メインメニューを開く

発見と同定編集

アヴァケラトプスの最初の化石は、モンタナ州ジュディスリバー累層Judith River Formation)より発見された[1]。化石はかつての川底の跡に沿って散らばった状態で保存されていた[1]。従ってこのアヴァケラトプスは、川の流れによって砂州に運ばれ、そこに埋没したと考えられている[1]

アヴァケラトプスを最初に発見したのはエディー・コール(Eddie Cole)、1986年に正式に命名して記載したのはピーター・ドッドソンであった。属名はコールの妻 Ava に、タイプ種である A. lammersi種小名は採掘地の所有者であった Lammers 家にそれぞれ献名されたものである[1]

分類編集

アヴァケラトプスは角竜下目ケラトプス科に属する。それぞれのグループは Ceratopsia、Ceratopsidae と表記されるが、これらはいずれも古代ギリシア語で「角のある顔」の意である。ケラトプス科の恐竜は草食動物であり、オウムのように湾曲したくちばしを備えていた。白亜紀には現在の北アメリカ大陸やアジア大陸で繁栄していた。

ケラトプス科に属するということを除けば、アヴァケラトプスに関する分類学的知見は限られている。アヴァケラトプスは小型の角竜で、穴の無い硬いフリルを備えていた(ケラトプス科の恐竜のフリルには、トリケラトプスなど一部の例外を除いて穴が空いているのが一般的である)。従って、アヴァケラトプスはトリケラトプスの祖先であるか、ケラトプス科の二つの亜科であるセントロサウルス亜科カスモサウルス亜科の中間に位置する生物であると考えられている[2]

食性編集

アヴァケラトプスは他の全てのケラトプス科の恐竜と同様に草食性であった。白亜紀にはいわゆる顕花植物の分布がまだ限られていたため、当時優占していたシダソテツ、それに針葉樹の類を食していたと推定される。ケラトプス科の鋭いくちばしは、それらの植物の葉(針葉)をかじりとるためのものだったとされる。

注釈・参考文献編集

  1. ^ a b c d "Avaceratops." In: Dodson, Peter & Britt, Brooks & Carpenter, Kenneth & Forster, Catherine A. & Gillette, David D. & Norell, Mark A. & Olshevsky, George & Parrish, J. Michael & Weishampel, David B. The Age of Dinosaurs. Publications International, LTD. p. 129. ISBN 0-7853-0443-6.
  2. ^ Penkalski and Dodson, 1999
  • Dodson, P. (1996). The Horned Dinosaurs. Princeton University Press, Princeton, New Jersey. ISBN 0-691-05900-4. 
  • Penkalski, P & Dodson, P (1999). “The morphology and systematics of Avaceratops, a primitive horned dinosaur from the Judith River Formation (Late Campanian) of Montana, with the description of a second skull.”. Journal of Vertebrate Paleontology 19 (4): 692–711. 
  • Groups of Dinosaurs
  • The Humongous Book of Dinosaurs, published by Stewart Tabori & Chang