アーノルド・J・レビン

アーノルド・J・レビン(Arnold J. Levine, 1939年7月30日 - )は、アメリカ合衆国分子生物学者プリンストン高等研究所教授(システム生物学)。腫瘍抑制タンパク質であるp53遺伝子の発見で知られる。

アーノルド・J・レビン
Arnold J. Levine
生誕 (1939-07-30) 1939年7月30日(82歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 分子生物学
出身校 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校
ペンシルベニア大学
主な業績 p53遺伝子の発見
主な受賞歴 ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞(1998)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ニューヨークブルックリン区出身。1961年ニューヨーク州立大学ビンガムトン校卒業。1966年ペンシルベニア大学大学院生物学の博士号を取得後、カリフォルニア工科大学でポスドクとなる。

1968年プリンストン大学助教授、1976年同教授を経て、1979年にストーニーブルック医科大学で微生物学部長となり、1984年にプリンストン大学に戻った。 1998年ロックフェラー大学総長に就任、2004年から現職を務めている。

受賞歴編集

外部リンク編集