アンルート

ジョン・スコフィールドのライブ・アルバム

アンルート』(EnRoute)は、アメリカ合衆国ジャズギタリストジョン・スコフィールド2003年12月に録音し、2004年ジョン・スコフィールド・トリオ名義で発表したライブ・アルバム

アンルート
ジョン・スコフィールド・トリオライブ・アルバム
リリース
録音 2003年12月 ニューヨーク ブルーノート[3]
ジャンル ジャズ
時間
レーベル ヴァーヴ・レコード
プロデュース ジョン・スコフィールド
専門評論家によるレビュー
ジョン・スコフィールド アルバム 年表
アップ・オール・ナイト
(2003年)
アンルート
(2004年)
ザッツ・ホワット・アイ・セイ
(2005年)
テンプレートを表示

背景 編集

音楽的には、スコフィールドが2000年代に発表した作品の中でも、特にストレート・アヘッド・ジャズ色の強い作品の一つとみなされている[4]ジャズ・ファンク的なジャムの「オーヴァー・ビッグ・トップ」は、アルバム『グルーヴ・イレーション』(1995年)収録曲「ビッグトップ」を素材としている[2]

反響・評価 編集

アメリカでは『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートで6位を記録した[5]

Richard S. Ginellはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「3人はせわしなく、激しく、入り組んだインタープレイで、しばしば烈火を放っている」「スコフィールドのジャズ的な一面に傾倒しているとはいえ、この精力的な作品は、彼がまたジャズ・ファンク的なグルーヴを持つ作品を出してほしいと思っている向きにとっても、楽しい時間潰しになるだろう」と評している[2]。また、『CDジャーナル』のミニ・レビューでは「近年のジョンはジャム・バンド・シーンで人気だが、これは本来のジャズのセッション」と評されている[1]

収録曲 編集

特記なき楽曲はジョン・スコフィールド作曲。

  1. ウィー - "Wee" (Denzil Best) - 8:24
  2. トゥーグス - "Toogs" - 7:26
  3. ネイム・ザット・チューン - "Name That Tune" (Steve Swallow) - 6:30
  4. ハンモック・ソリロクィ - "Hammock Soliloquy" - 9:50
  5. バッグ - "Bag" - 9:03
  6. イット・イズ・リトゥン - "It Is Written" - 6:39
  7. アルフィー - "Alfie" (Burt Bacharach, Hal David) - 6:52
  8. トラヴェル・ジョン - "Travel John" - 7:30
  9. オーヴァー・ビッグ・トップ - "Over Big Top" - 11:15

参加ミュージシャン 編集

脚注 編集

  1. ^ a b ジョン・スコフィールド・トリオ/アンルート (廃盤)”. CDJournal. 音楽出版社. 2020年5月24日閲覧。
  2. ^ a b c Ginell, Richard S. “EnRoute - John Scofield”. AllMusic. 2020年5月24日閲覧。
  3. ^ CD英文ブックレット内クレジット
  4. ^ Shadrick, Jason (2013年6月20日). “Interview: John Scofield - Uncle John's Electro-Jam Band”. Premier Guitar. 2020年5月24日閲覧。
  5. ^ John Scofield - Awards”. AllMusic. 2015年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月24日閲覧。