メインメニューを開く

タレントパワーランキングは、株式会社アーキテクトが実施している、国内最大規模のテレビタレント知名度・人気度調査に基づいて決定されるランキングである[1]

目次

概要編集

アーキテクトは、テレビ番組やCMのキャスティングに役立てることを目的とし、テレビで活躍するタレント・有名人約1000人の知名度・人気度を調査している。この調査はかつては日本タレント世論調査という名称であったが、2010年1月にタレントパワーランキングに改められた。日経BP社が発行する月刊誌『日経エンタテインメント!』では、このデータの提供を受けて、2008年以来、毎年5月号でタレントパワーランキングの特集を行っているほか、2009年5月にはムック『日経エンタテインメント! タレントパワーランキング完全BOOK』も出版されている。

年4回(2月、5月、8月、11月)、一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)居住の10歳〜69歳の男女個人を対象にしたファックス調査を行なっている(以下詳細)[2]

  • 調査A、調査B、調査C、調査Dの4グループで実施(1グループあたり1,100サンプル、計4,400サンプル)で構成
  • 性別×年代(10 - 50代は5歳刻み、60代のみ60 - 69歳の10歳刻み)の22属性×各50サンプルで均等割付

次の項目が調査される[3]

認知率:以下の質問で1と答えた割合

  1. 名前も顔も知っている
  2. 名前は知っているが、顔は思い浮かばない
  3. このタレントを知らない

誘引率:以下の質問で1か2と答えた割合(認知率の質問で1と回答した人を対象に調査される)

  1. とても見たい・聴きたい・知りたい
  2. 見たい・聴きたい・知りたい
  3. 見たくない・聴きたくない・知りたくない
  4. まったく見たくない・聴きたくない・知りたくない

タレントパワースコア:認知率に、誘引率の加重ポイント(1の回答に、2の回答の3分の1を加えた合計値)を掛け合わせた値。理論上の最大値は100。

タレントパワーランキング:タレントパワースコアの高い順に並べたランキング

過去のタレントパワーランキング編集

調査時期 1位 2位 3位
2009年8月 SMAP サザンオールスターズ イチロー
2009年11月 イチロー サザンオールスターズ
2010年2月 福山雅治 サザンオールスターズ
2011年11月 福山雅治 サザンオールスターズ イチロー
2012年5月 サザンオールスターズ 松嶋菜々子
2013年5月 綾瀬はるか 福山雅治
2014年6月 浅田真央 羽生結弦
2015年5月 マツコ・デラックス 綾瀬はるか
2016年6月 マツコ・デラックス 綾瀬はるか
2017年6月 マツコ・デラックス 新垣結衣 綾瀬はるか

出典編集

  1. ^ “タレントパワーランキングのここに注目!”. 株式会社アーキテクト. http://www.talentsearch.jp/whats/01.html 2015年1月8日閲覧。 
  2. ^ “アーキテクト“タレントパワーランキング” |最新調査結果ダイジェスト”. ポセン. https://reposen.jp/3705/8/85.html 2015年1月8日閲覧。 
  3. ^ 日経エンタテインメント! (Nikkei BP) (2014年6月号). (2014-05-02). 

関連項目編集

外部リンク編集