アークロー男爵(アークローだんしゃく、英語: Baron Arklow)は、イギリス男爵位。連合王国貴族として2度創設され、2度とも従属爵位だった。

サセックス公爵オーガスタス・フレデリック王子、1798年。

歴史編集

 
オールバニ公爵レオポルド王子、1882年。

1801年、ジョージ3世(1738-1820)の六男オーガスタス・フレデリック王子(1773-1843)アークロー男爵インヴァネス伯爵サセックス公爵に叙された[1]。しかし、2度の結婚ともに1772年王室結婚法英語版で無効とされたため、嫡出子がおらず、1843年4月21日にオーガスタス・フレデリック王子が死去したことに伴い爵位は廃絶した[2]

1881年5月24日、ヴィクトリア女王(1819-1901)の四男レオポルド王子(1853-1884)アークロー男爵クラレンス伯爵オールバニ公爵に叙された[3]。1884年にレオポルド王子が死去すると、息子チャールズ・エドワードが爵位を継承したが、1919年3月28日には1917年称号剥奪法に基づく国王ジョージ5世の命令により爵位を剥奪された[4]。『クラクロフト貴族名鑑』によると、チャールズ・エドワードの息子ヨハン・レオポルト(1906-1972)の息子エルンスト・レオポルト英語版(1935-1996)の息子フベルトゥス英語版(1961-)は1917年称号剥奪法第2条に基づき、オールバニ公爵の回復を求めることができる[4]。ヨハン・レオポルドの貴賤結婚により、彼の子孫はザクセン=コーブルク=ゴータ公爵家の家長になれなかったが、オールバニ公爵への請求権には影響しなかったという[4]

アークロー男爵(第1期、1801年)編集

アークロー男爵(第2期、1881年)編集

出典編集

  1. ^ "No. 15429". The London Gazette (英語). 24 November 1801. p. 1403.
  2. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 340.
  3. ^ "No. 24977". The London Gazette (英語). 24 May 1881. p. 2677.
  4. ^ a b c "Albany, Duke of (UK, 1881 - 1919)". Cracroft's Peerage (英語). 2019年12月23日閲覧