メインメニューを開く

堂本光一のアンラッキー研究所』(どうもとこういちのあんらっきーけんきゅうじょ)は、日本テレビ2008年から不定期に放送されていたバラエティ番組である。2012年まで6回放送された。

内容編集

実際に体験した笑える不幸話をゲストが持ち寄って発表する。研究員はその不幸話が「アンラッキー」か「アンラッキーじゃない」かを判定する。

主な出演者編集

所長編集

助手編集

準レギュラー出演者編集

放送回編集

回数 放送日時 備考 視聴率
第1回 2008年10月25日13:30 - 14:30 サタデーバリューフィーバー』内で放送。
第2回 2009年1月14日22:00 - 23:24 プライムタイム初放送。 8.3%
第3回 2009年9月26日22:00 - 23:24 この回からフルレターボックス放送。 11.3%
第4回[2] 2010年4月5日22:00 - 23:24 10.4%
第5回[3] 2011年1月4日22:00 - 23:24 9.7%
第6回 2012年1月2日23:19 - 24:49 7.2%

スタッフ編集

第6回時点編集

  • 企画・演出:徳永清孝
  • 構成:町山広美
  • TM:木村博靖(第4回までは、CAM)
  • SW:小林宏義
  • CAM:鎌倉和由
  • MIX:今野健
  • AUD:亘美代子
  • PA:石原愛子
  • VE:服部博
  • VTR:高橋卓
  • 照明:高星武志
  • モニター:ミジェット
  • 美術協力:日テレアート
  • 美術:大川明子
  • デザイン:栗原純二
  • CG:イン・デザイン
  • TK:山岸由佳
  • 音効:鈴木信行
  • 編集・MA:ヌーベルバーグ
  • リサーチ:佐藤慎司
  • デスク:小原麻実(第2回も担当)
  • 協力:ジャニーズ事務所
  • 編成:吉無田剛
  • 広報:角田久美子
  • 営業:齋藤尚宣
  • ディレクター:藤原耕治、和田英智、小田清仁、田中智洋
  • プロデューサー:伊東修(第6回~)、佐々木俊勝、村上早苗、小森節子(第6回~)
  • チーフプロデューサー:藤井淳(第5回~、第4回までは、チーフクリエイター)
  • 制作協力:E company
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ編集

  • プロデューサー:環真吾(第4回)
  • ディレクター:川口信洋、森下剛(第2回は演出補、共に第4回)
  • 編成企画:大山恭平(第2回)
  • 編成:戸田一也(第2回)、松隈美和(第4回)
  • 広報:高木明子(第4回)
  • 営業:阿部寿徳(第2回)、佐藤俊之(第4回)
  • デスク:寺田まゆみ(第4回)
  • リサーチ:デグナ
  • 演出補:松田恵里子(第2回)、飯石麻衣子(第2回)
  • 編集・MA:e-naスタジオ
  • AUD:山田値久(第2回)、中村宏美(第4回)
  • VE:佐藤満(第2回)、鈴木昭博(第4回)
  • VTR:山口孝志(第2回)
  • TK:山沢啓子(第2回)
  • TM:高木冬夫(第4回)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ブラックマヨネーズが研究、女性たちの「アンラッキー」体験談”. お笑いナタリー (2012年1月1日). 2014年12月31日閲覧。
  2. ^ 堂本光一所長プレゼンツ『アンラッキー研究所』”. ウーマンエキサイトニュース(元記事:テレビドガッチ) (2010年4月5日). 2014年12月31日閲覧。
  3. ^ 堂本光一のプライベートが明らかに!?アンラッキー研究所!”. ウーマンエキサイトニュース(元記事:テレビドガッチ) (2011年1月4日). 2014年12月31日閲覧。

外部リンク編集