アンモナイトの目覚め

アンモナイトの目覚め』(原題:Ammonite)は2020年に公開されたイギリスオーストラリアアメリカ合衆国合作のドラマ映画である。監督はフランシス・リー、主演はケイト・ウィンスレットが務めた。

アンモナイトの目覚め
Ammonite
監督 フランシス・リー
脚本 フランシス・リー
製作 イアン・カニング
フォーラ・クローニン・オライリー
エミール・シャーマン
製作総指揮 メアリー・バーク
ローズ・ガーネット
サイモン・ギリス
ジギー・カマサ
出演者 ケイト・ウィンスレット
シアーシャ・ローナン
フィオナ・ショウ
ジェマ・ジョーンズ
音楽 フォルカー・ベルテルマン
ダスティン・オハロラン
撮影 ステファーヌ・フォンテーヌ
編集 クリス・ワイアット
製作会社 シーソー・フィルムズ
英国映画協会
BBCフィルムズ
ステージ6・フィルムズ
クロス・シティ・フィルムズ
配給 イギリスの旗ライオンズゲート
オーストラリアの旗トランスミッション・フィルムズ
アメリカ合衆国の旗ネオン
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年11月13日
オーストラリアの旗 2021年1月21日
イギリスの旗 2021年3月26日
日本の旗 2021年4月9日[1]
上映時間 120分
製作国 イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 £10,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $551,805[3][4]
テンプレートを表示

概略編集

1840年代、イングランドライム・レジス。古生物学者のメアリー・アニングは同地で老母と暮らしていた。若い頃に博した名声はもはや忘れ去られつつある中、メアリーは観光客にありふれた化石を売って生計を立てていた。そんなある日、地質学者のロデリック・マーチソンがメアリーの元にやってきて、「ヨーロッパ旅行にでている間、妻のシャーロットの面倒を見てやってくれませんか」と頼み込んできた。化石発掘に専念したかったメアリーだったが、高額な報酬に目がくらみ、つい引き受けてしまった。

当初、異なる価値観で生きてきた2人は衝突するばかりだった。しかし、お互いに孤独を抱えていることを知り、徐々にその距離は縮まっていった。そして、2人の間には恋愛感情が芽生えるのだった。

キャスト編集

製作編集

2018年12月14日、フランシス・リー監督の新作映画にケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが出演することになったと報じられた[5]。翌年3月、本作の主要撮影がイングランドのライム・レジスで始まった[6]。12月3日、フォルカー・ベルテルマンとダスティン・オハロランが本作で使用される楽曲を手がけるとの報道があった[7]

公開・マーケティング編集

2019年2月、ライオンズゲートUKが本作の全英配給権を、トランスミッション・フィルムズが本作の全豪配給権を購入した[8]。5月14日、本作の劇中写真が初めて公開された[9]。2020年1月25日、ネオンが300万ドルで本作の北米配給権を獲得したと報じられた[10]。当初、本作は同年5月に開催される予定だった第73回カンヌ国際映画祭でプレミア上映されることになっていたが、新型コロナウイルスの感染拡大のために映画祭自体が取りやめとなった[11]。その後、9月のテルライド映画祭で改めてプレミア上映が行われると決まったが、新型コロナウイルスのためにまたしても映画祭自体が中止となった[12]

2020年8月25日、本作の合衆国版オフィシャル・トレイラーが公開された[13]。9月11日、本作は第45回トロント国際映画祭でプレミア上映された[14]。10月15日、本作の英国版オフィシャル・トレイラーが公開された[15]。17日、本作はロンドン映画祭のクロージング作品として上映された[16]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには46件のレビューがあり、批評家支持率は74%、平均点は10点満点で6.87点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「シアーシャ・ローナンとケイト・ウィンスレット―後者の演技は特に素晴らしい―のケミストリーのお陰で、『アンモナイト』は歴史恋愛ドラマが陥りがちな罠を回避することに成功した。」となっている[17]。また、Metacriticには15件のレビューがあり、加重平均値は76/100となっている[18]

出典編集

  1. ^ “ケイト・ウィンスレット×シアーシャ・ローナン『アンモナイトの目覚め』4月9日公開”. シネマカフェ. (2021年2月5日). https://www.cinemacafe.net/article/2021/02/05/71228.html 2021年2月5日閲覧。 
  2. ^ Gant, Charles (2020年9月4日). “Francis Lee on making ‘Ammonite’ and his “obsession with class"” (英語). Screen Daily. 2020年12月22日閲覧。
  3. ^ Ammonite (2020)”. The Numbers. 2021年2月3日閲覧。
  4. ^ Ammonite (2020)”. Box Office Mojo. 2021年2月3日閲覧。
  5. ^ Kate Winslet & Saoirse Ronan To Star In Romance ‘Ammonite’ For ‘The King’s Speech’ & ‘Lady Macbeth’ Producers”. Deadline.com (2018年12月14日). 2020年10月26日閲覧。
  6. ^ Ammonite will star Kate Winslet and Saoirse Ronan and be filmed in Lyme Regis”. Birdport News (2019年2月12日). 2020年10月26日閲覧。
  7. ^ Dustin O’Halloran & Volker Bertelmann to Score Francis Lee’s ‘Ammonite’”. Film Music Reporter (2019年12月3日). 2020年10月26日閲覧。
  8. ^ Kate Winslet-Saoirse Ronan Romance ‘Ammonite’ Pre-Sells To Sony, Lionsgate & Transmission After Heated Auction”. Deadline.com (2019年2月5日). 2020年10月26日閲覧。
  9. ^ First look at Kate Winslet, Saoirse Ronan in romantic drama 'Ammonite' (exclusive)”. ScreenDaily (2019年5月14日). 2020年10月26日閲覧。
  10. ^ NEON Lands U.S. & Canada Rights On Saoirse Ronan-Kate Winslet-Starrer ‘Ammonite’ For $3 Million”. Deadline.com (2020年1月25日). 2020年10月26日閲覧。
  11. ^ Cannes Film Festival Reveals 2020 Lineup: Wes Anderson, Steve McQueen, Kate Winslet & Pixar”. Deadline.com (2020年6月3日). 2020年10月26日閲覧。
  12. ^ Inside the Telluride Film Festival That Would Have Been”. Hollywood Reporter (2020年8月3日). 2020年10月26日閲覧。
  13. ^ Ammonite - Official Trailer”. YouTube (2020年8月25日). 2020年10月26日閲覧。
  14. ^ Toronto film festival 2020 roundup – virtual yet vibrant”. The Guardian (2020年9月19日). 2020年10月26日閲覧。
  15. ^ Ammonite - Official Trailer - Coming Soon”. YouTube (2020年10月15日). 2020年10月26日閲覧。
  16. ^ Kate Winslet & Saoirse Ronan Romance ‘Ammonite’ To Close London Film Festival”. Deadline.com (2020年8月26日). 2020年10月26日閲覧。
  17. ^ Ammonite”. Rotten Tomatoes. 2020年10月26日閲覧。
  18. ^ Ammonite (2020)”. Metacritic. 2020年10月26日閲覧。

外部リンク編集