アントン・ブルガー (画家)

アントン・ブルガー(Anton Burger、1824年11月14日 - 1905年7月6日)はドイツの画家である。フランクフルト・アム・マインやその近くの別荘地、クローンベルク・イム・タウヌスで活動した。クローンベルクには多くの芸術家が集まるようになり、「芸術家村(アートコロニー)」が作られるようになった。

アントン・ブルガー
Anton Burger
Anton Burger Selbstbildnis.jpeg
自画像
生誕1824年11月14日
Flag of the Free City of Frankfurt.svg 自由都市フランクフルト・アム・マイン
死没1905年7月6日
ドイツの旗 ドイツ帝国,クローンベルク・イム・タウヌス

略歴編集

フランクフルト・アム・マインで生まれた。1842年から1846年の間、フランクフルトの美術学校(Staatliche Hochschule für Bildende Künste)で、ユング(Johann Jakob Jung)やヤーコブ・ベッカーフィリップ・ファイトに学んだ。ファイトから助言を受けて当時、芸術の中心地のひとつだったミュンヘンに移ったが1848年にフランクフルトに戻り、幼馴染の女性と結婚した。1853年にフィリップ・ルンプフ(Philipp Rumpf)らとパリに修行に出て、フランスの風景画の大家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローや写実主義の画家、ギュスターヴ・クールベと出会った。1855年から一年ほど、デュッセルドルフで風景画家、アウグスト・ヴェーバーの個人教授を受けた。

1858年にクローンベルクに移り、1856年に最初の妻は亡くなっていたので1859年にクローンベルクの医者の娘と再婚したが2度目の妻も早世した。1860年にヤーコブ・フュルヒテゴット・ディールマンがクローンベルクの住むようになり、友人のルンプフや美術学校(Staatliche Hochschule)で学んだ画家たちが集まるようになり、「クローンベルクの芸術家村(Kronberger Malerkolonie)」は形成され、ブルガーは中心的人物となった。

多くの風景画を描き、その作品は版画にされて出版されてよく売れた。クローンベルクで没した。

作品編集

参考文献編集

  • Burger, Anton. In: Friedrich von Boetticher: Malerwerke des neunzehnten Jahrhunderts. Beitrag zur Kunstgeschichte. Band I, Dresden 1895, S. 144 f.
  • Anton Burger. Ausstellung in der Kunsthandlung J. P. Schneider jr. Frankfurt a. M. 1984.
  • Manfred Großkinsky (Hrsg.): Anton Burger. 1824–1905. Zum 180. Geburtstag. Haus Giersch – Museum Regionaler Kunst, 7. März bis 4. Juli 2004. Henrich, Frankfurt am Main 2004, ISBN 3-935283-07-5.
  • Museumsgesellschaft Kronberg: Anton Burger. 1824–1905. Maler des alten Frankfurt und Gründer der Kronberger Malerkolonie. (Dokumentation der Museumsgesellschaft Kronberg, Band 7). Kramer, Frankfurt am Main 1988, ISBN 3-7829-0359-5.
  • Clemens Weiler: Burger, Anton. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 3, Duncker & Humblot, Berlin 1957, ISBN 3-428-00184-2, S. 44 f..