メインメニューを開く

アントニ・タピエス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はタピエス第二姓(母方の)はプイグです。
アントニ・タピエス

アントニ・タピエス・イ・プイグAntoni Tàpies i Puig1923年12月23日 - 2012年2月6日[1])はスペインの現代芸術家

目次

略歴編集

スペイン・バルセロナ生まれ。20世紀現代美術の巨匠の一人と言われている。

1950年に初めての個展をバルセロナで開催、以後パリに居を移す。タピエスは、初期の頃はパウル・クレーなどに影響を受けたシュルレアリスム画家としてキャリアを始めたが、その後すぐ抽象表現主義に進み、美術用画材ではないものを利用した芸術である「アルテ・ポーヴェラ(Arte Povera)」スタイルで創作活動を行う。1953年にはミックス・メディアでの創作を開始、後にこれが彼の芸術への最大の貢献と評価される。このスタイルの一つの例は、粘土と大理石粉を絵具に混ぜ、廃紙、糸、絨毯などを使用している(灰色と緑の絵(Grey and Green Painting・1957年)、ロンドンテート・ギャラリー収蔵)。

国際的な評価は1950年末までに定着し、1960年代初期まではエンリケ・タバラアントニオ・サウラマノロ・ミラレスや他のスペイン人アンフォルメル派の芸術家と作業した。1970年代にはポップアートの影響を受け、家具の破片などのもっと大きな物体を絵画にくわえるようになってきた。タピエスのアイデアは世界中の芸術、特に絵画、彫刻、版画の分野などに大きな影響を及ぼした。世界中の様々な美術館に彼の作品が収蔵されている。

1990年、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞する[2]。スペイン・バルセロナには彼の作品を集めて展示している「タピエス美術館(Fundació Antoni Tàpies)」がある。

脚注編集

  1. ^ Fundació Antoni Tàpies
  2. ^ 田澤耕 『カタルーニャを知る事典』 平凡社2013年、147頁。ISBN 978-4-582-85674-3

関連項目編集

外部リンク編集