メインメニューを開く

アンドレイ・ハラモフAndrey KhramovАндрей Михайлович Храмов1981年1月17日 - )は、バシキール自治ソビエト社会主義共和国で生まれたロシアのオリエンテーリング選手。2005年、愛知で開かれた世界選手権(WOC)のロング種目で優勝してから2010年までに6回ほど世界選手権で勝利を収めている。

獲得メダル

WOC2007にて
ロシアの旗 ロシア
オリエンテーリング男子
世界選手権
2005 愛知 ロング
2006 オーフス リレー
2007 キエフ リレー
2008 オロモウツ スプリント
2009 ミシュコルツ スプリント
2010 トロンハイム リレー
2004 ヴェステロース リレー
2007 キエフ ロング
2008 オロモウツ リレー
2006 オーフス ロング
ワールドゲームズ
2009 高雄 スプリント
2009 高雄 リレー
2009 高雄 ミドル
ワールドカップ
2005 総合
2004 総合
ヨーロッパ選手権
2008 ヴェンツピルス リレー
2004 ロスキレ スプリント
2006 ヴァルガ スプリント
2008 ヴェンツピルス スプリント
ジュニア世界選手権
1999 ヴァルナ ロング
2001 ミシュコルツ ロング

ジュニア時代編集

アンドレイ・ハラモフは1981年バシキールにて父Michaelと母Raisaの間に生まれた。父Michaelは学校の校長をしており、代数学と幾何学を教えていた。ハラモフが世界に名を轟かせたのは1999年ブルガリアヴァルナで開かれたジュニア世界選手権(JWOC)である。ハラモフはロング種目で優勝すると、2001年ハンガリーミシュコルツで開かれたJWOCでもやはりロング種目で連覇を達成した。

業績編集

ハラモフがシニア選手として初めて世界の舞台に登場したのは2003年のWOC(於スイスラッパースヴィル・ヨナ)であり、スプリント種目に出場して16位という成績を収めた。その1年後、2004年にはデンマークロスキレで開かれたヨーロッパ選手権(EOC)においてスプリント種目で準優勝という好成績を残し、また同年のワールドカップ(WC)でも総合2位、WOCのリレー種目でもロシアを準優勝へと導いた。2005年には前述のとおりついにWOCのロング種目で優勝、初の世界タイトルを獲得し、WCでも総合優勝を収めた。以降WOCでは2006,2007,2010年にチームメイトのバレンティン・ノビコフらとともにリレー種目で、2008,2009年にスプリント種目で優勝している。つまり2005年以降毎年WOCで金メダルを獲得していたことになるが、その記録は2011年フランスサヴォワのテクニカルな地形の前で途絶えた。ワールドゲームズ(WG)には2009年(台湾高雄)に出場。ミドルではダニエル・フブマンに敗れ3位、スプリントでは逆にフブマンを破り優勝している。また混成リレーでも同じくロシアのドミトリー・ツヴェトコフらとともにフィンランドやノルウェーを抑えて優勝を果たした。

人物編集

現在はクラスノダールに居住している。既婚者であり、子供が1人いる。学問は交通科学を修めている。ロシア国内ではロストフ・ナ・ドヌのクラブに所属し、またフィンランドのクラブHiisirastiにも所属。陸上競技者としての顔も有し、5000mのベストタイムは14分5秒。

参考文献編集

外部リンク編集