アンドロメダ座イータ星

アンドロメダ座η星(アンドロメダざイータせい、Eta And, η Andromedae, η And)はアンドロメダ座の方向にある分光連星。この連星は115.7日の周期で回る二つのG型準巨星または巨星から成り、全体の視等級はおよそ4.42である[1][2]

アンドロメダ座η星
η Andromedae
星座 アンドロメダ座
視等級 (V) 4.42[1]
分類 G型巨星
(またはG型準巨星)
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  00h 57m 12.4001825s[1]
赤緯 (Dec, δ) +23° 25′ 03.535627″[1]
視線速度 (Rv) −10.30 ± 0.29 km/s (主星)[1]
固有運動 (μ) 赤経: −43.47 ミリ秒/毎年 (主星)[1]
赤緯: −45.73 ミリ秒/毎年 (主星)[1]
年周視差 (π) 14.20 ± 0.26ミリ秒(主星)[1]
(誤差1.8%)
距離 230 ± 4 光年[注 1]
(70 ± 1 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 0.52 ± 0.06 (主星)[2]
1.07 ± 0.07 (伴星)[2]
Andromeda constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 10.37 ± 0.03 ミリ秒[2]
離心率 (e) 0.006 ± 0.002[2]
公転周期 (P) 115.72 ± 0.02 日[3]
軌道傾斜角 (i) 30.5 ± 0.4 °[2]
近点引数 (ω) 215 ± 7 °[2]
昇交点黄経 (Ω) 69.4 ± 0.6 °[2]
物理的性質
質量 2.6 ± 0.35 M (主星)[4]
2.3 ± 0.31 M (伴星)[4]
表面重力 2.8 (log g) (主星)[2]
3.0 (log g) (伴星)[2]
スペクトル分類 G8III-IV[2]
光度 65 ± 3 L (主星)[2]
39 ± 3 L(伴星)[2]
表面温度 4,900 K (主星)[2]
4900 K (伴星)[2]
色指数 (B-V) +0.94[5]
色指数 (U-B) +0.69[5]
色指数 (R-I) +0.48[5]
年齢 8億年 (主星)
別名称
別名称
アンドロメダ座38番星, BD+22°153, CCDM J00572+2325A, FK5 2060, GC 1136, HD 5516, HIP 4463, HR 271, IDS 00519+2253 A, PPM 90327, SAO 74388, WDS 00572+2325A/Aa.[1]
Template (ノート 解説) ■Project

歴史編集

 
赤丸で囲まれているのがアンドロメダ座η星。背景の左上にあるのはさんかく座銀河(M33)である。

アンドロメダ座η星は1899年から1900年のスペクトルの観測により分光連星であることが分かった[6]。この軌道は1946年、分光観測により計算された[7]。分光法では恒星の視線速度を示すのみなので全ての軌道要素を決定するわけではない。1990年から1992年の観測でアンドロメダ座η星はウィルソン山天文台のMark III Stellar Interferometerにより解像された。これにより軌道の計算が完了し1993年に公表された[2]

名称編集

中国ではアンドロメダ座η星を含むアステリズム奎宿(Kuí Sù)と言われ、アンドロメダ座η星のほか、うお座65番星アンドロメダ座ζ星アンドロメダ座ε星アンドロメダ座δ星アンドロメダ座π星アンドロメダ座ν星アンドロメダ座μ星アンドロメダ座β星うお座σ星うお座τ星うお座91番星うお座υ星うお座φ星うお座χ星うお座ψ1から成る。アンドロメダ座η星自体は奎宿一という[8]

三重星編集

アンドロメダ座η星は三重星であり上で述べた連星のほかに見かけの三重星を持っている。BD星表ではBD+22°153B、視等級は11.5、129.2秒離れている[9]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j "* eta And". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明) 2019年11月13日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p The spectroscopic binary eta Andromedae: Determination of the orbit by optical interferometry, C. A. Hummel et al., Astronomical Journal 106, #6 (December 1993), pp. 2486–2492, Bibcode1993AJ....106.2486H , doi:10.1086/116816.
  3. ^ Entry 00572+2325, Sixth Catalog of Orbits of Visual Binary Stars, United States Naval Observatory. Accessed on line August 27, 2008.
  4. ^ a b Table 2, Resolved double-lined spectroscopic binaries: A neglected source of hypothesis-free parallaxes and stellar masses, D. Pourbaix, Astronomy and Astrophysics Supplement 145 (August 2000), pp. 215–222, Bibcode2000A&AS..145..215P .
  5. ^ a b c HR 271, database entry, The Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed. (Preliminary Version), D. Hoffleit and W. H. Warren, Jr., CDS ID V/50. Accessed on line August 23, 2008.
  6. ^ A list of nine stars whose velocities in the line of sight are variable, W. W. Campbell and W. H. Wright, Astrophysical Journal 12 (November 1900), pp. 254–257, Bibcode1900ApJ....12..254C , doi:10.1086/140765.
  7. ^ The Spectroscopic Binary η Andromedae, Katherine C. Gordon, Astrophysical Journal 103 (January 1946), pp. 13–15, Bibcode1946ApJ...103...13G .
  8. ^ (中国語) AEEA (Activities of Exhibition and Education in Astronomy) 天文教育資訊網 2006 年 5 月 19 日
  9. ^ Entry 00572+2325, discoverer code FOX 116, components AB, The Washington Double Star Catalog Archived 2008-04-12 at the Wayback Machine., アメリカ海軍天文台[リンク切れ]

外部リンク編集

座標:   00h 57m 12.4000s, +23° 25′ 03.533″