アンリ・ブシャール

アンリ・ブシャール
(画) カロリュス=デュラン

アンリ=ブシャール(Henri Bouchard、1875年 - 1960年)は フランス彫刻家。代表作品として、シャイヨ宮にあるアポロンのブロンズ像が挙げられる。

アカデミー・ジュリアンパリ国立高等装飾美術学校エコール・デ・ボザールを経て、1906年からモンパルナス界隈で過ごし、またアメリカに渡った。

パリ市内オートゥイユにあるブシャールが1924年から晩年を過ごしたアトリエ兼住居が、現在はアンリ・ブシャール美術館(Musée Bouchard)となっている。2011年にブシャールのコレクションがラ・ピシーヌ・ド・ルーベ工芸美術館(Musée La Piscine de Roubaix)へと移転される予定。

関連項目編集

外部リンク編集