メインメニューを開く

アンドレアス・グルーバー(Andreas Gruber、1968年8月28日 - )は、オーストリア小説家。男性。ウィーン生まれ。ニーダーエスターライヒ州グリレンベルク(Grillenberg)在住。

アンドレアス・グルーバー
Andreas Gruber
Andreas Gruber.jpg
アンドレアス・グルーバー(2011年)
誕生 (1968-08-28) 1968年8月28日(51歳)
 オーストリア ウィーン
職業 小説家
言語 ドイツ語
国籍  オーストリア
ジャンル ミステリーSFホラー
公式サイト http://www.agruber.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴・作風編集

ミステリーSFホラーなどさまざまなジャンルの小説を執筆。短編小説の名手として知られ、1996年に本格的に短編小説の執筆を始めて以来、ドイツ幻想文学賞(Deutschen Phantastik Preis)やドイツSF大賞ドイツ語版など複数の賞で受賞、あるいは上位入賞している。

2005年には初の長編小説『ユダの筐(はこ)』(未訳 Der Judas-Schrein)をオーストリア版ラヴクラフト叢書で上梓。この作品は山村での殺人事件というミステリーの要素にクトゥルフ神話の要素を合わせた怪奇小説で、翌年、ドイツ幻想文学賞の長編デビュー作部門第1位に選ばれた。その後も探偵ペーター・ホガートを主人公とするサイコサスペンスシリーズや、ホラー小説を対象とするヴィンセント賞(Vincent Preis)で長編部門第1位に選ばれた歴史ホラー小説『梟の門』(未訳 Das Eulentor)など、ジャンルを問わず作品を発表している。

日本語訳作品編集

単行本

短編

  • ゴーストライター (訳:酒寄進一、『ミステリーズ!』57号、2013年2月、東京創元社)
  • メスメリズムの実験 (訳:酒寄進一、『ミステリーズ!』57号、2013年2月、東京創元社)
  • amazon.jp (訳:酒寄進一、『ミステリーズ!』63号、2014年2月、東京創元社)
  • 『信じてほしい、私はワトスン博士だ』! (訳:酒寄進一、『ミステリーズ!』63号、2014年2月、東京創元社)

著書一覧編集

未訳作品の日本語タイトルは『夏を殺す少女』の訳者あとがき(酒寄進一)に従った。

長編小説編集

探偵ペーター・ホガート・シリーズ
  • Schwarze Dame (2007) (『黒のクイーン』、酒寄進一訳)
  • Die Engelsmühle (2008) (天使の風車)
その他
  • Der Judas-Schrein (2005) (ユダの筐)
  • Das Eulentor (2008) (梟の門)
  • Rachesommer (2010) (『夏を殺す少女』、酒寄進一訳)
  • Todesfrist (2012) (断末魔へのカウントダウン)

短編集編集

  • Der fünfte Erzengel (2000)
  • Die letzte Fahrt der Enora Time (2001)
  • Jakob Rubinstein (2003)
  • Ghost Writer (2011)

主な受賞・候補歴編集

  • 短編 Die letzte Fahrt der Enora Time
  • 短編 Mesmeristische Experimente (「メスメリズムの実験」、酒寄進一訳)
    • 2003年 - ドイツ幻想文学賞 短編部門 第4位
  • 長編 Der Judas-Schrein (ユダの筐)
    • 2006年 - ドイツ幻想文学賞 長編デビュー作部門 第1位
  • 長編 Das Eulentor (梟の門)
    • 2008年 - ヴィンセント賞(Vincent Preis) 長編部門 第1位 (ホラー小説を対象とする賞)
  • 短編 Die scharfe Kante des Geodreiecks
    • 2009年 - ヴィンセント賞 短編部門 第1位
  • 短編 Rue de la Tonnellerie
    • 2012年 - ヴィンセント賞 短編部門 第2位

参考文献編集

  • アンドレアス・グルーバー『夏を殺す少女』(2013年2月、東京創元社) 訳者あとがき(酒寄進一) - 未訳作品の日本語タイトルはこれに従った

関連項目編集