アーニー・エルス

アーニー・エルスErnie Els, 1969年10月17日 - )は、南アフリカヨハネスブルグ出身のプロゴルファーである。ゆったりとした優雅なスイングと、大柄でおっとりした物腰から「The Big Easy(ビッグ・イージー)」という愛称で呼ばれている。ツアーでも予選落ちが少なく、安定感のある選手。その高い身体能力から「アスリート・ゴルファー」と称賛されることもある。

No image.svg アーニー・エルス Golf pictogram.svg
Ernie Els
Ernie Els.jpg
基本情報
名前 アーニー・エルス
生年月日 (1969-10-17) 1969年10月17日(48歳)
国籍  南アフリカ共和国
出身地 南アフリカヨハネスブルグ
経歴
メジャー選手権最高成績
(優勝: 4)
マスターズ 2位: 2000, 2004
全米オープン 優勝: 1994, 1997
全英オープン 優勝: 2002, 2012
PGA選手権 3位/T3: 1995, 2007
成績
優勝回数 64 メジャー4
PGAツアー:19勝
欧州ツアー:28勝
初優勝 1994年ドバイ・デザート・クラシック
賞金王 欧州ツアー:2003年、2004年
世界ランク最高位 1位
賞金ランク最高位 1位
殿堂表彰者
選出年 2011年
選出部門 PGAツアー
2012年6月28日現在
テンプレートを表示

目次

経歴編集

テニスなど他種のスポーツでも高い資質を見せたが、その中からゴルフを職業に選び、1989年にプロ入りした。

初期は主に南アフリカのツアーで活躍し、1992年には南アフリカのツアーで11戦6勝を挙げ、2ヶ月間に南アフリカPGA選手権、南アフリカマスターズ、南アフリカオープンで優勝し、ゲーリー・プレイヤー以来の南アの3冠制覇を成し遂げた。さらに、この年7月のミュアフィールド(開催14回目)での「全英オープン」では66-69で予選を通過して、4日間通算では首位のニック・ファルドに5打差の5位タイとなる活躍であった。1993年は「ダンロップ・フェニックス選手権」で優勝している。

1994年のオークモントカントリークラブでの「全米オープン」でメジャー大会初優勝を果たした。最終日6月19日にエルスは単独首位発進したが73打を叩く間に、70打で廻ったコリン・モンゴメリーローレン・ロバーツに5アンダーパー(279打)で首位に並ばれ、翌6月20日に行った2種類のプレイオフをエルスが制した。まず、18ホールのプレイオフを行い、78打のモンゴメリーが脱落、ともに74打のエルスとロバーツがサドンデスのプレイオフへと突入し、2ホール目にエルスがパー、ロバーツがボギーで勝負あり。この優勝を機に米国・欧州ツアーに本格参戦し始める。

 
全米オープン(2008年)

1997年には、コングレッショナルカントリークラブ・ブルーコースでの「全米オープン」で3年ぶり2度目の優勝。54ホール終えた時点で3年連続首位のトム・レーマンが、3年連続で最終日に逆転された。レーマンは終盤、16番ホールでピンを狙いすぎてボギー、17番ホール(480ヤード、パー4)では第2打を池に入れ、3位に終わった。最終日のエルスはレーマンと2打差の2位スタートであったが、最後まで競り合った同組のモンゴメリーとは、17番ホールで勝敗が分かれた。エルスのドライバーショットは完璧で、ピンから2.5mに2オンし、2パットでパーセーブしたのに対し、モンゴメリーはドライバーショットを曲げてラフに入れてしまい、ピンから2mに3オンしたが2パットしてボギー。この1打差を18番ホール(パー3)で守っての優勝であり、最後の5ホールをパーでしのいだのが勝因であった。

1998年前半の数週間、断続的に世界ランキング1位の位置にいたことがある。しかし、この年の後半は病気に苦しみ、しばらく試合を欠場した時期があった。

2001年11月、日本の太平洋クラブ・御殿場コースで開催された世界ゴルフ選手権の「EMCワールドカップ」に南アフリカ代表として出場、レティーフ・グーセンとコンビを組んで優勝した。この時はアメリカを含む4チームによるプレーオフを制している。

2002年の第131回「全英オープン」(ミュアフィールド、開催15回目)では、4ホールのプレイオフとサドンデスプレイオフを制して、5年ぶりとなるメジャー大会3勝目を挙げた。2003年および2004年には2年連続で欧州ツアー賞金王を獲得した。

2012年の第141回「全英オープン」(ロイヤルリザム&セントアンズ、開催11回目)では、親交のあるアダム・スコットを終盤に逆転して、10年ぶりとなるメジャー大会4勝目を挙げた。

ツアー優勝歴編集

PGAツアー編集

ヨーロピアンツアー (28)編集

Legend
メジャー選手権 (4)
世界ゴルフ選手権(2)
Other European Tour (22)
No. Date Tournament 優勝スコア 2位との差 2位(タイ)
1 30 Jan 1994 ドバイ・デザート・クラシック −20 (61-69-67-71=268) 6打差   グレグ・ノーマン
2 20 Jun 1994 全米オープン −5 (69-71-66-73=279) Playoff   コリン・モンゴメリー,   ローレン・ロバーツ
3 19 Feb 1995 南アフリカPGA選手権1 −9 (65-71-71-64=271) 2打差   Roger Wessels
4 26 Jan 1997 ジョニー・ウォーカー・クラシック −10 (70-68-71-69=278) 1打差   Peter Lonard,   Michael Long
5 15 Jun 1997 全米オープン −4 (71-67-69-69=276) 1打差   コリン・モンゴメリー
6 8 Feb 1998 南アフリカオープン1 −15 (64-72-68-69=273) 3打差   デビッド・フロスト
7 24 Jan 1999 南アフリカPGA選手権1 −15 (67-69-69-68=273) 4打差   Richard Kaplan
8 15 Jul 2000 Standard Life Loch Lomond −11 (69-67-68-69=273) 1打差   トム・レーマン
9 3 Feb 2002 ハイネケン・クラシック −17 (64-69-69-69=271) 5打差   ピーター・ファウラー,   デビッド・ハウエル,
  Peter O'Malley
10 2002 ドバイ・デザート・クラシック −16 (68-68-67-69=272) 4打差   ニクラス・ファス
11 21 Jul 2002 全英オープン −6 (70-66-72-70=278) Playoff   スチュアート・アップルビー,   スティーブ・エルキングトン,
  トーマス・レベ
12 2 Feb 2003 ハイネケン・クラシック −15 (70-72-66-65=273) 1打差   ニック・ファルド,   Peter Lonard
13 16 Feb 2003 ジョニー・ウォーカー・クラシック −29 (64-65-64-66=259) 10打差   Stephen Leaney,   Andre Stolz
14 13 Jul 2003 バークレイズ・スコティッシュ・オープン −17 (64-67-67-69=267) 5打差   ダレン・クラーク,   フィリップ・プライス
15 7 Sep 2003 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ −17 (65-69-68-65=267) 6打差   マイケル・キャンベル
16 8 Feb 2004 ハイネケン・クラシック −20 (60-66-68-74=268) 1打差   アダム・スコット
17 3 Oct 2004 アメリカン・エクスプレス選手権 −18 (69-64-68-69=270) 1打差   トーマス・ビヨン
18 17 Oct 2004 HSBC世界マッチプレー選手権 2&1   リー・ウエストウッド
19 6 Mar 2005 ドバイ・デザート・クラシック −19 (66-68-67-68=269) 1打差   スティーブン・ドッド,
  ミゲル・アンヘル・ヒメネス
20 13 Mar 2005 カタール・マスターズ2 −12 (73-69-69-65=276) 1打差   ヘンリク・ステンソン
21 1 May 2005 BMWアジアン・オープン2 −26 (67-62-68-65=262) 13打差   サイモン・ウェークフィールド
22 11 Dec 2005
(2006 season)
Dunhill Championship1 −14 (71-67-68-68=274) 3打差   ルイ・ウェストヘーゼン,   シャール・シュワーツェル
23 17 Dec 2006
(2007 season)
南アフリカ航空オープン1 −24 (67-66-66-65=264) 3打差   トレバー・イメルマン
24 14 Oct 2007 HSBC世界マッチプレー選手権 6&4   アンヘル・カブレラ
25 14 Mar 2010 CA選手権 −18 (68-66-70-66=270) 4打差   シャール・シュワーツェル
26 19 Dec 2010
(2011 season)
南アフリカオープン1 −25 (65-65-67-66=263) 1打差   レティーフ・グーセン
27 22 Jul 2012 全英オープン −7 (67-70-68-68=273) 1打差   アダム・スコット
28 23 Jun 2013 BMWインターナショナル・オープン −18 (63-69-69-69=270) 1打差   トーマス・ビヨン

1 サンシャインツアーとの共催
2 アジアンツアーとの共催
3 WGCの大会はPGAツアーとヨーロピアンツアーで1勝とカウントする

外部リンク編集