アーティフェクス (工作艦)

アーティフェクスHMS Artifex, F28)はイギリス海軍工作艦。艦名はラテン語で「芸術家」の意味。元はキュナード・ライン客船オーラニアRMS Aurania)であった。

RMS オーラニア
AMC Aurania.jpg
雷撃で損傷後、ロスシー湾に停泊する仮装巡洋艦時代のオーラニア
(1941年10月24日)
基本情報
船種 オーシャン・ライナー
クラス A級客船
所有者 キュナード・ライン
キュナード・ホワイト・スター・ライン
建造所 スワン・ハンター・アンド・ウィガム・リチャードソン英語版
経歴
進水 1924年2月6日
引退 1939年8月30日イギリス海軍が徴用
1942年3月24日に購入
要目
総トン数 13,984 トン
全長 520 ft(160 m)
65 ft(20 m)
機関方式 蒸気タービン
速力 15 ノット(28 km/h; 17 mph)
テンプレートを表示
HMS アーティフェクス
工作艦アーティフェクス (1944年11月20日)
工作艦アーティフェクス
(1944年11月20日)
基本情報
運用者  イギリス海軍
艦種 仮装巡洋艦
工作艦
艦歴
就役 1939年10月2日(仮装巡洋艦として)
1944年8月(工作艦として)
退役 1955年
最期 1961年解体
改名 オーラニア → アーティフェクス
1942年11月
要目
兵装 6インチ(152mm)単装砲×8門
3インチ単装高角砲×2門(仮装巡洋艦)
その他 ペナントナンバー F28
テンプレートを表示

艦歴編集

客船オーラニア編集

アーティフェクスの前身であるオーラニアRMS Aurania)は、第一次世界大戦後にキュナード・ラインが6隻建造したA級客船の1隻として、1924年2月6日スワン・ハンター・アンド・ウィガム・リチャードソン英語版ウォールズエンド・オン・タイン英語版造船所で進水した[1]1934年にキュナード・ラインとホワイト・スター・ラインが合併したため、オーラニアも新たに誕生したキュナード・ホワイト・スター・ラインで活動することになった。

仮装巡洋艦として編集

第二次世界大戦の脅威が迫ったことでオーラニアは1939年8月30日に海軍本部に徴用され、イギリス海軍仮装巡洋艦オーラニアHMS Aurania, F28)として6インチ主砲を始めとする武装が搭載された[1]。改装作業は1939年10月2日に完了した[1]。就役後は北大西洋の船団護衛任務に就いた。当初は北方海域の哨戒、続いてバミューダ及びハリファックス護衛部隊、さらに北大西洋護衛部隊の任務に充てられた[1]

1941年10月21日、オーラニアはハリファックスからクライドへ向かうSL 89船団の護衛として出航した[2]。オーラニアは他の4隻の仮装巡洋艦と共に船団の後方に陣取っていたが、そこでラインハルト・ハーデガン率いるドイツ海軍UボートU-123英語版に発見された[2] 。U-123は午前4時28分にオーラニアに対して魚雷3本を発射、うち2本がオーラニアの艦首と艦橋下に命中した。オーラニアの第3船倉に浸水が始まり、艦体は左舷に25度傾斜した。しかし、オーラニアの積荷であった空のドラム缶が浮力材の役割を果たしたため沈没は免れた。艦長アイヴァン・ウォルター・ホワイトホーン大佐は艦の傾斜を15度まで回復させることに成功し、オーラニアは再び航行を続けた。その間、U-123は船団の他の護衛艦艇によって追い払われた[2]

混乱の中でオーラニアから6名の乗員が乗った1艘の救命ボートが降ろされたが、そのボートは着水したとたんに浸水してしまった。護衛艦艇の1隻であったハント級駆逐艦クルーム英語版HMS Croome, L62)が3名を救助したものの残りは見つからなかった。数時間後、U-123が沈みかけたボートに近付き、生存者1名を発見して捕虜にした[2] 。傷ついたオーラニアはスループトットランド英語版HMS Totland, Y88)に護衛されながら10月23日にロスシー湾英語版へ着いた[2] 。オーラニアは生き延びたものの、ドイツ側はオーラニアを撃沈したと主張した[3]

工作艦アーティフェクス編集

オーラニアは1941年11月から1942年3月までプリマス管区英語版で過ごした[1] 。その後オーラニアは1942年3月24日に海軍本部によって購入され、重工作艦への改装が決定する[4]。改装は同年12月から開始され1944年7月に完了[5]。オーラニアは1944年8月にアーティフェクスHMS Artifex, F28)と改名の上で、太平洋戦線へ投入されるための公試を行った[6]

アーティフェクスは1945年初頭にイギリス太平洋艦隊英語版へ加入するため出航、3月までにアドミラルティ諸島マヌス島に配備され、同地で第57任務部隊の艦艇を支援した[6]

次いでアーティフェクスは4月19日にレイテ島へ向かい、先島諸島日本軍飛行場を攻撃する艦艇の支援を実施[6]。5月20日に再びマヌス島へ戻るまで4月と5月のほとんどをそこで過ごした。アーティフェクスは終戦までマヌス島で活動を続け、9月に太平洋艦隊での任務を解かれ本国へ帰還した[6]

戦後編集

アーティフェクスは本国帰還後も活動し、ロサイスの訓練施設HMSカレドニアHMS Caledonia)で技術兵の養成訓練に用いられた[6]。アーティフェクスは練習艦として1955年まで運用された後に退役、予備役編入される。その後もアーティフェクスは母艦として用いられていたが[6]、最終的に工廠で除籍の上で廃棄リストに載り、1960年12月28日にスクラップとしてBISCO英語版へ売却された。年が明けた1961年1月7日、曳航されたアーティフェクスの艦体は解体地であるイタリアラ・スペツィアへ最後の航海に向かった[5][6][7]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Aurania (F 28), Armed Merchant Cruiser”. uboat.net. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e Allied Ships hit by U-boats Aurania (F 28)”. uboat.net. 2020年5月9日閲覧。
  3. ^ 帝国戦争博物館 (2013年). “THE ROYAL NAVY DURING THE SECOND WORLD WAR (A 6193)”. IWM Collections Search. 2020年5月9日閲覧。
  4. ^ HMS Artifex (F 28), Repair ship”. uboat.net. 2020年5月9日閲覧。
  5. ^ a b Colledge. Ships of the Royal Navy. p. 22 
  6. ^ a b c d e f g Geoffrey B Mason (2005年). “Aurania, Repair ship”. naval-history.net. 2020年5月9日閲覧。
  7. ^ Warlow. Shore Establishments of the Royal Navy. pp. 19–20 

参考文献編集

  • Colledge, J. J.; Warlow, Ben (2006) [1969]. Ships of the Royal Navy: The Complete Record of all Fighting Ships of the Royal Navy (Rev. ed.). London: Chatham Publishing. ISBN 978-1-86176-281-8. OCLC 67375475
  • Osborne, Richard; Spong, Harry & Grover, Tom (2007). Armed Merchant Cruisers 1878–1945. Windsor, UK: World Warship Society. ISBN 978-0-9543310-8-5 
  • Warlow, Ben (2000). Shore Establishments of the Royal Navy: Being a list of the Static Ships and Establishments of the Royal Navy. Liskeard: Maritime. ISBN 978-0-907771-73-9 
  • Geoffrey B Mason (2005年). “Aurania, Repair ship”. naval-history.net. 2020年5月9日閲覧。
  • Aurania (F 28), Armed Merchant Cruiser”. uboat.net. 2020年5月9日閲覧。
  • Allied Ships hit by U-boats Aurania (F 28)”. uboat.net. 2020年5月9日閲覧。
  • HMS Artifex (F 28), Repair ship”. uboat.net. 2020年5月9日閲覧。
  • 帝国戦争博物館 (2013年). “THE ROYAL NAVY DURING THE SECOND WORLD WAR (A 6193)”. IWM Collections Search. 2020年5月9日閲覧。

外部リンク編集