アンドロメダ座パイ星

アンドロメダ座の連星

アンドロメダ座π星(アンドロメダざパイせい、π Andromedae、π And)は、アンドロメダ座にある連星である[9]視等級は4.4で、肉眼でもみることができる。地球からは、約550光年離れた場所にある[3]

アンドロメダ座π星
π Andromedae
アンドロメダ座π星
アンドロメダ座π星
星座 アンドロメダ座
視等級 (V) 4.36[1]
(4.93 / 5.33)[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  00h 36m 52.8512002443s[3]
赤緯 (Dec, δ) +33° 43′ 09.651135218″[3]
視線速度 (Rv) 8.2 km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: 14.774 ミリ秒/[3]
赤緯: -4.364 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 5.9390 ± 0.3628ミリ秒[3]
(誤差6.1%)
距離 550 ± 30 光年[注 1]
(170 ± 10 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -1.8[注 2]
Andromeda constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
アンドロメダ座π星の位置(丸印)
物理的性質
質量 5.8 / 4.8 M[4]
表面重力 13 G[5][注 3]
自転速度 25 km/s(主星)[6]
スペクトル分類 B5 V + B5 V[2]
光度 1,115.69 L[7]
表面温度 15,276 K[5]
色指数 (B-V) -0.123[8]
色指数 (V-I) -0.08[8]
金属量[Fe/H] -0.20(太陽比)[5]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 6.69 ミリ秒[4]
離心率 (e) 0.542[4]
公転周期 (P) 143.53 [4]
軌道傾斜角 (i) 103 度[4]
別名称
別名称
アンドロメダ座29番星, ADS 513, BD+32 101, FK5 18, HD 3369, HIP 2912, HR 154, SAO 54033[3]
Template (ノート 解説) ■Project
BD+32°102
視等級 (V) 7.08[1]
物理的性質
質量 2.0 M[2]
スペクトル分類 A6 V[2]
地球から見た位置 (アンドロメダ座π星との関係)
元期 2016
位置角 174 度[1]
角距離 35.6 秒[1]
軌道要素と性質
公転周期 (P) 15.4 万年[2]
Template (ノート 解説) ■Project

星系編集

アンドロメダ座π星は、1903年ヤーキス天文台の観測で視線速度の変化が発見され、分光連星であることがわかった[10]軌道要素は、公転周期が143.6日、離心率が0.54と求まっている。青白い色をしており、スペクトル型がB5 VのB型主系列星に分類され、波長が異なっても主星と伴星の等級差が変わらないことから、どちらもほぼ同じスペクトル型と考えられる[4][2]

4.4等級の分光連星とは別に、南へ36離れた位置にある7等星BD+32°102と、北へ55秒離れた位置にある13等星とで、三重星をなしており、これはウィリアム・ハーシェルが発見した[1]。この内、北の13等星は見かけ上の関係で、物理的な結び付きはないが、南の7等星は固有運動が共通しており、連星と考えられる[11][2]。更に、補償光学を用いた観測から、主星と0.2秒離れた位置に暗い晩期型星が見付かっており、アンドロメダ座π星との関係は明らかではないが、背景の恒星ではないかと予想されている[9]

名称編集

中国では、アンドロメダ座π星は、奎宿拼音: Kuí Sù)という星官を、アンドロメダ座η星うお座65番星英語版アンドロメダ座ζ星アンドロメダ座ε星アンドロメダ座δ星アンドロメダ座ν星アンドロメダ座μ星アンドロメダ座β星うお座σ星うお座τ星うお座91番星英語版うお座υ星うお座φ星うお座χ星うお座ψ1と共に形成する。アンドロメダ座ν星自身は、奎宿六拼音: Kuí Sù liù)つまり奎宿の6番星と呼ばれる[12]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、 

出典編集

  1. ^ a b c d e Mason, Brian D.; et al. (2018-07), “The Washington Visual Double Star Catalog”, VizieR On-line Data Catalog: B/wds, Bibcode2018yCat....102026M 
  2. ^ a b c d e f g Tokovinin, A. A. (1997-07), “MSC - a catalogue of physical multiple stars”, Astronomy & Astrophysics Supplement Series 124: 75-84, Bibcode1997A&AS..124...75T, doi:10.1051/aas:1997181 
  3. ^ a b c d e f g h pi. And -- Spectroscopic binary”. SIMBAD. CDS. 2018年8月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Hummel, C. A.; et al. (1995-07), “Orbits of Small Angular Scale Binaries Resolved with the Mark III Interferometer”, Astronomical Journal 110: 376-390, Bibcode1995AJ....110..376H, doi:10.1086/117528 
  5. ^ a b c Cenarro, A. J.; et al. (2007-01), “Medium-resolution Isaac Newton Telescope library of empirical spectra - II. The stellar atmospheric parameters”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 374 (2): 664-690, Bibcode2007MNRAS.374..664C, doi:10.1111/j.1365-2966.2006.11196.x 
  6. ^ Abt, Helmut A.; Boonyarak, Chayan (2004-11), “Tidal Effects in Binaries of Various Periods”, Astrophysical Journal 616 (1): 562-566, Bibcode2004ApJ...616..562A, doi:10.1086/423795 
  7. ^ McDonald, I.; Zijlstra, A. A.; Boyer, M. L. (2012-11), “Fundamental parameters and infrared excesses of Hipparcos stars”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 427 (1): 343-357, Bibcode2012MNRAS.427..343M, doi:10.1111/j.1365-2966.2012.21873.x 
  8. ^ a b ESA (1997), The HIPPARCOS and TYCHO catalogues. Astrometric and photometric star catalogues derived from the ESA HIPPARCOS Space Astrometry Mission, ESA SP Series, 1200, Noordwijk, Netherlands: ESA Publications Division, Bibcode1997ESASP1200.....E, ISBN 9290923997 
  9. ^ a b Roberts, Lewis C., Jr.; Turner, Nils H.; ten Brummelaar, Theo A. (2007-02), “Adaptive Optics Photometry and Astrometry of Binary Stars. II. A Multiplicity Survey of B Stars”, Astronomical Journal 133 (2): 542-552, Bibcode2007AJ....133..545R, doi:10.1086/510335 
  10. ^ Frost, E. B.; Adams, W. S. (1903-12), “Ten stars whose radial velocities vary”, Astrophysical Journal 18: 383-389, Bibcode1903ApJ....18..383F, doi:10.1086/141077 
  11. ^ Shatskii, N. I. (1998-03), “The nature of visual components in 82 multiple systems”, Astronomy Letters 24 (2): 257-269, Bibcode1998AstL...24..257S 
  12. ^ 中國古代的星象系統 (19): 奎宿”. AEEA 天文教育資訊網. 國立自然科學博物館 (2006年5月19日). 2018年8月30日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

座標:   00h 36m 52.8512002443s, +33° 43′ 09.651135218″