アンドレヤン・ザハーロフ

Shukin-Zaharov.jpg

アンドレヤン・ドミートリエヴィチ・ザハーロフ(Андреян Дмитриевич Захаров、Andreyan Zakharov、1761年8月19日 - 1811年9月8日)は、ロシア建築家。また、建築批評家。建築評論家

芸術アカデミー出身。1782年から1786年までパリで研修し、ニコラ・ルドゥーの作品に影響を受ける。帰国後は芸術アカデミーで終身まで教鞭をとる。そのかたわらで、数多くサンクトペテルブルク市街の都市計画に関与している。

代表作は海軍省庁舎、シベリア幼年学校・現在のフルンゼ総合兵科専門学校、クロンシュタット・アンドレーエフスキー聖堂、海洋群病院周辺の建造物群、などがある。

関連項目編集

参考文献編集

  • ロシア建築三つの旅 [ユーラシア・ブックレット] (No.61) 浜野アーラ著 浜野道博訳 東洋書店 2004.6
  • 零の形態 [叢書・二十世紀ロシア文化史再考] マレーヴィチ/著 宇佐見多佳子/訳 水声社 2000.11
  • ロシアの木造建築-民家・付属小屋・橋・風車 A・B・オポローヴニコフ 井上書院 1986
  • 壊れかた指南/筒井康隆 文藝春秋 2006
  • 世界の歴史 11 井上浩一 中央公論新社 1998