メインメニューを開く

ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース

ヴァン・ヘイレンのアルバム

ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース(A Different Kind Of Truth)は、ヴァン・ヘイレンが発表した12作目のスタジオ・アルバム

ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース
ヴァン・ヘイレンスタジオ・アルバム
リリース
録音 2010年11月-2011年8月2012年
ジャンル ハードロック
時間
レーベル インタースコープ・レコード
プロデュース ヴァン・ヘイレン、ジョン・シャンクス
専門評論家によるレビュー
ヴァン・ヘイレン アルバム 年表
ヴェリー・ベスト・オブ・ヴァン・ヘイレン
(2004年)
ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース
(2012年)
ライブ・イン・ジャパン
(2015年)
ミュージックビデオ

「Tattoo」 - YouTube
「She's The Woman」 - YouTube

テンプレートを表示

目次

解説編集

バンドとしては「ヴァン・ヘイレンIII」から14年ぶりのアルバムで、2007年にバンドへ復帰し「1984」以来にアルバム制作に参加するデイヴィッド・リー・ロスとっては28年ぶりのアルバムである。[1]ベーシストはマイケル・アンソニーに代わりエドワード・ヴァン・ヘイレンの長男のウルフギャング・ヴァン・ヘイレンが参加している。 本作からバンドは長年契約していたワーナー・ブラザーズ・レコードからインタースコープ・レコードへ移籍したため日本での発売元は親会社のユニバーサル・ミュージックが発売元となっている。

アルバム編集

バンドがアルバムを制作していることは以前から噂されていたが、2011年の11月にインタースコープ・レコードに移籍、アルバム契約を交わしたと報道されるとともに、ヴァン・ヘイレンの公式サイトで2012年のツアーチケットの発売を発表した後日にアルバムの発売が正式に発表された。[2] 2012年1月10日にはアルバムからの先行シングル「タトゥー」が発売された。本国アメリカのBillboard Hot 100では67位を記録し、[3]日本のBillboard Japan Hot 100では最高順位14位の健闘を見せた。[4]

収録曲編集

全曲バンドとデイヴィッド・リー・ロスの共作。デラックス版にはDVDも付属されている。

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「タトゥー (Tattoo)」  
2.「シーズ・ザ・ウーマン (She's the Woman)」  
3.「ユー・アンド・ユア・ブルース (You and Your Blues)」  
4.「チャイナ・タウン (China Town)」  
5.「ブラッド・アンド・ファイア (Blood and Fire)」  
6.「ブレットヘッド (Bullenthead)」  
7.「アズ・イズ (As Is)」  
8.「ハニーベイビースウィーティードール (Honeybabysweetiedoll)」  
9.「ザ・トラブル・ウィズ・ネヴァー (The Trouble with Never)」  
10.「アウタ・スペース (Outta Space)」  
11.「ステイ・フロスティ (Stay Frosty)」  
12.「ビッグ・リヴァー (Big River)」  
13.「ビーツ・ワーキン (Beats Workin')」  
合計時間:
ダウンタウン・セッション – デラックス版DVD
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.パナマ (Panama)」  
2.「ユー・アンド・ユア・ブルース(イントロ) (You and Your Blues (intro))」  
3.「ユー・アンド・ユア・ブルース (You and Your Blues)」  
4.ビューティフル・ガールズ (Beautiful Girls)」  
合計時間:

参加アーティスト編集

ツアー編集

ツアーは名称を『ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース・ツアー (A Different Kind of Truth Tour)』とし、2012年1月から2013年7月にかけてアメリカオーストラリアカナダ日本で行われた。バンドのスケジュール過密により北米ツアー31公演を延期することを始め、[5]エディが大腸憩室炎を患い日本公演が延期するなどのアクシデントがあったものの、[6]無事回復し日本公演も行われた。なお日本公演の中で行われた東京ドーム公演では録音が行われ、2015年に『ライヴ・イン・ジャパン』として発表されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年最初のモンスター・センセーション=ヴァン・ヘイレン復活!”. ユニバーサル・ミュージック・ジャパン (2012年1月13日). 2018年4月24日閲覧。
  2. ^ ヴァン・ヘイレンが初代ボーカル迎えツアーへ、新作も発表か”. ロイター (2011年12月27日). 2018年4月24日閲覧。
  3. ^ Van Halen Chart History”. Billboard. 2018年4月24日閲覧。
  4. ^ Van Halen Chart History Japan Hot 100”. Billboard. 2018年4月24日閲覧。
  5. ^ ヴァン・ヘイレン、「スケジュールが過酷」で北米ツアーを延期”. BARKS (2012年5月21日). 2018年5月25日閲覧。
  6. ^ ヴァン・ヘイレン、来日公演が延期に”. BARKS (2012年8月30日). 2018年5月25日閲覧。