メインメニューを開く

アン・コート(Anne Koedt、1941年 - )は、デンマークで生まれた[1]アメリカ合衆国ラディカル・フェミニストで、ニューヨークを拠点とし、女性の性(セクシュアリティ)についてフェミニズムの立場から著された古典的エッセイとされている[2]膣オーガズムの神話」の著者である[3]。コートは1972年に、シュラミス・ファイアストーンに代わって『Notes From the Third Year』の編集長となった。一部のフェミニストたちは、この交代によって、それまで紙面を占めていた、より極端にラディカルなフェミニズムの主張が、このシリーズ第3号から締め出されるようになったと考えている[4]

コートが1969年12月に出した「Politics of the Ego, A Manifesto for New York Radical Feminists」は『Notes from the Second Year』が初出で、後にアンソロジー『Radical Feminism』に収録された[5]。このマニフェストから抜粋された数ページの文章は、1989年ニューヨーク・ラディカル・フェイニスツ英語版の私書箱が閉鎖されるまで、NYRFのパンフレット「Introduction to New York Radical Feminists」の一部として広く流布し続けた。

おもな著作編集

脚注編集

  1. ^ Love, Barbara J.. “Koedt, Anne”. Feminists who Changed America, 1963-1975. University of Illinois Press. p. 260. http://books.google.com/books?id=kpNarH7t9CkC&pg=PA259&lpg=PA259&dq=anne+koedt+born+in+denmark&source=bl&ots=WnAtsgOFo6&sig=GC2iCSwFMWNfzhBs95JFwiH7uMk&hl=en&sa=X&ei=GDjhUrbuN6rFsATqtYCgBA&ved=0CD4Q6AEwBA#v=onepage&q=anne%20koedt%20born%20in%20denmark&f=false 2015年7月11日閲覧。. 
  2. ^ Gerhard, Jane (Summer 2000). “Revisiting "The Myth of the Vaginal Orgasm": The Female Orgasm in American Sexual Thought and Second Wave Feminism”. Feminist Studies 26 (2): 449–476. doi:10.2307/3178545. http://www.jstor.org/stable/3178545. 
  3. ^ Joannou, Maroula (2001年4月7日). Contemporary Women's Writing: From The Golden Notebook to The Color Purple. Manchester University Press. pp. 40. ISBN 9780719053399. http://books.google.com/books?id=8xx1TC5f9IEC&pg=PA40 2012年8月3日閲覧。.  - 注記47
  4. ^ Bouchier, David (1979). “The Deradicalisation of Feminism: Ideology and Utopia In Action”. Sociology 13 (3): 387–402. http://www.jstor.org.ezproxy.stockton.edu:2048/stable/42853376. 
  5. ^ Echols, Alice (1989). Daring to Be Bad: Radical Feminism in America 1967-1975. Minneapolis: University of Minnesota Press. p. 188. ISBN 978-0-8166-1787-6. http://books.google.com/books?id=6zaVkAjBuPEC&lpg=PA187&dq=%22Politics%20of%20the%20Ego%22%20koedt&pg=PA188#v=onepage&q&f=false.