アンブロークン: パス・トゥ・リデンプション

アンブロークン: パス・トゥ・リデンプション』(原題:Unbroken: Path to Redemption)は2018年に公開されたアメリカ合衆国伝記映画である。監督はハロルド・クランク、主演はサミュエル・ハントが務めた。本作は2014年に公開された映画『不屈の男 アンブロークン』の続編だが、主要キャスト及びスタッフのほとんどが入れ替わっている。

アンブロークン: パス・トゥ・リデンプション
Unbroken: Path to Redemption
監督 ハロルド・クランク
脚本 リチャード・フリーデンバーグ
ケン・ヒクソン
原作 ローラ・ヒレンブランド不屈の男 アンブロークン
製作 マシュー・ベア
マイク・エリオット
製作総指揮 シンシア・ギャリス
デイヴ・メカム
ビル・リーヴス
マイケル・スコット
ルーク・ザンペリーニ
エリック・ウェアー
出演者 サミュエル・ハント
メリット・パターソン
ヴィンチェンツォ・アマート
ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ
音楽 ブランドン・ロバーツ
撮影 ゾーラン・ポポヴィック
編集 エイミー・マクグラス
製作会社 ユニバーサル1440・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗ピュア・フリックス・エンターテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗2018年9月14日
日本の旗劇場未公開
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗$6,216,897[1]
前作 不屈の男 アンブロークン
テンプレートを表示

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、Amazonで配信されている[2]

概略編集

ルイス・ザンペリーニは過酷な捕虜収容所から生還を果たしたが、帰国後もトラウマに苦しみ続けていた。ルイスは自分を虐待した人間に復讐しようとしていたが、復讐心に燃えれば燃えるほど、絶望は深まっていくばかりであった。やがて、ルイスはシンシアと恋に落ちたが、2人の関係はどうにも上手く行かなかった。

そんな2人を救ったのがビリー・グラハムであった。ルイスはビリーの説教を通してキリストへの信仰を深め、ついには自分を虐待した人間を赦す境地に達した。それと同時に、シンシアとの結婚生活も安定するようになった。

キャスト編集

製作編集

2017年9月5日、『アンブロークン 不屈の男』の続編が製作されているとの報道があった[3]。7日、デヴィッド・サクライが起用されたと報じられた[4]

2018年9月14日、バック・ロット・ミュージックが本作のサウンドトラックを発売した[5]

公開・マーケティング編集

2018年6月28日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[6]

当初、本作は2018年10月5日に全米公開される予定だったが、後に公開日は同年9月14日に前倒しされた[7]

興行収入編集

本作は『シンプル・フェイバー』、『ザ・プレデター』、『ホワイト・ボーイ・リック』と同じ週に封切られ、500万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[8]、実際の数字はそれを大きく下回るものとなった。2018年9月14日、本作は全米1620館で公開され、公開初週末に223万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場10位となった[9]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには26件のレビューがあり、批評家支持率は38%、平均点は10点満点で5.19点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『アンブロークン: パス・トゥ・リデンプション』は実話の持つ力を過大評価したばかりに、退屈なドラマに仕上がってしまった。しかも、キリスト教の信者向けの説教が頻繁に挟まれている。」となっている[10]。また、Metacriticには7件のレビューがあり、加重平均値は39/100となっている[11]。なお、本作のシネマスコアはAとなっている[12]

出典編集

  1. ^ Unbroken: Path to Redemption (2018)”. The Numbers. 2019年10月30日閲覧。
  2. ^ アンブロークン: パス・トゥ・リデンプション (字幕版)”. Amazon. 2019年10月30日閲覧。
  3. ^ Louis Zamperini’s ‘Unbroken’ Story Continues In Sequel ‘Path To Redemption’”. Deadline.com (2017年9月5日). 2019年10月30日閲覧。
  4. ^ ‘Unbroken: Path To Redemption’ Finds Its Japanese Tormenter ‘The Bird’ In David Sakurai”. Deadline.com (2019年9月7日). 2019年10月30日閲覧。
  5. ^ ‘Unbroken: Path to Redemption’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2018年7月31日). 2019年10月30日閲覧。
  6. ^ Unbroken: Path To Redemption - Official Trailer”. YouTube (2018年6月28日). 2019年10月30日閲覧。
  7. ^ ‘Unbroken: Path To Redemption’ Moves Up Theatrical Release Date By A Month”. Deadline.com (2018年10月5日). 2019年10月30日閲覧。
  8. ^ 'The Predator' Targets Weekend #1; 'Simple Favor', 'White Boy Rick' & 'Unbroken' Also Debut”. Box Office Mojo (2018年9月13日). 2019年10月30日閲覧。
  9. ^ Domestic 2018 Weekend 37 September 14-16, 2018”. Box Office Mojo. 2019年10月30日閲覧。
  10. ^ Unbroken: Path to Redemption”. Rotten Tomatoes. 2019年10月30日閲覧。
  11. ^ Unbroken: Path to Redemption (2018)”. Metacritic. 2019年10月30日閲覧。
  12. ^ Why ‘The Predator’ Is Shorter Than ‘Predators’ At $24M & ‘White Boy Rick’ So Pale At $8M+ – Sunday Box Office”. Deadline.com (2018年9月16日). 2019年10月30日閲覧。

外部リンク編集