メインメニューを開く

アンドレア・キトゥ(Andreea Chitu 1988年5月7日- )は、ルーマニアジュルジュ県ボリンティン=ヴァレ出身の柔道選手。階級は52kg級。身長158cm[1][2]。初段。現在はバベシュ・ボヨイ大学に在学している[3]

獲得メダル
 ルーマニア
柔道
世界柔道選手権
2014 チェリャビンスク 52kg級
2015 アスタナ 52kg級
2011 パリ 52kg級

人物編集

柔道は11歳の時にブカレストで始めた[3]。2006年のヨーロッパジュニア52kg級で3位になると、その後57kg級に階級を上げてヨーロッパU23柔道選手権大会で優勝するなど、国際大会で一定の活躍をしていた。しかしながら、2011年の世界選手権では52kg級に出場してきて、ノーマークながらオール一本勝ちで準決勝まで上がってくるが、同じくオール一本勝ちで勝ち上がってきた日本の西田優香と対戦して先に指導1でリードしていたものの背負投で逆転負けを喫した。しかし3位決定戦では地元フランスのプリシラ・ネトを有効で破った[4]。 2012年はヨーロッパ選手権で優勝を飾るも[5]ロンドンオリンピックでは2回戦で敗れた[1]。2014年の世界選手権では決勝でコソボのマイリンダ・ケルメンディの技ありで敗れ2位となった[6]。 2015年にはヨーロッパ競技大会で優勝した。世界選手権では決勝で日本の中村美里に指導1で敗れて2年連続2位にとどまった[7]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは7位に終わった[2]

IJF世界ランキングは806ポイント獲得で29位となっている(19/4/22現在)[8]

主な戦績編集

57kg級での戦績

52kg級での戦績

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集