メインメニューを開く

アースカラーとは、地球大地植物などの自然物をイメージした茶色から緑色系の色を総称するアパレル用語。ヒッピームーブメントの影響を受けた自然志向のファッションとして、1970年代に誕生した概念である。

定義編集

定義は解釈によって異なり定まっていない。カラーコーディネーター1級検定テキストでは「ブラウン、グリーン、オリーブ」とされているが[1]色彩検定1級テキストでは、こげ茶やテラコッタなど赤みがかった茶色のみをアースカラーとし、ベージュや明るい茶色は「ナチュラルカラー」と分類され、カーキやオリーブは独立した流行色として扱われている[2]

類似する概念として1990年代に誕生した「エコロジーカラー」が存在するが、こちらにはなどをイメージさせる青系の色も含まれている点が異なる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『カラーコーディネートの実際 第2版』東京商工会議所、2008年。ISBN 978-4502418204
  2. ^ 『A・F・T色彩検定 公式テキスト1級編』A・F・T企画、2010年。ISBN 978-4502418204

関連項目編集