アンリ・アルカン

アンリ・アルカンHenri Alekan, 1909年2月10日 - 2001年6月15日)は、フランス撮影監督パリ出身。

アンリ・アルカン
Henri Alekan
生年月日 (1909-02-10) 1909年2月10日
没年月日 (2001-06-15) 2001年6月15日(92歳没)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
死没地 フランスの旗 フランスオセール
職業 撮影監督
 
受賞
セザール賞
第8回セザール賞撮影賞
(『』、1983年)
その他の賞
テンプレートを表示
Gitai88.jpg

フランス映画のみならず、ヨーロッパ各国の映画、『ローマの休日』などハリウッド映画の撮影も手がけた。テレンス・ヤングヴィム・ヴェンダース監督作品、また、ラウル・ルイスアモス・ギタイなどのドキュメンタリー映画の撮影を多く手がけた。

1983年、『』で第8回セザール賞撮影賞を受賞[1][2]、1988年には『ベルリン・天使の詩』で第23回全米映画批評家協会賞第54回ニューヨーク映画批評家協会賞第14回ロサンゼルス映画批評家協会賞の各撮影賞を受賞した[3]

2001年6月15日白血病のため、92歳で死去[4]

主なフィルモグラフィー編集

脚注編集

外部リンク編集