メインメニューを開く

アンドレ・ゼレール

アンドレ・ゼレール(André Zeller, 1898年1月1日 - 1979年9月18日)はフランスブザンソン生まれの陸軍軍人で、将軍達の反乱の首謀者の一人。

アンドレ・ゼレール
André Zeller
生誕 1898年1月1日
フランスの旗 フランス共和国ドゥー県 ブザンソン
死没 (1979-09-18) 1979年9月18日(81歳没)
フランスの旗 フランスパリ
所属組織 フランスの旗フランス陸軍
軍歴 1915 - 1959
最終階級 陸軍大将
除隊後 OAS
テンプレートを表示

1915年第一次世界大戦中にフランス陸軍に志願する。その後は砲兵及び兵站将校として順調に出世する。第二次世界大戦は、当初ロンドンにいたが、対ドイツ戦時にベルギーに渡る。ブリュージュにて停戦を迎えて、後にフランスへ戻りヴィシー政権軍の輸送部隊司令官としてアルジェに着任。1943年チュニジアに、その後イタリア戦線に参加。1946年少将1950年中将となり師団長に就任。翌1951年にはレンヌに本部を置く第3軍司令官に就任する。

1955年に陸軍参謀総長に就任。1956年2月、アルジェリア戦争における補給品供給の遅延に対して抗議の為、辞任する。1958年アルジェ動乱の際に召還され、そのまま1959年に退役するまで陸軍の主要なポストを歴任する。

ド・ゴール民族自決政策を覆す為、将軍達の反乱に参加、反乱軍を組織化する。しかし、叛乱は失敗に終わり、逃亡するも後に逮捕される。高等軍事裁判所において、禁固15年の判決が下るも、1966年恩赦となる。1974年、名誉回復。1979年パリにて亡くなる。