メインメニューを開く

アンバーシャダイ1977年3月10日 - 2007年1月29日)は、日本中央競馬会に所属していた競走馬種牡馬1981年有馬記念1983年天皇賞(春)を優勝し、1983年度優駿賞特別賞を受賞。総獲得賞金4億6205万4400円は当時歴代第1位の記録である。種牡馬としても宝塚記念優勝馬メジロライアンらを輩出するなど成功を収めた。馬名コハクの英語名「amber」+冠名「シャダイ」。主戦騎手加藤和宏

アンバーシャダイ
天皇賞馬アンバーシャダイ.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1977年3月10日
死没 2007年1月29日(30歳没・旧31歳)
ノーザンテースト
クリアアンバー
母の父 Ambiopoise
生国 日本の旗 日本
北海道勇払郡早来町
生産 社台ファーム早来
馬主 吉田善哉
調教師 二本柳俊夫美浦
厩務員 太田英二
競走成績
生涯成績 34戦11勝
獲得賞金 4億6205万4400円
勝ち鞍 有馬記念(1981年)
天皇賞・春(1983年)
目黒記念・秋(1981年)
アメリカジョッキークラブカップ(1982年・1983年)
テンプレートを表示

馬齢2000年以前に使用された旧表記(数え年)とする。

生涯編集

誕生・デビュー前編集

1977年3月10日北海道勇払郡早来町社台ファーム早来で誕生。父・ノーザンテースト1971年生まれのカナダ産馬。世界的に大成功した種牡馬ノーザンダンサーの仔で、社台グループ総帥・吉田善哉の長男である照哉によって、サラトガの二歳市場において10万ドル、当時の日本円レートで3080万円という価格で買われた。将来的に種牡馬として供用されることを前提に購入され、フランスに渡ってフォレ賞を含む20戦5勝の成績を残し、日本に輸入された。当時の日本はパーソロンテスコボーイといった世界的に見れば非主流的な種牡馬が活躍していて、善哉は世界に通用する馬を作り出すには、ノーザンダンサーの血が必要と、その直仔を日本に導入することを望んだ。代表産駒としては1983年桜花賞シャダイソフィア1982年オークスシャダイアイバー、同じく1983年のダイナカール1992年アドラーブル1986年日本ダービーダイナガリバーを輩出。アンバーシャダイはその初年度産駒であり、アンバーシャダイの成功がノーザンテーストの種牡馬としての評価を確立し、それによって得られた豊富な資金がサンデーサイレンス購入の下地となり、その後の社台ファームの隆盛へと繋がっていった。母・クリアアンバーは1967年生まれのアメリカ産馬で、現役時は29戦3勝。社台ファームはキーンランドのセリ市で2万ドルで購入した繁殖牝馬で、1973年に日本に輸入された。母の父・アンビオポイズはステイヤー血統ながら、母系にはベルモントSなど26戦14勝し、日本でもギャラントダンサーやメイワキミコなどスピード馬を輩出したギャラントマンが名を連ねている。クリアアンバーは阪神3歳Sを勝ったイブキマイカグラの母・ダイナクラシックや、スプリンターズSを連覇したサクラバクシンオーの母・サクラハゴロモなどを輩出し、社台ファーム随一の名牝となっている。アンバーシャダイと名付けられた鹿毛の仔馬は、出生直後には別の馬主に1500万円という高値で購買されており、本来はその馬主が所有してデビューする予定であった[1]。しかし当歳時に右膝に裂傷を負い、獣医師がサジを投げるほどの重傷で、競走馬としての将来を危ぶまれたために購買がキャンセルされる。傷の完治を待って善哉の所有馬となったが、怪我から1年近くは調教も施されないまま放牧地で遊ばされていた[1]1979年、競走年齢の3歳に達し、一旦は栗東厩舎に入ったが、受け入れ先の調教師が急死。転変の末に善哉と親しい美浦二本柳俊夫厩舎へ入厩するも、怪我の経験や、見栄えのしない馬体が嫌われて担当厩務員が決まらなかった。最終的に太田英二が志願して担当者となったが、入厩当初のアンバーシャダイは痩せこけて冬毛が伸びたみすぼらしい状態であり、その第一印象は「まるでドブから出てきた馬」というものであった[2]

競走馬時代編集

4-5歳(1980-1981年)編集

デビューは4歳になった1980年1月5日の新馬戦と遅れたが、二本柳厩舎の主戦騎手である加藤和宏を鞍上に据え、中山のダート1700mを3着。しかし折り返しの芝1600mの新馬戦を勝った。しかしその後は400万下と若草賞(400万下)を11着、12着と大敗し、皐月賞への道を絶たれた。ハワイアンイメージが皐月賞を勝った当日の400万下を勝ち、東京での4歳中距離S(800万下)を3着としたので、日本ダービーへの出走権は得られたものの、当日は27頭中19番人気であり、オペックホースモンテプリンスの叩き合いを遥か後方とする9着であった。ダービーが4歳時に唯一出走した重賞となり、秋は菊花賞には出走せずに条件特別のみを走り、府中特別(800万下)3着、800万下4着、初冬特別(800万下)6着、清澄特別(800万下)2着、冬至特別(800万下)1着と勝ち上がるまでに5戦を要したが、徐々に調子を上げていった。怪我の功名というか無理してクラシックを狙わず、じっくり仕上げたことが、大器晩成型のアンバーシャダイには合っていた。5歳となった1981年は香取特別(1200万下)5着、ブラッドストーンS(1200万下)3着、卯月賞(1200万下)1着とした後、4月ダイヤモンドSにダービー以来となる東信二を鞍上に出走。2度目の重賞挑戦で9頭中7番人気ながら3着と好走すると、その後は加藤に手綱が戻り、6月のみなづき賞(1700万下)をレコードタイムで快勝。休養を経ての秋緒戦の初秋S(1200万下)も快勝し、連勝でオープンクラスに昇格。続く毎日王冠は日本レコードで駆けた牝馬・ジュウジアローにクビ差の2着となり、4番人気で第84回天皇賞に挑戦。二本柳厩舎にはホウヨウボーイという大黒柱がいたため、2頭共に主戦であった加藤はホウヨウボーイの方を選択し、アンバーシャダイには初コンビとなる郷原洋行が鞍上に据えられた。この天皇賞はホウヨウボーイとモンテプリンスの歴史的な叩き合いになり、ホウヨウボーイがハナの差で勝利。アンバーシャダイは彼らとの力の差がありすぎ、人気通りの4着に沈んだ。その後は加藤に手替わりし、通算21戦目となる目黒記念・秋を1番人気に応えて重賞初制覇。続いて出走した有馬記念では、これを最後に引退が決まっていたホウヨウボーイが1番人気に支持され、ホウヨウボーイとの最後の対決で天皇賞の雪辱を期すモンテプリンスが2番人気であった。アンバーシャダイは彼らに次ぐ3番人気であったとはいえ、ファン投票は12位であり、ファンはもちろん、二本柳も彼らとは力量の差を認めていた。だからホウヨウボーイには加藤を乗せ、アンバーシャダイにはダイヤモンドステークス以来3度目の登板となる東信二を配したのは当然といえた。レースはモンテプリンスが先行し、ホウヨウボーイがやや後方、アンバーシャダイはこの2頭を前後ろに見ながら中団に位置した。2強がマークされる展開で3番人気とはいえアンバーシャダイはほとんどノーマークであった。直線を迎えてホウヨウボーイが早めに抜け出すと、アンバーシャダイと東はラチ沿いを駆けていたモンテプリンスの横を出し抜く様に一気に伸び、ホウヨウボーイに2馬身半の差を付けて快勝。人馬共にGI級レース&八大競走初制覇を果たし、東は「代打男」と呼ばれるようになった。戦前、「ホウヨウボーイが横綱ならアンバーシャダイは関脇小結[3]」と語っていた二本柳は表彰式で複雑な表情を浮かべ、後に「ホウヨウボーイに花道を飾らせてやりたかったが、そうは行かなかった」と語った[4]。馬主の善哉は「いよいよノーザンテーストの時代だ」と予感させるような喜びの表情を浮かべたが、東は後に2着狙いのレースをしたと明かしており、「交わした瞬間は『ウワァ、どうしよう勝っちゃった』って感じ」「ホウヨウボーイに悪かった」と回想している[5]

6-7歳(1982-1983年)編集

6歳となった1982年春は緒戦のアメリカジョッキークラブカップを勝利したもの、アルゼンチン共和国杯を前年の菊花賞馬ミナガワマンナの2着、初めて西下した天皇賞・春は本格化した「無冠の帝王」モンテプリンスを直線急追したものの、レコード優勝から1馬身余の2着と敗れた。夏にはアメリカのアーリントンミリオンへの遠征が計画されていた[6]が、競走後に脚部不安を生じたことにより、秋まで千歳の牧場で休養に入った。復帰後は秋になっても毎日王冠をキョウエイプロミスの4着、天皇賞・秋をメジロティターンの5着を経て、連覇を目指して挑んだ有馬記念では最後の直線で先頭に立ったが、ほぼ最後方の位置から追い込んだヒカリデユールにゴール寸前で交わされ、クビ差の2着に終わった。しかし大レースで掲示板を外すことなく賞金を積み重ねることが出来た。7歳となった1983年は前年と同じAJCCから始動し、ミナガワマンナを下して幸先の良いスタートを切る。次走のアルゼンチン共和国杯でミナガワマンナ、ホリスキーの菊花賞馬2頭と素晴らしい叩き合いを演じ、ハナの差でミナガワマンナに先着を許した。前年と全く同じ戦跡を辿り、迎えた天皇賞・春では15頭立ての1番人気に支持された。前走敗れたとはいえ斤量は60kgを背負い、ミナガワマンナ、ホリスキーの両菊花賞馬も力量は遜色ないと思われていたが、強豪と競り合った経験と、かつて有馬記念を制した実績が評価されたものであった。スタートで出遅れたものの、慌てることなく道中は中団の後ろに付け、ミナガワマンナを見るようにレースを進めた。ホリスキーはほぼ最後方に位置した。第3コーナーから早めにスパートをかけ、直線で先頭に立って後続を突き放すが、しかし先行馬に取り付いていたホリスキーが抜け出し一旦は先頭になった。けれどもアンバーシャダイは諦めず、残り200mを過ぎたところから巻き返して再び先頭に躍り出て激しい競り合いとなり、3000mを過ぎてからの巻き返しに思わず観衆は舌を巻いた。結局、ホリスキーに半馬身差を付けて、4度目の挑戦で待望の天皇賞制覇を果たし、獲得賞金は史上初の4億円突破となった。その後は宝塚記念のファン投票において第1位に選出されたが、左前脚に繋靱帯炎を発症して休養に入る。秋まで放牧され、10月の天皇賞・秋で復活。ちなみにこれは東京の3200mで行われた最後の天皇賞であり、自身5度目の天皇賞参戦で史上初の春秋制覇を目指したが、休養明けで力が出なかったか、キョウエイプロミスの3着に終わった。これでアンバーシャダイは天皇賞において、5度挑戦して1着から5着まで全ての着順を経験したことになった。続くジャパンカップは好調であったが、最後の直線で伸び切れず、アイルランドの牝馬・スタネーラの6着に敗れた。、3年連続出走の有馬記念ではミナガワマンナもホリスキーも、ジャパンカップでスタネーラと一騎討ちを演じて日本馬初連対(2着)のキョウエイプロミスも故障で出走できず、そしてシンザン以来19年ぶりの三冠馬となったミスターシービーまでも「今のシービーの末脚ではアンバーシャダイには勝てない」との弱気な理由で出走を回避し、押し出されるように1番人気に支持された。いつものように好位で競馬を進めたが、先行するリードホーユーを捕らえることができず、後方から来た伏兵のテュデナムキングにも差されて3着に敗れた。このレースを最後に引退したが、この3位入線で獲得賞金が4億6205万4400円となり、これは当時の歴代1位となった。また有馬記念も3年連続で挑戦して1着から3着までの着順を経験したことになった。同年の優駿賞最優秀古馬はキョウエイプロミスに譲ったものの、特別賞として表彰され、1984年1月15日には中山でメジロティターンと合同での引退式が行われた。

競走成績編集

年月日 開催場 競走名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1980 1. 5 中山 新馬 17 3 3着 1700m(不) 1:49.5 0.6秒 加藤和宏 54 オンワードタキ
1. 20 中山 新馬 11 1 1着 芝1600m(良) 1:40.4 4身 加藤和宏 54 (カミノエンゼル)
3. 1 中山 400万下 15 5 12着 ダ1800m(不) 1:56.8 2.1秒 加藤和宏 54 アサクラジェット
3. 22 中山 若草賞 18 6 11着 芝2000m(不) 2:13.3 1.4秒 加藤和宏 54 ジェットワン
4. 13 中山 400万下 12 9 1着 芝1600m(不) 1:41.2 5身 加藤和宏 54 (アロージョイフル)
4. 29 東京 4歳中距離S 9 4 3着 芝2000m(稍) 2:02.9 1.0秒 加藤和宏 54 テイオージャ
5. 25 東京 東京優駿 27 19 9着 芝2400m(良) 2:29.4 1.6秒 東信二 57 オペックホース
10. 19 東京 府中特別 13 6 3着 芝1800m(重) 1:50.7 0.3秒 加藤和宏 55 ニッポーダンサー
11. 2 東京 800万下 9 2 4着 芝2000m(良) 2:02.5 0.3秒 加藤和宏 55 マークリフブキ
11. 23 東京 初冬特別 13 2 6着 芝1800m(重) 1:55.2 0.7秒 加藤和宏 56 ビゼンコクリュウ
12. 6 中山 清澄特別 18 2 2着 芝2000m(重) 2:02.6 0.1秒 加藤和宏 55 ピュアーシンボリ
12. 21 中山 冬至特別 22 1 1着 芝2200m(良) 2:16.8 1 1/4身 加藤和宏 56 (ビゼンオウリュウ)
1981 2. 22 中山 香取特別 7 5 5着 芝2200m(稍) 2:16.3 0.5秒 加藤和宏 55 トウショウイレブン
3. 14 中山 ブラッドストーンS 7 1 3着 芝3200m(重) 3:26.8 0.5秒 加藤和宏 55 ボストンメリー
4. 5 中山 卯月賞 9 1 1着 芝2500m(重) 2:36.8 3 1/2身 加藤和宏 56 (キャンデーライト)
4. 19 東京 ダイヤモンドS 9 7 3着 芝3200m(良) 3:25.9 0.3秒 東信二 54 ピュアーシンボリ
6. 6 東京 みなづき特別 11 1 1着 芝2300m(良) R2.20.6 5身 加藤和宏 56 (オカムサシ)
9. 12 中山 初秋S 14 2 1着 芝1600m(不) 1:36.2 3/4身 加藤和宏 57 (シュンシゲ)
10. 4 東京 毎日王冠 16 8 2着 芝2000m(良) 1:59.5 0.1秒 加藤和宏 57 ジュウジアロー
10. 25 東京 天皇賞(秋) 16 4 4着 芝3200m(良) 3:19.9 1.0秒 郷原洋行 58 ホウヨウボーイ
11. 15 東京 目黒記念(秋) 14 1 1着 芝2500m(良) 2:34.3 1 1/4身 加藤和宏 57.5 (スパートリドン)
12. 20 中山 有馬記念 16 3 1着 芝2500m(良) 2:35.5 2 1/2身 東信二 57 (ホウヨウボーイ)
1982 1. 24 中山 アメリカJCC 14 1 1着 芝2500m(良) 2:34.3 1 1/4身 加藤和宏 58 (サーペンプリンス)
4. 4 中山 ア共和国杯 13 1 2着 芝2500m(重) 2:35.8 0.4秒 加藤和宏 57 ミナガワマンナ
4. 29 京都 天皇賞(春) 16 3 2着 芝3200m(重) 3:19.4 0.2秒 加藤和宏 58 モンテプリンス
10. 10 東京 毎日王冠 12 2 4着 芝2000m(稍) 2:01.5 0.5秒 加藤和宏 59 キョウエイプロミス
10. 31 東京 天皇賞(秋) 14 2 5着 芝3200m(良) 3:18.6 0.7秒 加藤和宏 58 メジロティターン
12. 26 中山 有馬記念 15 1 2着 芝2500m(重) 2:36.7 0.1秒 加藤和宏 56 ヒカリデュール
1983 1. 23 中山 アメリカJCC 14 1 1着 芝2500m(良) 2:35.4 クビ 加藤和宏 59 (ミナガワマンナ)
4. 3 中山 ア共和国杯 12 1 2着 芝2500m(稍) 2.36.7 0.0秒 加藤和宏 60 ミナガワマンナ
4. 29 京都 天皇賞(春) 15 1 1着 芝3200m(稍) 3:22.3 1/2身 加藤和宏 58 ホリスキー
10. 30 東京 天皇賞(秋) 12 3 3着 芝3200m(良) 3:23.3 0.6秒 加藤和宏 58 キョウエイプロミス
11. 27 東京 ジャパンカップ 16 9 6着 芝2400m(良) 2:36.8 0.6秒 加藤和宏 57 スタネーラ
12. 25 中山 有馬記念 16 1 3着 芝2500m(良) 2:34.2 0.2秒 加藤和宏 56 リードホーユー

引退後編集

引退後は総額3億6600万円のシンジケートが組まれ、静内町(現・新ひだか町)のアロースタッドで種牡馬として供用されることになった。もうこの頃にはノーザンテーストの種牡馬としての評価は絶対的なものとなっていて、その血を受けていたアンバーシャダイはノーザンテーストを付けたくても種付け料が高くて手が出ない生産者に高い人気を得た。まず初年度産駒からレインボーアンバー弥生賞に勝ち、評価を確立させると、1990年にはメジロライアンがダービーにおいて1番人気に支持され、1991年には宝塚記念を制した。大レースを勝ったのは結局このメジロライアンだけであったが、毎年のように重賞勝ち馬を輩出して最終的には15頭を数えた。これには父・ノーザンテーストの血も去ることながら、競走馬としては典型的な長距離馬であったものの[7]、1600m戦で3戦無敗であるように短距離のスピードにも非凡な所があった。父と同様に様々なタイプの産駒を輩出し[7]トウショウボーイマルゼンスキーニホンピロウイナーサクラユタカオーらと共に内国産種牡馬の中心を担った。1992年には、GI競走で3度の2着となったカミノクレッセなどの活躍により、内国産種牡馬で最上位となる総合ランキング4位(中央競馬では3位)という成績を残した。また「内国産種牡馬は後継種牡馬が育たない」とされる中で、メジロライアンが後継として優れた成績を残し、1996年にはメジロドーベル阪神3歳牝馬ステークスを制覇、父子三代でのGI級競走制覇を果たしている。2002年に種牡馬を引退し、住み慣れたアロースタッドで功労馬として余生を送った。2007年1月29日、放牧中に右肩を骨折。獣医師の診察を受けたが手の施しようがなく、安楽死の措置が執られた。享年31歳。

種牡馬成績編集

グレード制重賞優勝馬編集

※括弧内太字はGI競走

地方重賞優勝馬編集

ブルードメアサイアーとしての産駒編集

血統表編集

アンバーシャダイ血統ノーザンテースト系/Lady Angela4×3=18.75%〈父内〉、Bull Lea4×4=12.50%〈母内〉) (血統表の出典)

*ノーザンテースト
Northern Taste 1971
栗毛 カナダ
父の父
Northern Dancer 1961
鹿毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Lady Victoria 1962
黒鹿毛 カナダ
Victoria Park Chop Chop
Victoriana
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah

*クリアアンバー
Clear Amber 1967
黒鹿毛 アメリカ
Ambiopoise 1958
鹿毛 アメリカ
Ambiorix Tourbillon
Lavendula
Bull Poise Bull Lea
Alpoise
母の母
One Clear Call 1960
鹿毛 アメリカ
Gallant Man Migoli
Majdeh
Europa Bull Lea
Sicily F-No.4-m


出典・脚注編集

  1. ^ a b 『優駿』1994年5月号 78頁。
  2. ^ 『日本名馬物語』17頁。
  3. ^ 『日本名馬物語』15頁。
  4. ^ 『優駿』1994年5月号 79頁。
  5. ^ 『騎手物語』246頁。
  6. ^ 『日本名馬物語』
  7. ^ a b 『優駿』1994年5月号 80頁
  8. ^ アンブラスモア”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  9. ^ ヤマトマリオン”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  10. ^ チェレブリタ”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。

参考文献編集

  • 木村幸治『騎手物語』(洋泉社、1998年)ISBN 4896912985
  • サラブレ編集部編『日本名馬物語 - 甦る80年代の熱き伝説』(講談社、2007年)ISBN 4062810964
  • 横尾一彦「琥珀色の機関車アンバーシャダイ」(『優駿』1994年5月号所収)

外部リンク編集