アンベール (フランス)

アンベールフランス語:Ambertオック語:Embèrt)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ピュイ=ド=ドーム県コミューン

Ambert
Blason ville fr Ambert (Puy-de-Dôme).svg
Ambert(2).jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ピュイ=ド=ドーム県Blason département fr Puy-de-Dôme.svg
(arrondissement) アンベール郡
小郡 (canton) アンベール小郡
INSEEコード 63003
郵便番号 63600
市長任期 ミリアム・フジェール[1]
2014年-)
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays d'Ambert
人口動態
人口 7 016人
2007年
人口密度 116人/km2
住民の呼称 Ambertois
地理
座標 北緯45度33分01秒 東経3度44分33秒 / 北緯45.5503度 東経3.7425度 / 45.5503; 3.7425座標: 北緯45度33分01秒 東経3度44分33秒 / 北緯45.5503度 東経3.7425度 / 45.5503; 3.7425
標高 平均:m
最低:514m
最高:1365 m
面積 60.48km2 (6 048ha)
Ambertの位置(フランス内)
Ambert
Ambert
テンプレートを表示

地理編集

市街地とその外側はアリエ川の支流ドル川の流域となっている。アンベールは、フォルズ山地と西のリヴラドワ山地とに囲まれたアンベール高原にある。

歴史編集

15世紀までのアンベールの町は、3つの社会階層に対応して分断されていた。商業地区、修道院と教会の地区、19の塔を持つ防衛施設(19世紀に廃止された)からなる領主の地区である。

聖バルテルミーの大虐殺後、アンベールは荒廃した。1574年には、マチュー・メルル率いるユグノーの郎党が町を占拠し略奪を行い、カトリック教徒が多数を占めていたアンベール住民が殺害された。都市はカトリック教徒から取り上げられたのである。

平和な時代が訪れると、アンベールや周辺のコミューンでは、ヘンプやフラックス(どちらもアサの一種)から作るパルプと密接な関係を持つようになり、15世紀には300以上の工場があった。紙職人の親方たちはイタリア人職人の知識を吸収していた。ディドロダランベールによる『百科全書』の初版本は、アンベールでできた紙で刷られていた。

製紙産業は18世紀後半から徐々に衰退し始め、替わって織物、飾り紐製造、レース、刺繍の取引やロザリオ製造が盛んになった。

経済編集

製材業、チーズ製造、飾り紐製造など。アンベール周辺で作られるチーズ、フルム・ダンベールは1972年からAOC指定されている。

出身者編集

姉妹都市編集

脚注編集

  1. ^ リヨン領事事務所活動報告”. 在リヨン領事事務所 (Bureau Consulaire du Japon à Lyon) (2015年1月15日). 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。