ザウバーがネーミングライツの形でコンストラクター名をアルファロメオへと変更して参戦する形なため[12]、チーム名は違うがスポット参戦したチームからフル参戦する形となる。

第4戦で自身初のQ3進出を達成(ただし、PUペナルティの影響で最後尾スタートとなった)。第8戦では今季2度目のQ3進出を達成[13]。また、第9戦はライコネンと共にQ3進出を達成。そして、同決勝ではダブル入賞を達成し、キャリア初入賞を飾った[14]。第13戦ベルギーGPではPU交換ペナルティで18番手スタートながらも決勝では順位を上げていき、9位入賞が目前であったが終盤にクラッシュし入賞を逃した。これにより、厳しい立場に立たされた[15]と思われたが、第14戦と第15戦を下位ながらも入賞し、特に第15戦では暫定のラップリーダー[16]となり、11月に彼の続投が発表された[17]

2020年編集

アルファロメオ2年目[17]。開幕戦で9位でチェッカーを受け、今季初入賞を記録[18]。シーズンの成績は開幕戦の入賞を含め計3回を記録した。

メディアからはフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)所属のドライバーに押し出される形で今シーズンでF1のシートを喪失するのではという見方[19]をされていた。実際、今年F2参戦中のFDA所属の3名がレギュレーションで許されている2年落ちのフェラーリのF1マシンでのテスト走行[20]が行われ、特にそのなかのミック・シューマッハカラム・アイロットが悪天候で中止となったものの、第11戦フリー走行(FP1)での出走が予定[21]されたうえ、チームはライコネンとの残留交渉[22]は認めたが、ジョヴィナッツィに関しては候補者の一人とコメント[19]しただけであった。

そんななか、第13戦前となる10月30日、チームからライコネン並びジョビナッツィとの契約延長に合意し、2021年シーズンも同じラインナップとする事を正式発表された[23]

2021年編集

アルファロメオ3年目。

第5戦モナコGPでは、予選は今季初のQ3進出を果たし10番手を獲得[24]。決勝は10位入賞となり、今季初入賞を記録した[25]


レース戦績編集

略歴編集

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2012 フォーミュラ・ピロータ チャイナ ユーラシア・モータースポーツ 18 6 7 6 13 229 1位
フォーミュラ・アバルト BVM 3 2 0 0 3 0 NC
2013 FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 ダブル・R・レーシング 30 0 0 0 0 31 17位
イギリス・フォーミュラ3選手権 12 2 0 0 7 135 2位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 0 0 10位
2014 FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 ジャゴニャ・アヤム with カーリン 33 2 2 3 7 238 6位
2015 33 6 4 4 20 412.5 2位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 1 1 1 1 N/A 1位
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A 4位
ドイツツーリングカー選手権 アウディ・スポーツ・チーム・フェニックス 2 0 0 0 0 0 25位
2015-16 アジアン・ル・マン・シリーズ ジャゴニャ・アヤム with ユーラシア 2 2 1 0 2 51 3位
2016 GP2シリーズ プレマ・レーシング 20 5 2 2 8 211 2位
ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ SMPレーシング 1 0 0 0 0 10 24位
FIA 世界耐久選手権 - LMP2 エクストリーム・スピード・モータースポーツ 2 0 0 0 1 30 20位
2017 フォーミュラ1 ザウバーF1チーム 2 0 0 0 0 0 22位
ハースF1チーム テストドライバー
スクーデリア・フェラーリ リザーブドライバー
2018 ル・マン24時間レース - LMGTE Pro AFコルセ 1 0 0 0 0 N/A 5位
フォーミュラ1 アルファロメオ・ザウバーF1チーム テストドライバー
スクーデリア・フェラーリ
2019 アルファロメオ・レーシング 21 0 0 0 0 14 17位
2020 アルファロメオ・レーシング・オーレン 17 0 0 0 0 4 17位
2021 10 0 0 0 0 1* 16位*
スクーデリア・フェラーリ テストドライバー
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

シングル・シーター・レーシング編集

FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権編集

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 DC ポイント
2013年 ダブル・R・レーシング メルセデス MNZ
1

22
MNZ
2

12
MNZ
3

13
SIL
1

DSQ
SIL
2

DNS
SIL
3

11
HOC
1

12
HOC
2

Ret
HOC
3

24
BRH
1

11
BRH
2

16
BRH
3

9
RBR
1

15
RBR
2

23
RBR
3

Ret
NOR
1

Ret
NOR
2

23
NOR
3

Ret
NÜR
1

18
NÜR
2

16
NÜR
3

10
ZAN
1

14
ZAN
2

Ret
ZAN
3

11
VAL
1

9
VAL
2

7
VAL
3

13
HOC
1

17
HOC
2

7
HOC
3

6
17位 31
2014年 ジャゴニャ・アヤム with カーリン フォルクスワーゲン SIL
1

12
SIL
2

8
SIL
3

5
HOC
1

Ret
HOC
2

2
HOC
3

5
PAU
1

7
PAU
2

4
PAU
3

10
HUN
1

23
HUN
2

6
HUN
3

5
SPA
1

Ret
SPA
2

9
SPA
3

11
NOR
1

Ret
NOR
2

9
NOR
3

7
MSC
1

13
MSC
2

16
MSC
3

10
RBR
1

2
RBR
2

16
RBR
3

1
NÜR
1

3
NÜR
2

1
NÜR
3

Ret
IMO
1

5
IMO
2

3
IMO
3

Ret
HOC
1

4
HOC
2

2
HOC
3

5
6位 238
2015年 SIL
1

2
SIL
2

3
SIL
3

2
HOC
1

1
HOC
2

3
HOC
3

3
PAU
1

2
PAU
2

3
PAU
3

1
MNZ
1

4
MNZ
2

Ret
MNZ
3

4
SPA
1

Ret
SPA
2

9
SPA
3

15
NOR
1

2
NOR
2

22
NOR
3

1
ZAN
1

1
ZAN
2

2
ZAN
3

2
RBR
1

3
RBR
2

2
RBR
3

1
ALG
1

9
ALG
2

8
ALG
3

8
NÜR
1

10
NÜR
2

2
NÜR
3

13
HOC
1

6
HOC
2

1
HOC
3

3
2位 412.5

イギリス・フォーミュラ3選手権編集

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 DC ポイント
2013年 ダブル・R・レーシング メルセデス SIL
1

6
SIL
2

1
SIL
3

7
SPA
1

5
SPA
2

3
SPA
3

1
BRH
1

3
BRH
2

2
BRH
3

Ret
NÜR
1

2
NÜR
2

6
NÜR
3

2
2位 135

マカオグランプリ編集

チーム 車両 予選 予選レース 決勝レース
2015年   カーリン ダラーラ・F312 4位 10位 4位

GP2シリーズ編集

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 DC ポイント
2016年 プレマ・レーシング CAT
FEA

18
CAT
SPR

Ret
MON
FEA

11
MON
SPR

18
BAK
FEA

1
BAK
SPR

1
RBR
FEA

Ret
RBR
SPR

5
SIL
FEA

2
SIL
SPR

4
HUN
FEA

2
HUN
SPR

17
HOC
FEA

8
HOC
SPR

Ret
SPA
FEA

6
SPA
SPR

1
MNZ
FEA

1
MNZ
SPR

3
SEP
FEA

1
SEP
SPR

4
YMC
FEA

5
YMC
SPR

6
2位 211

F1編集

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 WDC ポイント
2017年 ザウバー C36 フェラーリ 061 1.6 V6 t AUS
12
CHN
Ret
BHR RUS ESP MON CAN AZE AUT 22位 0
ハース VF-17 フェラーリ 062 1.6 V6 t GBR
TD
HUN
TD
BEL ITA SIN
TD
MAL
TD
JPN USA MEX
TD
BRA
TD
ABU
TD
2018年 ザウバー C37 フェラーリ 062 EVO 1.6 V6 t AUS BHR CHN AZE ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
TD
HUN
TD
BEL ITA SIN RUS
TD
JPN USA MEX
TD
BRA
TD
ABU
TD
- -
2019年 アルファロメオ C38 フェラーリ 064 1.6 V6 t AUS
15
BHR
11
CHN
15
AZE
12
ESP
16
MON
19
CAN
13
FRA
16
AUT
10
GBR
Ret
GER
13
HUN
18
BEL
18
ITA
9
SIN
10
RUS
15
JPN
14
MEX
14
USA
14
BRA
5
ABU
16
17位 14
2020年 C39 フェラーリ 065 1.6 V6 t AUT
9
STY
14
HUN
17
GBR
14
70A
17
ESP
16
BEL
Ret
ITA
16
TUS
Ret
RUS
11
EIF
10
POR
15
EMI
10
TUR
Ret
BHR
16
SKH
13
ABU
16
17位 4
2021年 C41 フェラーリ 065/6 1.6 V6 t BHR
12
EMI
14
POR
12
ESP
15
MON
10
AZE
11
FRA
15
STY
15
AUT
14
GBR
13
HUN
-
BEL
-
NED
-
ITA
-
RUS
-
TUR
-
JPN
-
USA
-
MXC
-
SÃO
-
SAU
-
ABU
-
16位* 1*

スポーツカー・レーシング編集

ドイツツーリングカー選手権編集

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 DC ポイント
2015年 アウディ・スポーツ・チーム・フェニックス アウディ・RS5 DTM HOC
1
HOC
2
LAU
1
LAU
2
NOR
1
NOR
2
ZAN
1
ZAN
2
SPL
1
SPL
2
MSC
1

19
MSC
2

21
OSC
1
OSC
2
NÜR
1
NÜR
2
HOC
1
HOC
2
25位 0

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ編集

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 ランク ポイント
2016年 SMPレーシング LMP2 BRエンジニアリング・BR01 日産・VK45DE 4.5 L V8 SIL
5
IMO RBR LEC SPA EST 24位 10

FIA 世界耐久選手権編集

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ランク ポイント
2016年 エクストリーム・スピード・モータースポーツ LMP2 リジェ・JS P2 日産 VK45DE 4.5 L V8 SIL SPA LMS NÜR MEX COA FUJ
4
SHA
2
BHR
20位 30

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス
順位
2018年   AFコルセ   トニ・ヴィランダー
  ピポ・デラーニ
フェラーリ・488 GTE Evo GTE
Pro
341 20位 5位

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2013 British F3 standings”. GP UPDATE.NET. 2016年11月20日閲覧。
  2. ^ アントニオ・ジョビナッツィ、フェラーリのF1シミュレーターで初走行”. F1-Gate.com (2016年9月6日). 2016年11月20日閲覧。
  3. ^ Giovinazzi to be Ferrari's third driver”.Scuderia Ferrari.(2016年12月19日)2017年2月3日。
  4. ^ フェラーリF1、イタリアの若手有望株とサードドライバー契約www.as-web.jp(2016年12月20日)2021年6月18日閲覧。
  5. ^ Giovinazzi drives an SF15-T at Fiorano”.Scuderia Ferrari.(2017年2月2日)2017年2月3日。
  6. ^ 【公式】ザウバー、パスカル・ウェーレインに代わりフェラーリの新人をテストで起用”. www.topnews.jp (2017年2月25日). 2021年6月18日閲覧。
  7. ^ ウェーレインが開幕戦欠場を決断。フェラーリのサードドライバー、ジョビナッツィがザウバーからF1デビュー”. AUTOSPORTweb (2017年3月25日). 2017年3月25日閲覧。
  8. ^ ウェーレインがF1中国GPも欠場。体力面の不安でジョビナッツィが再びザウバーから出走”. www.as-web.jp  (2021年6月18日). 2017年4月5日閲覧。
  9. ^ フェラーリF1のサードドライバー、ジョビナッツィがハースからFP1に出場。7戦のスケジュールが発表www.as-web.jp(2017年6月1日)2021年6月18日閲覧。
  10. ^ ハースF1デビューをノーミスで終えたジョビナッツィ”. ESPN F1 (2017年7月15日). 2017年7月17日閲覧。
  11. ^ a b “ザウバーF1、アントニオ・ジョビナッツィとの契約を発表!2019年のキミ・ライコネンの相方が決定”. formula1-data.com. (2018年9月25日). https://formula1-data.com/article/antonio-giovinazzi-to-race-for-sauber-2019 2018年9月25日閲覧。 
  12. ^ “ザウバー”がF1から消滅!2019年F1に「アルファロメオ・レーシング」が誕生formula1-data.com(2019年2月1日)2021年6月18日閲覧。
  13. ^ ジョビナッツィがQ3進出も、ライコネンは12番手「ミスしたのが原因。驚く事じゃない」Alfa Romeo F1フランスGP《予選》formula1-data.com(2019年6月23日)2021年6月18日閲覧。
  14. ^ F1初入賞のジョビナッツィ、アルファロメオ代表との約束により断髪。チームは2台揃っての入賞に会心www.as-web.jp(2019年7月2日)2021年6月18日閲覧。
  15. ^ F1ベルギーGPでクラッシュしたジョビナッツィのキャリアに暗雲www.topnews.jp(2019年9月3日)2020年8月20日閲覧。
  16. ^ ジョビナッツィ、F1キャリアで初めてラップリーダーに「家族が写真を撮ってくれているといいな!」:シンガポールGPwww.as-web.jp(2019年9月23日)2020年8月20日閲覧
  17. ^ a b アルファロメオF1、アントニオ・ジョビナッツィの2020年残留を発表formula1-data.com(2019年11月5日)2021年6月18日閲覧。
  18. ^ ジョビナッツィ「苦戦したが、9位はいいシーズンの滑り出し」:アルファロメオ F1オーストリアGP日曜www.as-web.jp(2019年7月6日)2021年6月18日閲覧。
  19. ^ a b ライコネンがアルファロメオF1に残留か。ジョビナッツィと若手3名が残るシートを争う展開にwww.as-web.jp(2020年10月5日)2020年11月17日閲覧。
  20. ^ フェラーリ育成傘下のシューマッハ、アイロット、シュワルツマンの3名がF1グランプリデビュー!事前にSF71Hでテストを実施formula1-data.com(2020年9月29日)2020年11月17日閲覧。
  21. ^ シューマッハとアイロット、悪天候でアイフェルGPでのF1デビュー走行叶わず…再チャンスはあるのか?formula1-data.com(2020年10月10日)2020年11月17日閲覧。
  22. ^ アルファロメオF1の2021年シート、昇格噂される跳馬ジュニアよりも「まずは何よりもライコネンが最優先」formula1-data.com(2020年9月16日)2020年11月17日閲覧。
  23. ^ キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィ、2021年アルファロメオF1残留が正式決定formula1-data.com(2020年10月30日)2020年11月17日閲覧。
  24. ^ F1第5戦モナコGP予選トップ10ドライバーコメント(1)(アントニオ・ジョビナッツィ 予選=10番手)www.as-web.jp(2021年5月23日)2021年6月17日閲覧。
  25. ^ ジョビナッツィ&アルファロメオが今季初入賞「オーバーテイク可能なサーキットなら8位まで行けたかも」F1第5戦www.as-web.jp(2021年5月24日)2021年6月17日閲覧。

外部リンク編集