アントニオ・ロッタ

アントニオ・ロッタ (: Antonio Rotta、1828年2月28日 - ヴェネツィア、1903年9月10日)は1800年代後半にヴェネツィアで活動したイタリアの風俗画を得意とした画家。

アントニオ・ロッタ
Antonio Rotta
Antonio Rotta, Lo spiumaggio delle anatre, Venice, 1883.jpg
ロッタ作 "Lo spiumaggio delle anatre" (1883)
生誕1828年2月28日
イタリア,ゴリツィア
死没1903年9月10日
イタリア,ヴェネツィア

構図のバランスを巧みに探求することも、色彩の研究を通じて、人物、大気、周囲の環境の間の完璧な融合を実現します。 ロッタは風俗画で高く評価されており、ベネチアの人気のある環境から取られたシンプルで日常的な状況を通してそれらを表現する、現実的なディテールと国内の愛情に注意を払っています。

略歴編集

スロベニアとの国境に接する現在のイタリア、ゴリツィア県ゴリツィア(ロッタの生まれた時代はオーストリア帝国の一部イリュリア王国であった)で生まれた。

ヴェネツィアに移り、1841年からヴェネツィア美術アカデミー(l'Accademia di Belle Arti di Venezia)でルドヴィーコ・リッパリーニに学んだ。1855年にミラノの展覧会に歴史画を出展した。子供やヴェネツィアの人々の生活を描いた。1878年にパリの展覧会で入選し、1890年代にはベルリンなどの展覧会に出展した[1]

画家のラッタンツィオ・ケレナの娘と結婚し、息子のSilvio Giulio Rottaも画家になった。

ヴェネツィアで死去した。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ Carnemolla, Jole. Rótta, Antonio . Enciclopedia Italiana. www.treccani.it (1936)

  ウィキメディア・コモンズには、アントニオ・ロッタに関するカテゴリがあります。