アーケード (建築物)

アーチ状の構造物で覆われた道路

アーケード(英語:arcade)は、柱で支えられる連続したアーチヴォールトのことで、またそれを用いた通路や歩道[1]現代では、アーチの構造とは必ずしも関係なく、天井を覆った歩道や商店街をアーケードという。[1]

キューバハバナにあるアーケードの一例。日光が差す回廊を歩く児童。

歴史編集

アーケードは古くから知られていたが、古代ローマ建築において発展を遂げた。[1] 西洋では後に、バシリカ式教会の内部や、修道院クロイスターに用い、壁の表面に装飾としてアーケードを配置したブラインド・アーケードも出現した。[1][2]イスラーム建築では、アーチの形の種類が増え、アーケードも広く用いられた。

ショッピング・アーケード編集

都市において、通りに面して建つ建造物、古くから街を囲む城壁の内面、柱廊で覆われた橋などは全て、小さな店舗や露店が立ち並ぶ広く一般的な場所となっていた。これらは太陽光や天候から守られ、また多くの人々の徒歩での通行を惹きつけた。[要出典]

そして時代を越え「アーケード」という言葉は、とりわけ通りに沿って並ぶ行商人の間でよく使われるようになった。[要出典]

1784年には、フランスのパレ・ロワイヤルにショッピングアーケードが建設され、壮大なショッピング・アーケードとして最も初期の例とされる。[3] 19世紀には、鉄とガラスの屋根で覆ったショッピング・アーケードが登場し、イタリアでは「ガッレリア (galeria)」、フランスでは「パサージュ」として知られる。[1][4][5]ショッピング・アーケードは、後に百貨店ショッピングモールへと発展した。[要出典]

アミューズメント・アーケードと、アーケードゲーム編集

このアーケードという言葉は他に、一列に連なって食べ物や様々な種類のゲームと結び付けられたグッズなどを売る各地の遊園地謝肉祭でも取り入れられ、それぞれ「アミューズメント・アーケード」や「ミッドウェイ」として使用されている。[要出典] その後1905-1910年頃に、硬貨(ペニー)を入れて遊ぶ遊具などが並び「ペニー・アーケード」と称され[6]、遊園地に常設されるようになった。[要出典]

またペニー・アーケードで設置されていたゲームは「アーケードゲーム」として定着するようになり、1970年代に起こった電子ゲームの爆発的人気以来、アーケードゲーム専門の施設が作られた。[7] こうした施設は英語では「ビデオアーケード」「アーケード[8][9]、日本語では「ゲームセンター(和製英語)」と呼ぶ。 また、家庭用ゲームと対比する言葉として「アーケード」が使われることがある。

著名なショッピング・アーケード編集

 
クリーブランドのダウンタウンにあるクリーブランド・アーケード。写真は1960年代後期のもの。

関連項目編集

アーケードに類似した建築構造編集

ショッピング・アーケードについて編集

アミューズメント・アーケードについて編集

出典編集

  1. ^ a b c d e アーケードとは - コトバンク”. 2021年3月17日閲覧。
  2. ^ Blind window”. finedictionary.com. 2021年3月17日閲覧。
  3. ^ Mitchell, I., Tradition and Innovation in English Retailing, 1700 to 1850, Routledge, Oxon, p. 140
  4. ^ ガレリアとは - コトバンク”. 2021年3月17日閲覧。
  5. ^ パサージュとは - コトバンク”. 2021年3月17日閲覧。
  6. ^ Going out: the rise and fall of public amusements. pp. 154. https://books.google.com/books?id=P0eySLn7b6EC&pg=PA154. "First use of the term [...] between 1905 and 1910" 
  7. ^ arcade game”. 2021年3月17日閲覧。
  8. ^ video arcade”. 2021年3月17日閲覧。
  9. ^ arcade”. 2021年3月17日閲覧。

外部リンク編集