アンドレ・パトリー

発見した小惑星: 9
エスクランゴナ 1938年12月21日
シャルロワ 1939年2月22日
ペロタン 1936年11月15日
アンリ 1938年1月28日
ボレリー 1940年10月29日
ジャコビニ 1937年12月24日
ショーマス 1936年11月15日
キロパイ 1937年1月9日
SAF 1940年11月24日

アンドレ・パトリー(André Patry、1902年11月22日 - 1960年6月20日)は、フランス天文学者である。

パトリーは幼い頃に孤児になり、17歳の時にニース天文台で働き始めた。彼は小惑星を研究し、いくつかを自身で発見した[1]ルイ・ボワイエが1942年5月18日に発見した小惑星には、彼の功績をたたえてパトリーと名付けられた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Minor Planet Discoverers”. MPC. 2021年7月24日閲覧。
  2. ^ (1601) Patry = 1922 KB = 1942 KA = 1942 KC = 1945 FA = 1949 OG = 1955 DL”. MPC. 2021年7月24日閲覧。

死亡記事編集