アントワーヌ・ドワネル

アントワーヌ・ドワネル(Antoine Doinel)は、1959年の『大人は判ってくれない』以来のフランソワ・トリュフォー監督の一連の映画の主人公の名前で、どれもジャン=ピエール・レオが演じた。

概要編集

フランソワ・トリュフォー監督の最初の長編映画『大人は判ってくれない』の成功で一躍「ヌーヴェルヴァーグ」の旗手として知られるようになる。このヒットに続き、いわゆる「アントワーヌ・ドワネルの冒険」シリーズ(「アントワーヌ・ドワネルもの」とも)を次々と発表する。

より多くの映画があります。 夜霧の恋人たち(1968)は、アントワーヌとクリスティン・ダーボン(クロード・ジャド)の愛を描いています。 家庭(1970)では、アントワーヌとクリスティーヌ・ドイネルは夫婦です。 そして、アントワーヌとクリスティンの3部作は、1979年に映画 逃げ去る恋 で終わる。

名前の由来はシナリオ集「アントワーヌ・ドワネルの冒険」(1970年)の序文にある(『トリュフォー 最後のインタビュー』pp.151-153所収)。自分で考えたつもりだったが、尊敬するジャン・ルノワール監督の秘書ジネット・ドワネルの姓をいただいたものではないかと指摘されて驚いたという。

教養小説」のように一人の男の少年から青年に至る人生を映画で同じ監督が同じ俳優で製作するのは稀有である[1]。。

アントワーヌ・ドワネルの冒険編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ アメリカの夜1973年はアントワーヌ・ドワネルものではないが、ジャン=ピエール・レオがアルフォンスという役名で出てきて「女は魔物か?」ほかの台詞も他の作品から意識的に引用されている。トリュフォーは引用することによって明確に終止符を打ったのだという(『トリュフォー 最後のインタビュー』)。

外部リンク編集