アーニー・ディフランコ

アーニー・ディフランコAni DiFranco1970年9月23日 - )は、アメリカの女性シンガーソングライター

アーニー・ディフランコ
Ani DiFranco
Ani Difranco Ancienne Belgique.jpg
アーニー・ディフランコ(2007年)
基本情報
出生名 Angela Marie DiFranco
生誕 (1970-09-23) 1970年9月23日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州バッファロー
ジャンル フォークロックオルタナティヴ・ロックパンクロックインディー・フォーク
職業 ミュージシャンシンガーソングライター詩人
担当楽器 ボーカルギターテナーギター打楽器ピアノ
活動期間 1989年 - 現在
レーベル Righteous Babe Records
公式サイト anidifranco.com

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ザ・ファースト』 - Ani DiFranco (1990年)
  • 『ナット・ソー・ソフト』 - Not So Soft (1991年)
  • 『インパーフェクトリー』 - Imperfectly (1992年)
  • 『パドル・ダイヴ』 - Puddle Dive (1993年)
  • 『アウト・オブ・レンジ』 - Out of Range (1994年)
  • 『ノット・ア・プリティ・ガール』 - Not a Pretty Girl (1995年)
  • 『ディレイト』 - Dilate (1996年)
  • 『リトル・プラスティック・キャッスル』 - Little Plastic Castle (1998年)
  • 『アップ・アップ・アップ・アップ・アップ・アップ』 - Up Up Up Up Up Up (1999年)
  • 『トゥ・ザ・ティース』 - To the Teeth (1999年)
  • 『レヴェリング / レコニング』 - Revelling/Reckoning (2001年)
  • 『イヴォルヴ』 - Evolve (2003年)
  • 『エデュケイテッド・ゲス』 - Educated Guess (2004年)
  • 『ナックル・ダウン』 - Knuckle Down (2005年)
  • Reprieve (2006年)
  • Red Letter Year (2008年)
  • ¿Which Side Are You On? (2012年)
  • Allergic to Water (2014年)
  • Binary (2017年)[1]

ユタ・フィリップス&アーニー・ディフランコ編集

  • 『ザ・パスト・ディドント・ゴー・エニィホェア』 - The Past Didn't Go Anywhere (1996年)
  • 『フェロウ・ワーカーズ』 - Fellow Workers (1999年)

ライブ・アルバム編集

  • An Acoustic Evening With (1994年)
  • Women in (E)motion (1994年) ※ドイツ盤
  • 『リヴィング・イン・クリップ』 - Living in Clip (1997年)
  • 『ソー・マッチ・シャウティング / ソー・マッチ・ラフター』 - So Much Shouting, So Much Laughter (2002年)
  • Atlanta – 10.9.03 (2004年) ※Official Bootleg series #1
  • Sacramento – 10.25.03 (2004年) ※Official Bootleg series #1
  • Portland – 4.7.04 (2004年) ※ Bootleg series #1
  • Boston – 11.16.03 (2005年) ※Official Bootleg series #1
  • Chicago – 1.17.04 (2005年) ※Official Bootleg series #1
  • Madison – 1.25.04 (2005年) ※Official Bootleg series #1
  • Rome – 11.15.04 (2005年) ※Official Bootleg series #1
  • Carnegie Hall – 4.6.02 (2006年) ※Official Bootleg series No. 1 店頭販売
  • Boston – 11.10.06 (2007年) ※Official Bootleg series #1
  • Hamburg – 10.18.07 (2008年) ※Official Bootleg series #1
  • Saratoga, CA – 9.18.06 (2009年) ※Official Bootleg series #1
  • Chicago – 9.22.07 (2009年) ※Official Bootleg series #1
  • Live at Bull Moose Music (2010年) ※限定盤[2]
  • Buffalo – April 22, 2012 (2012年) ※Official Bootleg series #2
  • London – October 29, 2008 (2013年) ※Official Bootleg series #2
  • Ridgefield, CT – November 18, 2009 (2014年) ※Official Bootleg series #2
  • Harrisburg, PA – January 23, 2008 (2014年) ※Official Bootleg series #2
  • New York, NY – March 30, 1995 (2015年) ※Official Bootleg series #2
  • Glenside, PA – November 11, 2012 (2016年) ※Official Bootleg series #2
  • Melbourne, FL – January 19, 2016 (2016年) ※Official Bootleg series #2
  • Charlottesville, VA – 5.12.18 (2018年) ※Official Bootleg series #3
  • Woodstock, NY – 6.16.19 (2019年) ※Official Bootleg series #3

EP編集

  • More Joy, Less Shame (1996年)
  • Little Plastic Remixes (1999年) (limited distribution)
  • Swing Set (2000年)
  • Play God (2016年)[3]

コンピレーション・アルバム編集

  • Like I Said: Songs 1990–91 (1993年)
  • Canon (2007年)

映像作品編集

  • Render: Spanning Time with Ani DiFranco (2002年)
  • Trust (2004年)
  • Live at Babeville (2008年)

詩集編集

  • Self-evident: poesie e disegni (1996年)
  • Verses (1996年)

脚注編集

  1. ^ writer, Jim SullivanContributing. “Ani DiFranco seeks a higher truth”. capecodtimes.com. 2020年6月9日閲覧。
  2. ^ [1] Archived April 10, 2012, at the Wayback Machine.
  3. ^ Ani DiFranco – righteousbabe”. righteousbabe.com. 2020年6月9日閲覧。

外部リンク編集