メインメニューを開く

アンナ・クルニコワAnna Kournikova, ロシア語: Anna kournikova.ogg А́нна Серге́евна Ку́рникова, 1981年6月7日 - )は、ロシアモスクワ出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで16勝を挙げた。シングルス自己最高ランキングは8位。彼女のいとこにあたるエフゲニー・コロレフもプロテニス選手になった。

アンナ・クルニコワ
Anna Kournikova
Tennis pictogram.svg
Anna Kournikova-Bagram Airfield 2009.jpg
アンナ・クルニコワ(2009年)
基本情報
フルネーム Anna Sergeyevna Kournikova
国籍 ロシアの旗 ロシア
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マイアミ
生年月日 (1981-06-07) 1981年6月7日(38歳)
身長 173cm
体重 56kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1995年
引退年 2003年
ツアー通算 16勝
シングルス 0勝
ダブルス 16勝
生涯通算成績 409勝200敗
シングルス 209勝129敗
ダブルス 200勝71敗
生涯獲得賞金 $3,584,662
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2001)
全仏 4回戦(1998・99)
全英 ベスト4(1997)
全米 4回戦(1996・98)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1999・2002)
全仏 準優勝(1999)
全英 ベスト4(2000・02)
全米 ベスト8(1996・2002)
優勝回数 2(豪2)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 ベスト4(1997・2000)
全仏 ベスト8(1997)
全英 準優勝(1999)
全米 準優勝(2000)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 8位(2000年11月20日)
ダブルス 1位(1999年11月22日)

来歴編集

5歳からテニスを始め、モスクワ市内にある名門「スパルタクラブ」でテニスを学ぶ。(同じ年の幼なじみとしてアナスタシア・ミスキナエレーナ・デメンチェワがいた。)早熟な才能はたちまち評判になり、1992年2月からアメリカフロリダ州の「ニック・ボロテリー・テニスアカデミー」に留学した。ジュニア時代には1995年の「オレンジボウル選手権」の優勝などがある。同年に14歳でプロ転向。

1996年全米オープンで、クルニコワは15歳で4大大会にデビューを果たす。予選を勝ち上がり、本戦の4回戦で第1シードのシュテフィ・グラフに挑戦した。1997年ウィンブルドンでベスト4に進出し、準決勝でマルチナ・ヒンギスとの“16歳対決”に敗れる。1998年3月の「リプトン国際選手権」でWTAツアー初の決勝進出を果たすが、ビーナス・ウィリアムズとの“10代対決の決勝”に敗れた。同年6月中旬、ウィンブルドン選手権の前哨戦・イーストボーンの準々決勝で、長期の故障から復帰したばかりのシュテフィ・グラフを 6-7, 6-3, 6-4 のフルセットで破った。ところが、この試合中にクルニコワは指を痛め、ウィンブルドンの出場断念を余儀なくされた。 その後、クルニコワのテニス成績は期待されたほど伸びず、4大大会のシングルスではほとんど4回戦止まりであった。1997年ウィンブルドンベスト4以後の4大大会成績は、2001年全豪オープンベスト8がある。

クルニコワは女子テニスツアーでのシングルス優勝はなく、人気先行のイメージを払拭することが出来なかった。2003年5月を最後に、クルニコワはツアーイベントへの出場が途絶えてしまった。

 
アンナ・クルニコワとマルチナ・ヒンギス

ダブルスでのクルニコワは、全豪オープン1999年2002年の2度女子ダブルス部門で優勝がある。パートナーはどちらも親友のマルチナ・ヒンギスと組んだ。クルニコワとヒンギスのペアは、1999年全仏オープンの女子ダブルス決勝でビーナスセリーナのウィリアムズ姉妹組に敗れた準優勝もある。混合ダブルスでは、クルニコワは1999年ウィンブルドンヨナス・ビョルクマンと組み、2000年全米オープンではマックス・ミルヌイと組んで活躍したが、どちらも準優勝止まりに終わった。

モデルとしても活躍し、彼女が表紙を飾るファッション雑誌類は普段の号よりもはるかに多く売れたという。また、そのルックスから、女性であるにも関わらず、2003年に水泳のイアン・ソープ、サッカーのアレッサンドロ・デルピエロデビッド・ベッカム中田浩二とともに、adidas社によって“世界イケメン5傑”に選出されている。“女子テニス界の妖精”と評された。

インターネット・ブラウザの検索希望数ではマイケル・ジョーダンタイガー・ウッズをさえ上回った時期があった。2001年初頭には彼女の人気につけこんで「クルニコワ・ウイルス」(ファイル名「AnnaKournikova.jpg」のコンピュータウイルス)がインターネット上に流されたほどである。2002年には歌手のエンリケ・イグレシアスのミュージックビデオに出演し、彼との交際が続いている。2017年12月、双子を出産している[1]

クルニコワは2010年にアメリカ国籍を取得し、ロシアとの二重国籍になった。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 4回 (0勝4敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–3)
ティア II (0–0)
ティア III (0–0)
ティア IV & V (0–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1998年3月29日   マイアミ ハード   ビーナス・ウィリアムズ 6–2, 1–6, 4–6
準優勝 2. 1999年4月4日   ヒルトン・ヘッド クレー   マルチナ・ヒンギス 3–6, 4–6
準優勝 3. 2000年10月29日   モスクワ カーペット (室内)   マルチナ・ヒンギス 3–6, 1–6
準優勝 4. 2002年9月15日   上海 ハード   アンナ・スマシュノワ 2–6, 3–6

ダブルス: 28回 (16勝12敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1995年9月24日   モスクワ カーペット (室内)   アレクサンドラ・オルシャ   メレディス・マグラス
  ラリサ・ネーランド
0–6, 1–6
準優勝 2. 1998年2月15日   パリ カーペット (室内)   ラリサ・ネーランド   サビーネ・アペルマンス
  ミリアム・オレマンス
6–1, 3–6, 6–7(3)
準優勝 3. 1998年3月1日   リンツ カーペット (室内)   ラリサ・ネーランド   アレクサンドラ・フセ
  ナタリー・トージア
3–6, 6–3, 4–6
優勝 1. 1998年9月27日   東京 ハード   モニカ・セレシュ   メアリー・ジョー・フェルナンデス
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
6–4, 6–4
準優勝 4. 1998年10月11日   フィルダーシュタット ハード (室内)   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   リンゼイ・ダベンポート
  ナターシャ・ズベレワ
4–6, 2–6
優勝 2. 1999年1月30日   全豪オープン ハード   マルチナ・ヒンギス   リンゼイ・ダベンポート
  ナターシャ・ズベレワ
7–5, 6–3
優勝 3. 1999年3月14日   インディアンウェルズ ハード   マルチナ・ヒンギス   メアリー・ジョー・フェルナンデス
  ヤナ・ノボトナ
6–2, 6–2
優勝 4. 1999年5月9日   ローマ クレー   マルチナ・ヒンギス   アレクサンドラ・フセ
  ナタリー・トージア
6–2, 6–2
準優勝 5. 1999年6月6日   全仏オープン クレー   マルチナ・ヒンギス   セリーナ・ウィリアムズ
  ビーナス・ウィリアムズ
3–6, 7–6(2), 6–8
優勝 5. 1999年6月20日   イーストボーン   マルチナ・ヒンギス   ヤナ・ノボトナ
  ナターシャ・ズベレワ
6–4, 途中棄権
準優勝 6. 1999年8月11日   スタンフォード ハード   エレーナ・リホフツェワ   リンゼイ・ダベンポート
  コリーナ・モラリュー
4–6, 4–6
優勝 6. 1999年11月21日   ニューヨーク カーペット (室内)   マルチナ・ヒンギス   ラリサ・ネーランド
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
6–4, 6–4
優勝 7. 2000年1月3日   ゴールドコースト ハード   ジュリー・アラール=デキュジス   サビーネ・アペルマンス
  リタ・グランデ
6–3, 6–0
準優勝 7. 2000年3月19日   インディアンウェルズ ハード   ナターシャ・ズベレワ   リンゼイ・ダベンポート
  コリーナ・モラリュー
2–6, 3–6
優勝 8. 2000年5月7日   ハンブルク クレー   ナターシャ・ズベレワ   ニコル・アレント
  マノン・ボーラグラフ
6–7(5), 6–2, 6–4
準優勝 8. 2000年8月6日   サンディエゴ ハード   リンゼイ・ダベンポート   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
6–4, 3–6, 6–7(6)
優勝 9. 2000年10月8日   フィルダーシュタット ハード (室内)   マルチナ・ヒンギス   アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  バルバラ・シェット
6–4, 6–2
優勝 10. 2000年10月15日   チューリッヒ カーペット (室内)   マルチナ・ヒンギス   キンバリー・ポー
  アン=ゲイル・シド
6–3, 6–4
準優勝 9. 2000年10月29日   モスクワ カーペット (室内)   マルチナ・ヒンギス   ジュリー・アラール=デキュジス
  杉山愛
6–4, 4–6, 6–7(5)
優勝 11. 2000年11月12日   フィラデルフィア カーペット (室内)   マルチナ・ヒンギス   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
6–2, 7–5
優勝 12. 2000年11月19日   ニューヨーク カーペット (室内)   マルチナ・ヒンギス   ニコル・アレント
  マノン・ボーラグラフ
6–2, 6–3
優勝 13. 2001年1月14日   シドニー ハード   バルバラ・シェット   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
6–2, 7–5
準優勝 10. 2001年2月4日   東京 カーペット (室内)   イロダ・ツルヤガノワ   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
6–7(5), 6–2, 6–7(6)
準優勝 11. 2001年8月5日   サンディエゴ ハード   マルチナ・ヒンギス   カーラ・ブラック
  エレーナ・リホフツェワ
4–6, 6–1, 4–6
優勝 14. 2001年10月7日   モスクワ カーペット (室内)   マルチナ・ヒンギス   エレーナ・デメンチェワ
  リナ・クラスノルツカヤ
7–6(1), 6–3
準優勝 12. 2002年1月13日   シドニー ハード   マルチナ・ヒンギス   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
不戦敗
優勝 15. 2002年1月27日   全豪オープン ハード   マルチナ・ヒンギス   ダニエラ・ハンチュコバ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
6–2, 6–7(4), 6–1
優勝 16. 2002年9月15日   上海 ハード   ジャネット・リー   杉山愛
  藤原里華
7–5, 6–3

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 通算成績
全豪オープン A 1R 3R 4R 4R QF 1R 2R 13–7
全仏オープン A 3R 4R 4R 2R A 1R A 9–5
ウィンブルドン A SF A 4R 2R A 1R A 9–4
全米オープン 4R 2R 4R A 3R A 1R A 12–5

脚注編集

外部リンク編集