メインメニューを開く

アーニャ・スパソイェヴィッチセルビア語: Ања Спасојевић[1]1983年7月4日 - )は、セルビアの女子バレーボール選手。ベオグラード(当時はユーゴスラビア社会主義連邦共和国)出身。ポジションはウイングスパイカー。元セルビア代表「東欧の至宝」と称された。[要出典]

アーニャ・スパソイェヴィッチ
Ања Спасојевић
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Anja Spasojević 2011.jpg
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1983-07-04) 1983年7月4日(36歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗ベオグラード
ラテン文字 Anja Spasojević
セルビア語表記 Ања Спасојевић
身長 187cm
体重 75kg
選手情報
所属 イタリアの旗 ユニバーサル・バレー・モデナ
愛称 アキ
ポジション WS
スパイク 308cm
ブロック 300cm
 
獲得メダル
Flag of Yugoslavia (1992–2003); Flag of Serbia and Montenegro (2003–2006).svg セルビア・モンテネグロ
世界選手権
2006 日本
Flag of Serbia.svg セルビア
欧州選手権
2007 ベルギー/ルクセンブルク
テンプレートを表示

来歴編集

卓越した身体能力からキレのあるジャンプサーブをするウイングスパイカー。[要出典]セルビア・モンテネグロ代表で出場した2006年世界選手権では銅メダル獲得の立役者となり、[要出典]イェレナ・ニコリッチの対角を見事に務めイヴァナ・ジェリシロと共にセルビアの両翼を担った。

2007年も代表として欧州選手権ではコンディションが悪い中レギュラーで出場し、[要出典]準優勝に貢献した。しかしその後は怪我を理由に代表を辞退しワールドカップには出場しなかった。

2007年を最後に突如代表から引退した。[要出典]その若すぎる決断に多くの憶測が飛び交い一時スキャンダルを巻き起こした。。[要出典]

2011-2012シーズンはフランスリーグの強豪RCカンヌでフランスリーグを制覇、欧州チャンピオンズリーグでは並みいる強豪を破り準優勝に輝いた。


球歴編集

脚注編集

  1. ^ セルビア語ラテン翻字: Anja Spasojević

所属クラブ編集