アンドレア・ベルトリーニ

アンドレア・ベルトリーニAndrea Bertolini, 1973年12月1日 - )は、FIA 世界耐久選手権にてAFコルセのドライバーとして活躍するイタリアのレーシングドライバー。

アンドレア・ベルトリーニ
Andrea Bertolini at Zhuhai International Circuit in 2004
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1973-12-01) 1973年12月1日(50歳)
出身地 同・サッスオーロ
FIA World Endurance Championshipでの経歴
デビュー 2012
所属 AF Corse
車番 71
過去参加シリーズ
2011
2010
2001-03, 05-09
2003, 05-07
Superstars Series
FIA GT1 World Championship
FIA GT Championship
American Le Mans Series
選手権タイトル
2011
2010
2006, 08-09
International Superstars Series
FIA GT1 World Championship
FIA GT Championship GT1

レースの歴史

編集
 
ALMSのロードアトランタMC12を運転するベルトリーニ

ベルトリーニは11歳でカートレースを始めた。イタリア選手権で2位になり、全国レベルで優勝し、続いてCIAKカップでも勝利し、2000年のイタリア125選手権で2位になった[1]。翌年FIA GT選手権にステップアップを果たし、ポルシェをドライブした[2]。2002年及び2003年度はフェラーリ・360モデナで参戦するJMBレーシングに移り、4位で終えた。

2004年には別のチームに移ったが、乗り慣れた360モデナで、再び総合2位となり、「ドライバーパフォーマンスオブザイヤー」を受賞[1][2]。2004年の途中で、彼が開発に携わっていた新しいGT1クラスのマセラティ・MC12のドライブを託された。2つのレースを勝ち、中国のチームメイトとミカ・サロと提携した[3]

2005年に彼は再びMC12を運転してJMBレーシングに戻る。4位タイでシーズンを終え、1位から4ポイント以内で終えた。チームメイトは、カール・ヴェンドリンガー [4]

ベルトリーニはまた、2005年にアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)にもMC12で参戦したが、こちらではあまり成功せず、ラグナセカでは、クラッシュしてしまっている[5]

2006年のFIA GT選手権ではチーム移籍したが、MC12を再びドライブし、ミハエル・バルテルスと組んだ。 ベルトリーニとバルテルスは、ドライバーの総合順位で1位となり、チームの順位でもチャンピオンに輝き[6]、以降もマセラティでバルテルスと組んで2008年から2010年まで3連覇した。

2011年もスイスチームのマセラティ・クアトロポルテで国際スーパースターシリーズで優勝。

ベルトリーニは、イタリアチームのマラネロベースで開催された開会式で、フェラーリの新しいF1シミュレーターを運転した最初の人物になった[7]

2012年はFIA 世界耐久選手権オリビエ・ベレッタAFコルセフェラーリ・458イタリア GT2をドライブした。

レース記録

編集

グランドツーリング

編集

FIA GT選手権

編集
チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2001年 アート・エンジニアリング ポルシェ・911 GT3-R N-GT MNZ
Ret
BRN
12
MAG
11
SIL
8
ZOL
5
HUN
8
SPA A1R
9
NÜR
Ret
JAR
5
EST
11
28位 4
2002年 JMBレーシング フェラーリ・360モデナ N-GT N-GT MAG
3
SIL
3
BRN
Ret
JAR
4
AND
2
OSC
3
SPA
2
PER
4
DON
3
EST
4
4位 41.5
2003年 N-GT CAT
1
MAG
6
PER
2
BRN
2
DON
Ret
SPA
Ret
AND
10
OSC
1
EST
1
MNZ
1
3位 59
2004年 G.P.C. ギース・スクアドラ N-GT MNZ VAL MAG HOC BRN DON SPA
Ret
NC 0
AFコルセ マセラティ・MC12 GT1 GT IMO
2
OSC
1
DUB
Ret
ZHU
1
22位 10
2005年 JMBレーシング GT1 MNZ
5
MAG
1
SIL
4
IMO
4
BRN
2
SPA
2
OSC
2
IST
3
ZHU
6
DUB
4
BHR
Ret
3位 71
2006年 ビータフォン・レーシングチーム GT1 SIL
1
BRN
4
OSC
1
SPA
1
LEC
7
DIJ
5
MUG
2
HUN
5
ADR
2
DUB
7
1位 71
2007年 スクーデリア・プレイチーム・サラフリー GT1 ZHU
Ret
SIL
5
BUC
1
MNZ
8
OSC
2
SPA
5
ADR
2
BRN
4
NOG
6
ZOL
8
5位 51
2008年 ビータフォン・レーシングチーム GT1 SIL
2
MNZ
5
ADR
2
OSC
5
SPA
1
BUC1
3
BUC2
3
BRN
6
NOG
6
ZOL
1
SUN
5
1位 70
2009年 GT1 SIL
2
ADR
1
OSC
2
SPA
4
HUN
1
ALG
5
LEC
5
ZOL
3
1位 55

FIA GT1世界選手権

編集
チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2010年 ビータフォン・レーシングチーム マセラティ・MC12 GT1 ABU
QR

3
ABU
CR

4
SIL
QR

3
SIL
CR

7
BRN
QR

1
BRN
CR

5
PRI
QR

1
PRI
CR

1
SPA
QR

Ret
SPA
CR

7
NÜR
QR

10
NÜR
CR

6
ALG
QR

2
ALG
CR

1
NAV
QR

7
NAV
CR

6
INT
QR

8
INT
CR

9
SAN
QR

12
SAN
CR

7
1位 138

GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ・スプリントカップ

編集
チーム 車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2019年 AFコルセ フェラーリ・488 GT3 Pro-Am BRH
1

Ret
BRH
2

Ret
MIS
1

11
MIS
2

21
ZAN
1

20
ZAN
2

19
NÜR
1

23
NÜR
2

19
HUN
1

23
HUN
2

26
4位 96
2020年 Pro-Am MIS
1

13
MIS
2

13
MIS
3

13
MAG
1

18
MAG
2

15
ZAN
1

16
ZAN
2

13
CAT
1

16
CAT
2

15
CAT
3

12
2位 117.5
2021年 フェラーリ・488 GT3 Evo Pro-Am MAG
1

18
MAG
2

19
ZAN
1

21
ZAN
2

22
MIS
1

MIS
2

BRH
1

BRH
2

VAL
1

VAL
2

2位* 47.5*

スパ・フランコルシャン24時間レース

編集
スパ24時間レース 結果
チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
2002年   JMBレーシング   アンドレア・モンテルミーニ
  クリスチャン・ペスカトリ
  アンドレア・ガバグナティ
フェラーリ・360モデナ N-GT N-GT 514 4位 2位
2003年   クリスチャン・ペスカトリ
  デビッド・テリエン
N-GT 96 DNF DNF
2004年   G.P.C. ギース・スクアドラ   ファブリツィオ・デ・シモーネ
  クリスチャン・ペスカトリ
N-GT 7 DNF DNF
2005年   JMBレーシング   カール・ヴェンドリンガー
  フィリップ・ピーター
マセラティ・MC12 GT1 GT1 574 2位 2位
2006年   ビータフォン・レーシング   ミハエル・バルテルス
  エリック・ヴァン・デ・ポール
GT1 589 1位 1位
2007年   スクーデリア・プレイチーム・サラフリー   アレッサンドロ・ピエール・グイディ
  アンドレア・ピッチーニ
  ファブリツィオ・デ・シモーネ
GT1 527 5位 5位
2008年   ビータフォン・レーシング   ミハエル・バルテルス
  エリック・ヴァン・デ・ポール
  ステファン・サラザン
GT1 577 1位 1位
2009年   ミハエル・バルテルス
  ステファン・サラザン
  アレクサンドル・ネグラオ
GT1 489 16位 4位
2011年   Vita4 One・レーシングチーム   ミハエル・バルテルス
  ニック・ホマーソン
  ルイス・マシエルス
フェラーリ・458イタリア GT3 GT3
Pro-Am
401 DSQ DSQ
2012年   AFコルセ   アレッサンドロ・ピエール・グイディ
  ニック・ホマーソン
  ルイ・マシエルス
GT3
Pro-Am
502 5位 1位
2013年   マルコ・チオッチ
  ニック・ホマーソン
  ルイ・マシエルス
Pro-Am 445 32位 13位
2014年   マルコ・チオッチ
  ニック・ホマーソン
  ルイ・マシエルス
Pro-Am 520 6位 1位
2017年   スピリット・オブ・レース   ロリー・ブッチャー
  ニック・ホマーソン
  ルイ・マシエルス
フェラーリ・488 GT3 Pro-Am 242 DNF DNF
2018年   AFコルセ   マルコ・チオッチ
  ニック・ホマーソン
  ルイ・マシエルス
Pro-Am 499 26位 5位
2019年   トニ・バイランダー
  ニック・ホマーソン
  ルイ・マシエルス
Pro-Am 186 DNF DNF
2020年   ダニエル・セラ
  ニック・ホマーソン
  ルイ・マシエルス
Pro-Am 380 DNF DNF
2021年   アレッシオ・ロヴェラ
  ジョン・ワルティーク
  ルイ・マシエルス
フェラーリ・488 GT3 Evo Pro-Am 549 17位 2位

スポーツカー

編集

FIA 世界耐久選手権

編集
チーム 車両 エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2012年 AFコルセ フェラーリ・458イタリア GT2 フェラーリ・F142 4.5L V8 LMGTE Pro SEB
1
SPA
4
LMS
4
SIL
Ret
SÃO
4
BHR
4
FUJ
4
SHA
3
1位† 168†
2013年 JMWモータースポーツ LMGTE Pro SIL SPA LMS
10
SÃO COA FUJ SHA BHR NC‡ 0‡
2014年 AFコルセ LMGTE Am SIL SPA
5
COA
6
FUJ
Ret
SHA BHR
2
SÃO
3
11位 51
SMPレーシング LMS
Ret
NC‡ 0‡
2015年 LMGTE Am SIL
3
SPA
3
LMS
1
NÜR
1
COA
1
FUJ
6
SHA
3
BHR
5
1位 165
2016年 AFコルセ フェラーリ・488 GTE フェラーリ・F154CB 3.9L Turbo V8 LMGTE Pro SIL SPA LMS
Ret
NÜR MEX COA FUJ SHA BHR NC 0
  • 太字ポールポジション斜字ファステストラップ。(key)
  • : そのシーズンはドライバーズ選手権が懸けられていなかったので、替わりにLMGTE Proトロフィの順位を載せる。
  • : ベルトリーニはゲストドライバーだったため、チャンピオンシップポイントを獲得する資格がありませんでした。

ウェザーテック・スポーツカー選手権

編集
チーム 車両 エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2014年 クローン・レーシング フェラーリ・458イタリア GT2 フェラーリ・F142 4.5L V8 GTLM DAY
7
SEB
4
LBH LGA WGL MOS IMS ELK VIR COA PET
9
21位 77
2015年 スクーデリア・コルサ フェラーリ・458イタリア GT3 GTD DAY
14†
59位 1
リシ・コンペティツィオーネ フェラーリ・458イタリア GT2 GTLM SEB
2
LBH LGA WGL MOS ELK VIR COA PET 22位 33
2016年 SMPレーシング フェラーリ・488 GTE フェラーリ・F154CB 3.9L Turbo V8 GTLM DAY
10
17位 71
スクーデリア・コルサ SEB
7
LBH LGA WGL MOS LIM ELK VIR COA PET
8
2018年 リシ・コンペティツィオーネ GTLM DAY SEB LBH MDO WGL MOS LIM ELK VIR LGA PET
9
25位 22
2019年 ヴィア・イタリア・レーシング フェラーリ・488 GT3 GTD DAY
8
SEB MDO DET WGL MOS LIM ELK VIR LGA PET 51位 23

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ

編集
チーム 車両 エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
2017年 スピリット・オブ・レース フェラーリ・488 GTE フェラーリ・F154CB 3.9L Turbo V8 LMGTE SIL
6
MNZ
4
RBR
4
LEC
4
SPA
1
ALG
Ret
6位 70
2018年 クローン・レーシング LMGTE LEC
4
MNZ
6
RBR
5
SIL
6
SPA
Ret
ALG
5
8位 48

ル・マン24時間レース

編集
ル・マン24時間レース 結果
チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
2012年   AFコルセ   オリビエ・ベレッタ
  マルコ・チオッチ
フェラーリ・458イタリア GT2 GTE
Pro
326 22位 4位
2013年   JMWモータースポーツ   アブドルアジズ・アル・ファイサル
  ハリド・アル・クバイシ
GTE
Pro
300 34位 10位
2014年   SMPレーシング   ヴィクトル・シャイタル
  アレクセイ・バソフ
GTE
Am
196 DNF DNF
2015年   ヴィクトル・シャイタル
  アレクセイ・バソフ
GTE
Am
332 20位 1位
2016年   AFコルセ   サム・バード
  ダビデ・リゴン
フェラーリ・488 GTE GTE
Pro
143 DNF DNF
2017年   DHレーシング   ニクラス・ヨンソン
  トレイシー・クローン
GTE
Am
320 42位 13位
2018年   ユーラシア・モータースポーツ   ニクラス・ヨンソン
  トレイシー・クローン
リジェ・JS P217-ギブソン LMP2 334 NC NC

脚注

編集
  1. ^ a b Andrea Bertolini”. Vitaphone Racing. 2007年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月28日閲覧。
  2. ^ a b FIA GT Driver Bio”. FIA GT. 2006年10月28日閲覧。
  3. ^ FIA GT Standings 2004”. Maserati Corse. 2006年10月28日閲覧。
  4. ^ FIA GT Standings 2005”. Maserati Corse. 2006年10月28日閲覧。
  5. ^ Unlucky Race for MC12 at Laguna Seca”. Maserati Corse. 2006年10月25日閲覧。
  6. ^ FIA GT Standings 2006”. Maserati Corse. 2006年10月28日閲覧。
  7. ^ Jonathan Noble (2009年12月23日). “Ferrari unveils new simulator”. Autosport. http://www.autosport.com/news/report.php/id/80649