メインメニューを開く

アントニオ・マリア・ボノンチーニ

アントニオ・マリア・ボノンチーニ

アントニオ・マリア・ボノンチーニ(Antonio Maria Bononcini、1677年6月18日 - 1726年7月8日)は、イタリアモデナ出身の作曲家チェリスト

目次

人物編集

父は作曲家でヴァイオリニストであるジョヴァンニ・マリア・ボノンチーニ。兄は同じく作曲家でチェリストであるジョヴァンニ・バッティスタ・ボノンチーニボローニャで兄とともにジョヴァンニ・パオロ・コロンナに師事した。1690年から1693年までローマのベネデット・パンフィーリ枢機卿の宮廷楽団で演奏した。その後ウィーンの宮廷に仕え、1705年にカール大公(後の神聖ローマ皇帝カール6世)の宮廷楽長に就任した。1713年にイタリアに戻り、ミラノナポリ、モデナで活動した。1721年から死去するまでモデナの楽長を務めた。

作品編集

オペラ編集

  • Tigrane, re d'Armenia(1710年
  • I veri amici(1715年
  • Il tiranno eroe(1715年)
  • Sesostri re d'Egitto(1716年
  • La conquista del vello d'oro(1717年
  • Astianatte(1718年
  • Griselda(1718年)
  • Nino(1720年
  • Merope(1721年
  • Endimione(1721年)
  • Rosiclea in Dania(1721年)

宗教作品編集

  • ミサ曲 ト短調
  • スターバト・マーテル
  • サルヴェ・レジーナ

文献編集