メインメニューを開く
2011年

アンドリュー・フリードマン(Andrew Friedman, 1976年11月13日 - )は、ロサンゼルス・ドジャースの編成部門取締役。テキサス州ヒューストン出身。

目次

経歴編集

野球で奨学金を得てチューレーン大学へ進学するも、肩を故障したため野球を断念。その後は投資銀行会社のベアー・スターンズなどを経て、現オーナーのスチュアート・スターンバーグのレイズ(当時デビルレイズ)買収に伴い、投資銀行家仲間のマット・シルバーマン(現レイズGM)と共にレイズのフロント入りを果たす。

育成部門で実績をあげ、2005年11月に28歳でGMに就任[注釈 1]ウォール街出身という異例の経歴を持つGMとして話題となった。球団名をレイズに変更した2008年には低迷の続いたチームをリーグ優勝に導き、『スポーティング・ニューズ』誌の選ぶ最優秀エグゼクティブ賞に選ばれた。

2014年10月14日ロサンゼルス・ドジャースで新設された編成部門の取締役に就任。

補強の成功例編集

  • 2012年12月、右のエースジェームズ・シールズ、先発・リリーフとして重宝したウェイド・デービスらをカンザスシティ・ロイヤルズへ放出し、超有望株との評判のウィル・マイヤーズ、先発候補の若手右腕ジェイク・オドリッジらを獲得。移籍したデービスは1年目先発して防御率5点台だったものの8勝を挙げ、2年目にはリリーフに固定で勝ち試合の8回を任されて71試合登板で9勝2敗3セーブ・防御率1.00、被本塁打0の圧倒的な好成績、シールズは1年目ア・リーグ最多の228.2回を投げて13勝、2年目も227回を投げて14勝と2013年のチーム10年ぶりのシーズン勝ち越し及び2014年のチーム29年ぶりのワールドシリーズ進出にそれぞれ貢献。一方、レイズが獲得したマイヤーズも2013年6月にメジャーデビューするとそのまま右翼のレギュラーに定着してア・リーグ新人王を受賞し、オドリッジも2014年から本格的に先発ローテーション入りするなどこのトレードは双方ともに成功をもたらした。

補強の失敗例編集

  • 2008年12月、エドウィン・ジャクソンデトロイト・タイガースへ放出し、マット・ジョイスを獲得。しかし翌2009年、ジャクソンが13勝を挙げてオールスターにも選ばれたのに対し、ジョイスは打率1割台の不振に喘いでマイナー落ちを経験するなど、完全にアテが外れた。ただし、ジョイスは移籍2年目の2010年以降、外野手もしくは指名打者としてオフに放出される2014年までレギュラーに定着していた。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 正式な役職はベースボール部門上級副社長である。オーナーのスターンバーグはフリードマンに「最高の選手を見つける以上の仕事をしてもらいたい」と、フリードマンの肩書きをGMにしなかった

出典編集