アータル (Atar) は、ゾロアスター教に登場する火のアフラ・マズダーが生み出したヤザタの一柱で、アフラ・マズダーの息子とされる[1][2]パフラヴィー語ではアードゥル (Adur)、アーダル (Adar) と呼ばれる[3]

解説編集

人間に知恵と安寧をもたらし、世界を邪悪から守護する「勇敢で善き戦士」として崇拝されたという。 また、稲妻となり、雨を遅らせようとした悪魔を退治する神話もある。

讃歌『ザムヤード・ヤシュト英語版』においては、光輪(クワルナフ英語版)を奪い合い、邪竜アジ・ダハーカと戦った。ある時は、アジ・ダハーカは光輪を奪い取るべく罵詈雑言を吐きながらアータルに迫った。アータルは、自分がアジ・ダハーカの体の中に入って口の中で燃え上がり、アジ・ダハーカが地上に来られないように、決して世界を破壊できないようにする、と言った。アジ・ダハーカはアータルのこの言葉に萎縮して退いたという[4][5]。アータルはミスラとしばしば行動を共にしており、二人でアジ・ダハーカと戦うこともあった[4]

脚注編集

参考文献編集

  • 池上正太『オリエントの神々』新紀元社Truth In Fantasy 74〉、2006年12月、227頁。ISBN 978-4-7753-0408-2
  • カーティス, ヴェスタ・サーコーシュ『ペルシャの神話』薩摩竜郎訳、丸善〈丸善ブックス 096〉、2002年2月。ISBN 978-4-621-06096-4
  • 草野巧『幻想動物事典』新紀元社〈ファンタジー事典シリーズ〉、1997年5月、4頁。ISBN 978-4-88317-283-2
  • ヒネルズ, ジョン・R.『ペルシア神話』井本英一、奥西峻介訳、青土社、1993年10月。ISBN 978-4-7917-5272-0

関連項目編集