メインメニューを開く

アンドレ・アイェウ

ガーナのサッカー選手

アンドレ・モルガン・ラミ・アイェウAndré Morgan Rami Ayew, 1989年12月17日 - )は、フランスノール県スクラン出身のガーナ人サッカー選手スュペル・リグフェネルバフチェSK所属。ガーナ代表。ポジションはフォワード

アンドレ・アイェウ Football pictogram.svg
20150331 Mali vs Ghana 170.jpg
ガーナ代表でのアイェウ (2015年)
名前
本名 アンドレ・モルガン・ラミ・アイェウ
André Morgan Rami Ayew
愛称 デデ(Dede)
ラテン文字 André Ayew
基本情報
国籍  ガーナ
フランスの旗 フランス
生年月日 (1989-12-17) 1989年12月17日(29歳)
出身地 フランスの旗 スクラン
身長 176cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗 フェネルバフチェSK
ポジション FW (WG)
背番号 20
利き足 左足
ユース
1999-2005 ガーナの旗 ナニア
2005-2007 フランスの旗 マルセイユ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2015 フランスの旗 マルセイユ 160 (44)
2008-2009 フランスの旗 ロリアン (loan) 22 (3)
2009-2010 フランスの旗 アルル=アヴィニョン (loan) 25 (4)
2015-2016 ウェールズの旗 スウォンジー・シティ 34 (12)
2016-2018 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド 43 (9)
2018- ウェールズの旗 スウォンジー・シティ 12 (0)
2018-2019 トルコの旗 フェネルバフチェ (loan) 29 (5)
代表歴2
2009  ガーナ U-20 12 (4)
2007- ガーナの旗 ガーナ 80 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月9日現在。
2. 2019年6月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレ・アユーと表記されることがある。

目次

経歴編集

クラブ編集

 
アルルでプレーするアイェウ

2005年にオリンピック・マルセイユのユースに加入した。2008-09シーズンはリーグ・アンFCロリアンにローン移籍した。

2009-10シーズンはマルセイユの新監督に就任したディディエ・デシャンの構想から外れ、ヘルタ・ベルリン等でトライアルを受けるも、最終的にはリーグ・ドゥに昇格したばかりのACアルル=アヴィニョンに移籍期間終了直前にローン移籍した。

2010年夏にマルセイユに復帰。南アフリカW杯の好調を維持し、ハットトリックを含むシーズン11ゴールを挙げ、主力に定着した。

2011-12シーズンは低迷するチームと共に、アイェウ本人も肩に問題を抱えるなどして、調子を落とした。結局シーズン終盤に手術を受けることになり離脱。しかし、CLでは決勝トーナメント進出が掛かった最終節のボルシア・ドルトムント戦で、後半に貴重な同点ゴールを挙げる。決勝トーナメント一回戦のインテル・ミラノ戦では、1stレグの後半ロスタイムにマテュー・ヴァルブエナのCKを頭で合わせて、1-0での勝利の立役者となった。また、この2011年にはディディエ・ドログバヤヤ・トゥーレを抑え、BBCが選ぶアフリカ年間最優秀選手にも選出された。

マルセイユとの契約満了に伴い、2015年6月10日、スウォンジー・シティAFCに加入した[1]。デビュー戦となったチェルシー戦ですぐにゴールを決めると[2]、デビューから4試合で3ゴールを決め、2015年8月のプレミアリーグ最優秀選手に選ばれた[3]。2015-16シーズンはリーグ戦12得点の活躍を見せた。

2016年8月8日、ウェストハム・ユナイテッドFCへ3年契約での移籍が発表された[4]

2018年1月31日、スウォンジー・シティAFCのクラブ史上最高額の移籍金で復帰し、3年半契約を締結した[5]

2018年7月25日、フェネルバフチェSKに1年間のレンタルで移籍した[6]

代表編集

フランスの世代別代表に収集された経験もあるが、2007年にガーナ代表の招集に応じ、8月21日のセネガル戦でデビュー。アフリカネイションズカップ2008のメンバーにも選ばれた。

2009年にはU-20ガーナ代表のキャプテンとしてアフリカユース選手権U-20ワールドカップで優勝した。

2010年1月19日のアフリカネイションズカップブルキナファソ戦で、チームを決勝トーナメント進出に導く決勝点となる代表初ゴールを記録した。決勝でエジプト代表に敗れるも自身はベスト11でサブメンバーに選出された。

FIFAワールドカップ・南アフリカ大会では本大会のメンバーに登録され、若手が多いフレッシュなチームでレギュラーとして活躍し、若手最優秀選手賞にもノミネートされた。

アフリカネイションズカップ2012ではグループリーグ第2戦のマリ戦で得点を挙げると、準々決勝のチュニジア戦では延長101分に決勝点を挙げ、勝利に貢献した。

プレースタイル・人物編集

得点感覚に優れ、鋭い感性でゴールを狙う、スピードとパワーを兼備したオールラウンダー[7]

父親は1990年代前半のマルセイユの中心選手でガーナ代表でも長く活躍したアベディ・ペレである。また、兄のイブラヒム・アイェウ、弟のジョルダン・アイェウもガーナ代表のワールドカップメンバーに選出されたことのあるプロサッカー選手であり、叔父のクワメ・アイェウ英語版もガーナ代表経験のある元プロサッカー選手である。

タイトル編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ A・アイェウがスウォンジーに加入 4年契約で新天地へ Goal、2015年6月11日
  2. ^ “BBC Sport - Chelsea 2–2 Swansea City”. BBC Sport. (2015年8月8日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/33744668 
  3. ^ “Andre Ayew & Manuel Pellegrini win Premier League awards”. BBC Sport. (2015年9月11日). http://www.bbc.com/sport/0/football/34216391 2015年9月11日閲覧。 
  4. ^ “Ayew becomes Club-record signing”. West Ham United F.C.. (2016年8月8日). http://www.whufc.com/News/Articles/2016/August/8-August/Ayew-becomes-Club-record-signing 
  5. ^ “SWANS SEAL AYEW SIGNING”. Official Website of the Swans. (2018年1月31日). https://www.swanseacity.com/news/swans-seal-ayew-signing 
  6. ^ BİLGİLENDİRME”. fenerbahce (2018年7月25日). 2018年7月26日閲覧。
  7. ^ 『10-11 世界サッカー選手名鑑』学研パブリッシング、2010年、104頁。ISBN 978-4-05-606112-3

外部リンク編集