アース・クエイク 平成18年春・東京大震災

アース・クエイク 平成18年春・東京大震災』(アース・クエイク へいせいじゅうはちねんはる・とうきょうだいしんさい)は、日本テレビ系列2006年4月3日21:15 - 23:24(JST)に放送された報道特別スペシャルドラマである。

アース・クエイク
平成18年春・東京大震災
ジャンル 単発特別番組 / テレビドラマ
企画 日本テレビ報道局
脚本 石田昌浩
監督 森田俊介
監修 渡辺実
出演者 内山理名
石黒賢
賀集利樹
渡辺真知子 ほか
製作
プロデューサー 杉本敏也(CP)
制作 日本テレビ放送網
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2006年4月3日
放送時間21:15 - 23:24
放送分129分
回数1
公式サイト
テンプレートを表示

正式タイトルは『生と死を分けた理由… アース・クエイク 平成18年春・東京大震災』である。

概要編集

もし、首都・東京に直下型地震が起きたらどうなるか。その時に起こりうる様々な状況を日本テレビ報道局が取材し、日本テレビの内輪を舞台にしたシミュレーションドラマに仕立てた。

都市全体の災害ではなく、一般的なオフィスビル内での災害に的を絞っている。

キャスト編集

日本テレビ汐留社屋内で被災編集

「奇跡の生還!九死に一生スペシャル」の打ち合わせ中に…
報道セクション・ニュース番組の生放送中に…
研修中の新入社員がエレベーターの中で…

その他の場所で被災編集

  • 川島みのる(日本テレビ制作局ディレクター):石黒賢 - 仕事を抜け出し、身重の妻の様子を見て帰社する途上で被災
  • 川島なつみ(川島みのるの妻):中島史恵 - 入院中の産婦人科にて被災
  • 西尾由佳理(本人)[2] - 自宅にて被災
  • 鈴江奈々(本人)
  • 児山由香(児山謙一郎の娘):柏木貴代 - 自宅にて被災
  • 大家(看護師):若槻千夏 - 病院内にて被災

スタッフ編集

  • 企画・取材:日本テレビ報道局
    • 取材:日本テレビ報道局Z委員会幹事・日本テレビ報道局社会部
  • 監修:渡辺実(まちづくり計画研究所)
  • スーパーバイザー:谷原和憲
  • 脚本:石田昌浩
  • 監督:森田俊介
  • プロデュース:岡田泰三、菅沼和美、岩崎都、菊澤啓一
  • チーフプロデューサー:杉本敏也
  • 制作:大沼裕之、袴田直希
  • 制作協力:安寿
  • 製作著作:日本テレビ

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b なお、当時平日の夕方に放送されていたニュース番組『NNN Newsリアルタイム』のメインキャスターを務めていた。
  2. ^ なお、当時平日朝に放送されていた情報番組『ズームイン!!SUPER』に女性司会者として出演していた。

関連項目編集

  • 南関東直下地震
  • 緊急地震速報
  • パラレル東京 - 2019年12月2日から同年12月5日まで、NHKテレビの『NHKスペシャル「体感 首都直下地震」』の番組内企画として放送された同種の首都直下地震想定ドラマ。こちらは、架空のテレビ局の報道フロアを舞台に、2019年時点の被害想定に基づいた最悪のケースでの想定被害の実態と地震報道に尽力する女性アナウンサーの奮闘を描いた。

外部リンク編集