アンナ (ゴー・トゥ・ヒム)」(英語: Anna (Go to Him))は、アーサー・アレキサンダーの楽曲である。1962年9月17日にドット・レコード英語版からシングルとして発売された。発売翌年にビートルズによってカバーされたことで知られている。

アンナ (ゴー・トゥ・ヒム)
アーサー・アレキサンダーシングル
B面 アイ・ハング・マイ・ハード・アンド・クライ
リリース
ジャンル ソウル
時間
レーベル ドット・レコード英語版
作詞・作曲 アーサー・アレキサンダー
プロデュース ノエル・ボール[1]
チャート最高順位
後述を参照
アーサー・アレキサンダー シングル 年表
  • ソルジャー・オブ・ラブ
  • (1962年)
  • アンナ (ゴー・トゥ・ヒム)
  • (1962年)
  • ゴー・ホーム・ガール
  • (1962年)
ミュージックビデオ
「Anna (Go to Him)」 - YouTube
テンプレートを表示

曲の構成・評価 編集

オールミュージックの評論家であるリッチー・アンターバーガー英語版は、「「アンナ」のその跳ねるようなグルーヴは、スロー・バラードよりもミドルテンポに近いとしても、初期の素晴らしいバラードの1つ。他のアレキサンダーの楽曲と同じく、この曲はオリジナルよりもカヴァー・ヴァージョンのほうがより有名になった。1962年に発売された時は小さなヒットで、ポップチャートで68位、R&Bで10位と言う結果だった 」と評している[2]

音楽評論家のデイブ・マーシュ英語版は、「アンナ (ゴー・トゥ・ヒム)」を、史上最高の1001作のシングルのうちの1つとして評価していて、「穏やかに揺れるリズム」と強いシンコペーションを使ったドラムスとアレクサンダーのボーカルを称賛した。また、マーシュはジョン・レノンがアレクサンダーの楽曲を聴いて、「イン・マイ・ライフ」をはじめとしたバラードを歌うようになった可能性を示している。

題名に反して、曲中では「go to him」ではなく、「go with him」と歌われている。

チャート成績編集

チャート(1962年) 最高位
US Billboard Hot 100[3] 70
US Hot R&B/Hip-Hop Songs (Billboard)[4] 10

カバー・バージョン編集

ビートルズによるカバー編集

アンナ
ビートルズ楽曲
収録アルバム プリーズ・プリーズ・ミー
英語名 Anna (Go To Him)
リリース
  • 1963年3月22日 (1963-03-22) (Album)
  • 1965年9月15日 (Japan single)
録音
ジャンル ロック
時間 2分54秒
レーベル
  •   パーロフォン
  •   オデオン
作詞者 アーサー・アレキサンダー
作曲者 アーサー・アレキサンダー
プロデュース ジョージ・マーティン

ビートルズ シングル 日本 年表
プリーズ・プリーズ・ミー 収録曲
ミズリー
(A-2)
アンナ
(A-3)
チェインズ
(A-4)
ミュージックビデオ
「Anna (Go to Him)」 - YouTube

ジョン・レノンのお気に入りだった[5]本作は、ビートルズ初期のレパートリーの1つであり、1963年に発売された1作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』のためにレコーディングされた[6]

アメリカでは、1963年7月22日にヴィージェイ・レコードより発売された『Introducing...The Beatles』に収録され、1965年3月22日にキャピトル・レコードより発売された『ジ・アーリー・ビートルズ』に収録された[7]。また、ヴィージェイから発売されたEP『Souvenir of Their Visit: The Beatles』にも収録された[8][9]ほか、日本では1965年9月15日に発売されたシングル盤『ディジー・ミス・リジー』のB面にも収録された[10]

レコーディング編集

「アンナ」のレコーディングは、1963年2月11日にEMIスタジオで行われた。3テイク録音されたうち、マスターテイクとして最終テイクであるテイク3が採用され、2月25日にリミックスされた[11]。曲中においてジョージ・ハリスンは、オリジナルにおけるフロイド・クレーマー英語版によるピアノのパートをギターで演奏している[12]

ビートルズは1963年6月17日にBBCのラジオ番組『ポップ・ゴー・ビートルズ』用にレコーディングを行い、番組は6月25日に放送された。また8月1日にも新たにレコーディングが行われており、この日のテイクは8月25日に放送された[13]

評価編集

アンターバーガーは、ビートルズによるカバー・バージョンについて、「リンゴ・スターは正確に、そして変わったドラムリズムとハイハットのクランチを忠実に再現している。しかしレノンのボーカルにはアレキサンダーが表現しなかった苦痛が追加されている。とりわけそれはブリッジの終わりで彼が高音で泣き叫ぶところに顕著に現れていて、ビートルズのバックボーカルは素晴らしく、(アレキサンダー版より)より効果的だ」と評している[2]

音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版は、レノンのボーカルについて別な意見を持っていて、著書の中で「情熱的な青年が他人の曲に取り組んでいるように聞こえた」と書いている[12]

演奏編集

※出典[12]

収録アルバム編集

その他のアーティストによるカバー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Marsh, Dave (1999). The Heart of Rock and Soul. Da Capo Press. p. 320. ISBN 9780306809019 
  2. ^ a b Unterberger, Richie. Anna (Go to Him) - Arthur Alexander | Song Info - オールミュージック. 2020年11月8日閲覧。
  3. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard (1962年11月10日). 2020年11月9日閲覧。
  4. ^ Authur Alexander Chart History (Hot R&B/Hip-Hop Songs)”. Billboard. 2020年11月9日閲覧。
  5. ^ Harry 2000, p. 28-29.
  6. ^ Lewisohn 1988, p. 200.
  7. ^ Lewisohn 1988, p. 201.
  8. ^ Cross 2005, p. 544.
  9. ^ The Beatles - Souvenir Of Their Visit To America (1964, Vinyl)”. Discogs. Zink Media. 2020年11月9日閲覧。
  10. ^ The Beatles - Dizzy Miss Lizzy / Anna (Go To Him) (1965, Vinyl)”. Discogs. Zink Media. 2020年11月9日閲覧。
  11. ^ Lewisohn 1988, p. 24, 26.
  12. ^ a b c MacDonald 2005, p. 72-73.
  13. ^ Harry 2000, p. 877-878.
  14. ^ Humble Pie - Thunderbox”. 2020年11月9日閲覧。
  15. ^ George Martin Instrumentally Salutes the Beatle Girls - George Martin & His Orchestra | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月9日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集