アンドレ・S・ラバルト

アンドレ・S・ラバルト(André S. Labarthe, 本名:アンドレ・シルヴァン・ラバルト (André-Sylvain Labarthe)、1931年12月18日 オロロン=サント=マリー - 2018年3月5日)は、フランス批評家映画プロデューサー映画監督脚本家俳優である。伝説的テレビドキュメンタリー『われらの時代のシネアストたち』のプロデューサー、監督として知られる。

André S. Labarthe
アンドレ・S・ラバルト
アンドレ・S・ラバルト
2008年撮影
本名 アンドレ=シルヴァン・ラバルト
(André-Sylvain Labarthe)
生年月日 (1931-12-18) 1931年12月18日
没年月日 (2018-03-05) 2018年3月5日(86歳没)
出生地 フランスの旗 フランス共和国ピレネー=アトランティック県オロロン=サント=マリー
死没地 フランスの旗 フランス共和国パリ
職業 批評家映画プロデューサー映画監督脚本家俳優
活動期間 1950年代 -
主な作品
われらの時代のシネアストたち
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1931年12月18日、フランス・ピレネー=アトランティック県オロロン=サント=マリーで生まれる。

1950年代に映画批評家としてのキャリアを開始した。上映会でアンドレ・バザンと出逢い、1951年にバザンが共同設立した雑誌『カイエ・デュ・シネマ』の編集に参加するよう頼んだ。自らの語るところによると、自分は、すでに同誌の一部となっていたジャック・リヴェットあるいはフランソワ・トリュフォーのようには、映画的な知識も第七芸術に対する溢れる情熱も持っていはいなかった。彼の批評的な視線はただ、彼を仲間入れることをアンドレ・バザンに決意させた。

ラバルト固有のヴィジョンは、『カイエ』誌の批評的位置づけに効果的に多大な貢献をしていく。共同編集・執筆者たちと同様に、ジャン・ルノワールハワード・ホークスジョン・フォードといった一定の映画作家たちに対する同様の賞賛を共有した。また、立ち現れる映画にもたいへんな注意を向け、ヌーヴェルヴァーグ、そしてジョン・カサヴェテスシャーリー・クラークといったアメリカの新しい独立系映画作家たちのプロモーションに参加した。この件についての彼の準備は、同僚のいくつかの意見にときおり反対して、イタリアの若い映画を擁護するためにそれをもってくることもあった。

1964年、『われらの時代のシネアストたち Cinéastes de notre temps』シリーズを開始する。同シリーズは、ジャニーヌ・バザンとの共同プロデュースであり、ラバルト自身もいくつかの作品を演出した。40年以上にもわたってつづいた同シリーズは、有名なシネアストたちについての52分間の肖像を構成した。第一作はルイス・ブニュエルに捧げられ、ラバルトはブニュエルに密着し、批評の範囲内で再認識させることに多大な貢献をした。同シリーズはテレビを通じて放映され、『カイエ』誌の批評的ヴィジョンと、映画史の彼のレクチャーはさらに定着した。

ラバルトのドキュメンタリーの足どりは反スペクタクル的である。スクープを探したりせず、演出は純化し、簡単な解説さえ不在であった。ドキュメンタリーシリーズ『われらの時代のシネアストたち』は、演出家の世界を転写し、インタヴュアの存在を忘れさせるように誘う。1980年代に同シリーズは中断する。アルテARTE)に局を移り、1990年代の初めに、『映画、われらの時代の Cinéma, de notre temps』の名のもとに再スタートする。このタイトルの変更は、シリーズの連続性と新しい時代の誕生、現在ののみならずときの間にすでに亡くなっている映画に撮られた複数の映画作家たちにおける、この断裂に注意をする作家の意志に結びついている。

同シリーズの休止の期間、ラバルトが非活動的なままいたわけではない。『Cinéma, cinémas』と『Égale cinéma』という放送を共同作業をした。そこでは彼の好きなシネアストたちについての違った主題を演出した。コレオグラファーウィリアム・フォーサイスについてのドキュメンタリー『William Forsythe au travail』も演出し、そこでは『われらの時代のシネアストたち』とおなじ原則を採用した。

ラバルトは、すべての以前にひとりの映画批評家でありつづけた。記事のなかにあってもカメラの後ろにあっても彼は職業をつらぬいた。それはつねに、分析の精神であり、パースペクティヴの設定である。

ジャン=リュック・ゴダールの盟友である。ゴダールの長篇デビュー作『勝手にしやがれ』や『女と男のいる舗道』など初期作品、最近でも『新ドイツ零年』や『JLG/自画像』に出演しているほか、ジャン=ピエール・リモザンなど若手監督の映画、無名監督の短篇に主演するなど、映画の出演歴が華々しく、すでに「批評家の余芸」の域は超えている。

2018年3月5日、パリにて死去。86歳没[1]

引用編集

効果をかなり修正しながら、対話装置の範囲でカメラを導入すること。紙への転写を除去したすべてのもの。沈黙、視線、笑い、身振り、声の抑揚。句読点をつけたり観念の表現に色づけするすべてのもの、そして、ときおり同様に、汚染されたもの、そのすべて。カメラが最初の計画へ戻り、材料を構成することで終わる。そこで演出家は、利益を取らなければならない。アルトーが言うように、演出家が、登録された単純な器官でありつづけることに満足したくないのならば。

装置は、運を捉えたりこの些細な細部を固定するためのより秩序だてる機械ではない。この細部は、とるに足らないか、奇妙であるか、逸話的であるか、たんに愚かであることに気づくことができるだろうが、しかしそれはできあがろうとする映画同様、一連の布なのである。根底において、敵はなんなのかといえば、意図するということなのだ。私にとっては、演出(mise en scène)とは、意図の軌跡をすべて転倒させることを許すことなのだ。私が同意する、偶然、運、実験といった概念の価値を比べてみてください。これらは、途方もなく私の興味を引くもので、映画のもつ自然へと反射を起こすもののなかにあるのだ。

— アンドレ・ラバルト、『Entretien avec André S. Labarthe』、パリ、2005年1月29日[2]

フィルモグラフィ編集

監督編集

1960年代 - 1970年代編集

1980年代 -編集

脚本編集

出演編集

関連事項編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ “HOMMAGE À ANDRÉ S. LABARTHE” (フランス語). Cinematheque. (2018年3月6日). http://www.cinematheque.fr/article/1190.html 2018年3月6日閲覧。 
  2. ^ Entretien avec André S. Labarthe』、監督Luc Lagier、パリ、2005年1月29日。

外部リンク編集