アーサー・イングラム (第6代アーバイン子爵)

第6代アーバイン子爵アーサー・イングラム英語: Arthur Ingram, 6th Viscount of Irvine1689年12月21日洗礼 – 1736年5月26日)は、イギリスの政治家、貴族。ホイッグ党所属[1]

生涯編集

第3代アーバイン子爵アーサー・イングラム英語版とイサベラ・メイチェル(Isabella Machell、1670年10月25日 – 1764年7月21日、ジョン・メイチェル英語版の娘)の息子として生まれ、1689年12月21日にウィットカーク英語版で洗礼を受けた[1]。1706年6月13日にリンカーン法曹院に入学、25日にオックスフォード大学オリオル・カレッジに入学した[2]

1715年イギリス総選挙ホーシャム選挙区英語版から出馬して落選したが、選挙申し立てにより繰り上げ当選となった[3]。議会では与党の一員として投票したが、七年議会法案英語版だけはホーシャム選挙区の有権者が請願を出して反対したためそれに従った[3]。1721年4月10日に兄リッチが死去すると、アーバイン子爵の爵位を継承した[1]

1725年に議会の議決を得て、多くの領地を売却した[1]

1728年から1736年までイースト・ライディング・オブ・ヨークシャー統監英語版を務めた[1]

1736年5月26日に生涯未婚のまま死去、弟ヘンリーが爵位を継承した[1]

テンプル・ニューサム英語版チャールズ・ジャーヴァスによるアーサー・イングラムの肖像画(1712年の作品)が現存する[4]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 72–74.
  2. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Ibbetson-Izod. Alumni Oxonienses 1500-1714 (英語). Oxford: University of Oxford. pp. 785–792.
  3. ^ a b Lawson, J. B. (1970). "INGRAM, Hon. Arthur (1689-1736), of Temple Newsam, Yorks.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年10月26日閲覧
  4. ^ "Arthur, 6th Viscount Irwin (1689–1736)". Art UK (英語). 2019年10月26日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・ヘンリー・ゴリング準男爵英語版
チャールズ・エヴァースフィールド英語版
庶民院議員(ホーシャム選挙区英語版選出)
1715年 – 1721年
同職:アーサー・イングラム
次代:
チャールズ・エヴァースフィールド英語版
アーサー・イングラム
名誉職
先代:
ウィリアム・パルトニー
イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー統監英語版
1728年 – 1736年
次代:
コンヤーズ・ダーシー英語版
スコットランドの爵位
先代:
リッチ・イングラム
アーバイン子爵
1721年 – 1736年
次代:
ヘンリー・イングラム