メインメニューを開く

アンドレイ・パベルAndrei Pavel, 1974年1月27日 - )は、ルーマニアコンスタンツァ出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス3勝、ダブルス6勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス13位、ダブルス18位。身長182cm、体重86kg、右利き。

アンドレイ・パベル
Andrei Pavel
Tennis pictogram.svg
Andrei Pavel crop.jpg
アンドレイ・パベル
基本情報
国籍  ルーマニア
出身地 同・コンスタンツァ
生年月日 (1974-01-27) 1974年1月27日(45歳)
身長 182cm
体重 86kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1990年
引退年 2009年
ツアー通算 9勝
シングルス 3勝
ダブルス 6勝
生涯通算成績 419勝402敗
シングルス 277勝266敗
ダブルス 142勝136敗
生涯獲得賞金 $5,225,028
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(1999・2004)
全仏 ベスト8(2002)
全英 3回戦(2000・02)
全米 4回戦(2000・04)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2005)
全仏 ベスト4(2006)
全英 3回戦(2004・07・09)
全米 2回戦(2004・07)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 13位(2004年10月25日)
ダブルス 18位(2007年4月30日)

経歴編集

アンドレイ・パベルは1991年に男子テニス国別対抗戦デビスカップルーマニア代表選手に初選出され、1992年全仏オープン男子ジュニア部門で優勝した。1994年以後デビスカップに連続出場を続け、これまでにチーム歴代3位の40勝22敗(シングルス32勝15敗、ダブルス8勝7敗)を記録している。パベルのツアー初優勝は、1998年4月のジャパン・オープン・テニス選手権である。決勝でバイロン・ブラックを6-3, 6-4で破り、初めてのシングルスのタイトルを日本で獲得した。4大大会で初めての好成績は、1999年全豪オープン4回戦進出である。2000年全米オープンでも初の4回戦に進出した。2001年カナダ・マスターズで、パベルはパトリック・ラフターを7-6, 2-6, 6-3で破って優勝したが、これが最後の優勝となり、その後は4度の決勝で敗れている。

2002年全仏オープンで、パベルはアレックス・コレチャとの準々決勝まで勝ち進み、4大大会の自己最高成績を出した。2004年全豪オープン全米オープンの2大会で4回戦進出を記録し、同年10月25付で世界ランキングを自己最高の13位となった。全豪オープン4回戦では第3シードのフアン・カルロス・フェレーロに競り負け、全米オープンでは第1シードのロジャー・フェデラーとの4回戦を棄権した。デビスカップ2005では好成績を出し、デビスカップルーマニア代表はワールドグループ1回戦でベラルーシを破り、クロアチアとの準々決勝に進んだ。2006年はダブルスで年間3勝を挙げ、全仏オープン男子ダブルスでアレクサンダー・ワスケとペアを組んで準決勝に進出している。全米オープンシングルス1回戦で、パベルはこの大会を最後に現役引退することになったアンドレ・アガシと対戦し、第1セットから第3セットまでタイブレークにもつれこみ、パベルは第1セットを先取するも6-7, 6-7, 2-6でアガシに敗れた。

パベルは1992年バルセロナ五輪から2004年アテネ五輪まで、4大会連続でオリンピックに出場している。シングルス・ダブルスとも全て初戦で敗退し、勝利を挙げることは出来なかった。

パベルは2009年に35歳で現役を引退した。引退した2009年からデビスカップルーマニア代表監督に就任し、2011年にはエレナ・ヤンコビッチのコーチを務めるなど、指導者として活動している。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 9回 (3勝6敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (1-1)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-0)
ATPインターナショナルシリーズ (1–5)
サーフェス別タイトル
ハード (2-0)
クレー (1-4)
芝 (0-1)
カーペット (0-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1998年4月13日   東京 ハード   バイロン・ブラック 6–3, 6–4
準優勝 1. 1999年4月26日   ミュンヘン クレー   フランコ・スキラーリ 4–6, 3–6
準優勝 2. 1999年6月14日   スヘルトーヘンボス   パトリック・ラフター 6–3, 6–7, 4–6
優勝 2. 2000年5月22日   ザンクト・ペルテン クレー   アンドリュー・イリー 7–5, 3–6, 6–2
優勝 3. 2001年7月30日   モントリオール ハード   パトリック・ラフター 7–6, 2–6, 6–3
準優勝 3. 2003年10月27日   パリ カーペット (室内)   ティム・ヘンマン 2–6, 6–7, 6–7
準優勝 4. 2005年4月25日   ミュンヘン クレー   ダビド・ナルバンディアン 4–6, 1–6
準優勝 5. 2006年5月22日   ペルチャッハ クレー   ニコライ・ダビデンコ 0–6, 3–6
準優勝 6. 2007年7月23日   ウマグ クレー   カルロス・モヤ 4–6, 2–6

ダブルス: 11回 (6勝5敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1998年9月21日   ブカレスト クレー   ガブリエル・トリフ   ジョルジェ・コサック
  ディヌ・ペスカリウ
7–6(2), 7–6(4)
準優勝 1. 1999年2月14日   サンクトペテルブルク カーペット (室内)   メノ・オースティング   ジェフ・タランゴ
  ダニエル・バチェク
6–3, 3–6, 5–7
準優勝 2. 2005年1月10日   ドーハ ハード   ミハイル・ユージニー   アルベルト・コスタ
  ラファエル・ナダル
3–6, 6–4, 3–6
優勝 2. 2005年7月31日   キッツビュール クレー   レオシュ・フリエドル   クリストフ・ロクス
  オリビエ・ロクス
6–2, 6–7(5), 6–0
準優勝 3. 2005年9月18日   ブカレスト クレー   ビクトル・ハネスク   ホセ・アカスソ
  セバスティアン・プリエト
3–6, 6–4, 3–6
優勝 3. 2006年1月15日   オークランド ハード   ロヒール・ワッセン   シーモン・アスペリン
  トッド・ペリー
6–3, 5–7, [10–4]
優勝 4. 2006年5月7日   ミュンヘン クレー   アレクサンダー・ワスケ   アレクサンダー・ペヤ
  ビョルン・ファウ
6–4, 6–2
優勝 5. 2006年7月16日   グシュタード クレー   イジー・ノバク   マルコ・チウディネリ
  ジャン=クロード・シェラー
6–3, 6–1
準優勝 4. 2007年2月25日   ロッテルダム ハード (室内)   アレクサンダー・ワスケ   マルティン・ダム
  リーンダー・パエス
3–6, 7–6(5), [7–10]
優勝 6. 2007年4月29日   バルセロナ クレー   アレクサンダー・ワスケ   ラファエル・ナダル
  バルトロメ・サルバ=ビダル
6–3, 7–6(1)
準優勝 5. 2009年5月23日   キッツビュール クレー   ホリア・テカウ   マルセロ・メロ
  アンドレ・サ
7–6(9), 2–6, [7–10]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績
全豪オープン A A LQ 1R A 4R A 2R 3R 1R 4R 2R 2R LQ 1R 1R 11–10
全仏オープン A A A 2R A 1R 1R 1R QF A 2R 1R 1R LQ A 1R 6–9
ウィンブルドン LQ A LQ 2R 1R 1R 3R 1R 3R A 2R 2R 2R 2R A 1R 9–11
全米オープン LQ A 1R 1R 1R 1R 4R 2R 1R A 4R 1R 1R 2R A 1R 8–11

: 2004年全米4回戦の不戦敗は通算成績に含まない

外部リンク編集