アースフレンズ東京Z

日本のプロバスケットボールチーム

アースフレンズ東京Z(アースフレンズとうきょうゼット、: Earthfriends Tokyo Z)は、日本プロバスケットボールチーム。B3リーグ所属。ホームタウン東京都城南地区2014年創設。

アースフレンズ東京Z
Earthfriends Tokyo Z
呼称/略称 東京Z
愛称 アスフレ
所属リーグ 日本の旗 B3リーグ
創設年 2014年
チーム史 アースフレンズ東京Z
(2014年 - )
本拠地 東京都城南地区[1]
アリーナ
大田区総合体育館[1][2]
チームカラー   ゼットネイビー[3]
運営法人 株式会社GWC[4]
代表者 山野勝行
GM 衛藤晃平
ヘッドコーチ 衛藤晃平
公式サイト eftokyo-z.jp/
ホームのジャージ
チームカラー
ホーム
アウェイのジャージ
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示
株式会社GWC
GWC Co.,Ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都大田区南蒲田1-22-20 PDビル4階[4]
設立 2013年(平成25年)11月11日[4]
法人番号 2010801024095 ウィキデータを編集
事業内容 プロバスケットボールチームの運営[4]
バスケットボールスクールおよびバスケットボールの普及活動[4]
チームのオリジナルグッズの製作・販売[4]
代表者 山野勝行
外部リンク eftokyo-z.jp/
テンプレートを表示

概要 編集

運営会社は「株式会社GWC[4]」。2009年よりバスケットスクールやクラブチームの運営をしていた「アースフレンズ」が、2013-14シーズンまでNBDLに所属していた黒田電気ブリット・スピリッツより会員資格譲渡を受け、2014-15シーズンよりプロチームを設立してNBDLに参入[5]。2016-17シーズンからB.LEAGUEに参入。

チーム名は、バスケットボールを通じてグローバルなコミュニティを作りたいという理念を表した『アースフレンズ』と、これにいままでなかった進化型、究極のプロチームという意味をこめた『Z』をつけて『アースフレンズ東京Z』としている[2][3]。チームロゴは地球をバスケットボールに見立てて表現[3]。チームカラーは   ゼットネイビー[3]

チームスタート時のホームタウンは東京都の城南エリア(大田区品川区を中心)で、チーム規模を拡大するとともに東京全域に広げる予定である[6]。ホームゲームで活動している専属チアリーダーチームは『Zgirls』と『Zgirls next』。

ユニフォームスポンサー(2023-24シーズン) 編集

  • サプライヤー:MUNTER(ボルトン)
  • 前面:サイクラーズ(右肩)、東京冷機工業(中央)
  • 背面:巴商会(選手名下部)
  • パンツ:三辰精工(左前)、ミナトホールディングス(右後ろ)、リノ・ハピア(左後ろ)

歴代ユニフォーム 編集

HOME
2017 - 18
2018 - 19
2019 - 20
2020 - 21
2021 - 22
2022 - 23
2023 - 24
AWAY
2017 - 18
2018 - 19
2019 - 20
2020 - 21
2021 - 22
2022 - 23
2023 - 24
Other
2020 - 21
3rd
2021 - 22
アスフレ
フェスタ
2022 - 23
TEAM-Zまつり
2022 - 23
アスフレ
フェスタ

開催アリーナ 編集

B.LEAGUE 編集

シーズン リーグ 全体の
ホームゲーム数
大田区 その他の会場 ポストシーズン
2016-17 B2 30 26 片柳:2
世田谷:2
2017-18 24 片柳:1
世田谷:5
2018-19 23 片柳:2
世田谷:1
大森:4
2019-20 23 17 片柳:4
世田谷:2
2020-21 30 24 世田谷:4
大森:2
2021-22 28 22 片柳:2
大森:4
2022-23 30 26 世田谷:2
立川:2
会場凡例

歴史 編集

2009年平山譲のノンフィクション小説、ファイブを読んだことをきっかけにバスケットボールファンとなった山野勝行(現株式会社GWC代表取締役)が自らバスケットボールチームを運営することを決意。社会人初心者向けバスケットボールスクールのアースフレンズを設立し、バスケファンの獲得活動を開始した。

2013年8月、観戦ツアーやイベントの開催などで交流のあった黒田電気よりNBDLの会員資格を譲渡され、2014-15シーズンからのNBDL参入が決定[4]。2014年1月にファンよりチーム名を募集し、「アースフレンズ東京Z」に決定した[7][8][9]。2月22日・23日には、黒田電気のホームゲーム運営にアースフレンズが参加している。

2014年6月、初代ヘッドコーチ(HC)に元日立HCの小野秀二が就任[10][11]。選手は、前日立の渡邉拓馬高山師門泉秀岳などを獲得[12][13]し、参入初年度の開幕を迎えた。

B.LEAGUE 編集

2016-17シーズン(B2 中地区) 編集

2016-17シーズンからバスケットの国内トップリーグが統合されてB.LEAGUEが発足し、東京ZはB2リーグの中地区所属となった。HCは引き続き小野秀二が務める。中村友也中川和之増子匠らが新加入。シーズン途中に柏倉哲平が特別指定選手として加入。9月25日、アウェイでの開幕2戦目で東京EXに74-72でB2リーグ初勝利。4月に5連勝を記録。順位は中地区6チーム中3位。

2017-18シーズン(B2 中地区) 編集

前アシスタントコーチ(AC)の斎藤卓が2代目HCに就任。柏倉哲平と正式契約。西山達哉河相智志ルーク・エヴァンスらが新加入。開幕からリーグ中位に位置していたが、シーズン終盤に失速し、中地区6チーム中最下位(リーグ18チーム中15位)となる。

2018-19シーズン(B2 中地区) 編集

古田悟がHCに就任。序盤に6連勝を記録したが、中地区6チーム中4位(リーグ全体11位)。

2019-20シーズン(B2 中地区) 編集

前アソシエイトコーチの東頭俊典がHCに就任。3月に新型コロナウイルス感染症拡大の影響でシーズン打ち切りとなる。2シーズンぶりに中地区6チーム中最下位(リーグ全体16位)となった。

2020-21シーズン(B2 東地区) 編集

東頭体制の2シーズン目。コロナ禍の影響で今シーズンより東西2地区制となり、東京Zは東地区所属となった。岡田優介綿貫瞬らが加入。2021年1月から5月までトーマス・ウィスマンがチームコンサルタントを務めた。東地区8チーム中7位(リーグ16チーム中15位)となる。

2021-22シーズン(B2 東地区) 編集

スペイン人のウーゴ・ロペスが新HCに就任。ルイス・ロメロ・ホアン・ホセがACを務める。選手は山ノ内勇登ウィリアムズマーク・バートン、ホアンゴメス・デ・リアノ、ジョシュア・クロフォードらが新加入。

開幕から成績は上向かず6勝32敗東地区6位、全体13位という状況の2022年3月4日付けでウーゴ・ロペスHCの解任と、2月まで三遠ネオフェニックスでHCを務めていたブラニスラフ・ヴィチェンティッチHCの就任を発表した[14][15]

2022-23シーズン(B2 東地区) 編集

ゼネラルマネージャー(GM)が新設され、衛藤晃平が就任。新HCに前熊本ACの橋爪純が就任した。選手は城宝匡史鹿野洵生木村啓太郎らが新加入。

成績 編集

B.LEAGUE 編集

アースフレンズ東京Z シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17  B2  3 27 33 (.450) 24(-) 15-13(.536) 12-20(.375) 18-18(.500) 9-15(.375) 4342 4414 -72 11 小野秀二
2 2017-18  B2  6 20 40 (.333) 34(-) 11-19(.367) 9-21(.300) 7-23(.233) 13-17(.433) 4305 4673 -368 15 斎藤卓
3 2018-19  B2  4 22 38 (.367) 26(-) 11-19(.367) 11-19(.367) 13-17(.433) 9-21(.300) 4497 4746 -249 11 古田悟
4 2019-20  B2  6 12 35 (.255) 28(-) 4-19(.174) 8-16(.333) 4-19(.174) 8-16(.333) 3245 3566 -321 16 東頭俊典
5 2020-21  B2  7 13 46 (.220) 40(17.5) 8-22(.267) 5-24(.172) 10-31(.244) 3-15(.167) 4195 4894 -699 17 東頭俊典
6 2021-22  B2  6 10 43 (.189) 33.5(17.5) 5-23(.179) 5-20(.200) 5-29(.147) 5-14(.263) 3717 4492 -775 12 ウーゴ・ロペスブラニスラフ・ヴィチェンティッチ
7 2022-23  B2  7 14 46 (.233) 33(14) 7-23(.233) 7-23(.233) 5-31(.139) 9-15(.375) 4260 5110 -850 14  B3降格  橋爪純衛藤晃平(代行)

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2024年01月8日更新


過去のリーグ戦 編集

NBDL 編集

  • ゲーム差は1位とのゲーム差、()内はプレーオフ進出圏とのゲーム差。
年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2014-15 25 7 .781 5.0 73.8 70.2 +3.6 3位 4位  小野秀二 プレーオフセミファイナル進出
2015-16 22 14 .611 10.0(1.0) 78.6 71.3 +7.3 5位 5位

選手とスタッフ 編集

現行ロースター 編集

アースフレンズ東京Z (B3 2023-24)ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
SF 0 武本祐ルイス 23 (2000/11/3) 1.89 m (6 ft 2 in) 90 kg (198 lb)   大阪商業大学 
G 1 キャメロン・パーカー 25 (1998/12/16) 1.88 m (6 ft 2 in) 81 kg (179 lb)   ポートランド州立大学 
C 3 ファイ・サンバ (帰) 36 (1987/4/25) 2.05 m (6 ft 9 in) 105 kg (231 lb)   天理大学 
PF 4 ジェイコブ・ランプキン 28 (1996/3/12) 2.06 m (6 ft 9 in) 107 kg (236 lb)   アラスカ大学アンカレッジ校 
SF 7 ニック・アレン 27 (1997/3/13) 2.03 m (6 ft 8 in) 98 kg (216 lb)   テキサス大学サンアントニオ校 
PG 13 請田祐哉 23 (2000/9/19) 1.73 m (5 ft 8 in) 67 kg (148 lb)   大阪体育大学 
SG 22 近藤崚太   27 (1996/8/12) 1.90 m (6 ft 3 in) 85 kg (187 lb)   常葉大学 
PG 28 井手拓実 24 (1999/10/12) 1.74 m (5 ft 9 in) 68 kg (150 lb)   日本体育大学 
SG 32 棚橋恒介 (C) 25 (1998/10/28) 1.83 m (6 ft 0 in) 76 kg (168 lb)   新潟経営大学 
SG 34 池田慶次郎 30 (1993/9/12) 1.77 m (5 ft 10 in) 77 kg (170 lb)   早稲田大学 
PG 78 金城知紗 28 (1996/3/6) 1.70 m (5 ft 7 in) 70 kg (154 lb)   天理大学 
ヘッドコーチ
衛藤晃平
アシスタントコーチ
梅田智之

記号説明
  チームキャプテン (C) オフコートキャプテン
  故障者   (+) シーズン途中契約
(S) 出場停止   (帰) 帰化選手
(ア) アジア特別枠選手   (申) 帰化申請中選手(B3
(特) 特別指定選手   (留) 留学実績選手(B3) 
(育) ユース育成特別枠選手
公式サイト

更新日:2024年01月8日

歴代ヘッドコーチ 編集

  1. 小野秀二(2014 - 2017)
  2. 斎藤卓(2017 - 2018)
  3. 古田悟(2018 - 2019)
  4. 東頭俊典(2019 - 2021)
  5. ウーゴ・ロペス(2021 - 2022.3)
  6. ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ(2022.3 - 2022)
  7. 橋爪純(2022 - 2022.11)
    1. 代行 衛藤晃平(2022.11 - 2023)

ハンドボールチーム 編集

脚注 編集

外部リンク 編集